はっけんの水曜日 2011年7月27日
 

マイ・ハニワを作れる所があった

「いやぁ、照れる。」
「いやぁ、照れる。」
久しぶりに友から連絡が来た。
「オツハタさーん、行田に、ハニワ作りに行きません??」

そんな、「表参道に、ソバ粉のガレット食べに行きません??」なんて口調で誘われても。

ハニワを「見よう」と思ったことはあっても、「作ろう!」と思ったことはない。やけに熱心に誘うし、面白そうなので、作りに行ってみた。
1970年群馬県生まれ。工作をしがちなため、各種素材や工具や作品で家が手狭になってきた。一生手狭なんだろう。出したものを片付けないからでもある。性格も雑だ。もう一生こうなんだろう。

前の記事:「スタバのカップでマトリョーシカを作れるか」
人気記事:「スタバのカップでマトリョーシカを作れるか」

> 個人サイト 妄想工作所

そうだフライの街だった

ところで当サイトは、ややもすると「ハニワ」を取り上げがちである。「なごめ!ハニワセラピー」「世にも珍しい笑うハニワ」「青春ハニワ物語」等、ハニワから何か貰ってるのかと思うくらいだ。「ソーメン」の登場率と同じくらいだろうか。ということはさておき。

そこに新たに「作る」という次元が加わり、まさにこのサイトは“ハニワポータル”として磐石の地位を築くことになるだろう。ということもさておき。

今回訪れたのは、埼玉県は行田市。学校で習うあの有名な「埼玉(さきたま)古墳群」がある場所だ。
駅の観光案内にて「県名発祥の地」。そう、「さきたま」ですね。
駅の観光案内にて「県名発祥の地」。そう、「さきたま」ですね。
新宿から湘南新宿ラインなど乗り継いで約1時間。駅まわりの情報量も少ない行田駅に着いて、まっ先に目についたのは「フライ」だった。いまやすっかりB級グルメとして名の知れ渡った、B級・オブ・ザ・B級の風格漂う「ゼリーフライ」、そしてただの「フライ」までもが、マスコットにまでなっていたとは知らなんだ。
関東B−1。B級グルメも細分化されたものだ。
関東B−1。B級グルメも細分化されたものだ。
そしてB級らしい2大食べ物のキャラ。丸いですな。
そしてB級らしい2大食べ物のキャラ。丸いですな。
これから向かう場所の近くにも「ゼリーフライ」を出す店があるようなので、必ず食べて帰ることを心に誓う。ハニワよりよほどご執心だ。

さてそのハニワ作り、受付が午前9時から午後2時半と聞いて、当初は予約ナシで午前中くらいに行ってみようと思っていた。が、友人が念のため問い合わせたところ、午前中は団体の予約が入っているという。おお、危ないところだった。ということで午後イチにきっちり予約を入れておいたのだ。

そうか…ハニワ作りって、盛り上がっていたのか…。そうなると俄然、期待は高まってくる。

行田駅のレンタルサイクルを借りて、どこまでも平坦な郊外の風景の中を、「さきたま古墳公園」へと向かう。その公園の中に、ハニワを作れる施設、その名も「はにわの館」はあるのだ。
6月。初夏の陽気の中、自転車を20分ひたすらこぐ。
6月。初夏の陽気の中、自転車を20分ひたすらこぐ。
歩道のタイルが古墳とハニワだ。
歩道のタイルが古墳とハニワだ。
塩辛い大福、塩あんびんだ!隣の「古墳もなか」も気になるね。
塩辛い大福、塩あんびんだ!隣の「古墳もなか」も気になるね。
もっと気になる直球過ぎる店名。そしてきのこ、汁、うどん。これ以上の田舎っぷりはない。
もっと気になる直球過ぎる店名。そしてきのこ、汁、うどん。これ以上の田舎っぷりはない。
この広大さが、目的地に着いたことを示していた。古墳がボコボコありそうである。
この広大さが、目的地に着いたことを示していた。古墳がボコボコありそうである。
駐車場に、狛犬きどりで馬のハニワ。
駐車場に、狛犬きどりで馬のハニワ。

ハニワのペイブメント

広大な公園が、道路を挟んで両脇に広がっていた。その片方に入って行くとすぐに、三角屋根の建物が。「はにわの館」だ。
ハニワ作り専用の施設が用意されているのだ。
ハニワ作り専用の施設が用意されているのだ。
自転車を停めて館へ向かえば、玄関までの小道の両脇に、今までの生徒が残したと思われる実におおらかなハニワが並んでいる。あまりに自由なハニワの雰囲気に、思わずじっくり鑑賞してしまった。私たちも、これくらいのびのびとハニワを作りたいものだ。
1.5頭身ハニワ、かわいい・・・
1.5頭身ハニワ、かわいい・・・
恐竜ハニワ。ほとんどオーパーツだ。
恐竜ハニワ。ほとんどオーパーツだ。
トトロっぽいのとドラっぽいのもしっかりハニワ風。
トトロっぽいのとドラっぽいのもしっかりハニワ風。
鮎のハニワ!鮎かどうかわからんが、鮎カステラには激似だ。
鮎のハニワ!鮎かどうかわからんが、鮎カステラには激似だ。
館の中に入ってみると、今度は作家の作ったハニワがショーケースに並んでいる。こちらはどれもさすがにキレイな仕上げだ。自由なのもいいけど、こういうのも、作れるといいな・・・。
バンビ発見!
バンビ発見!
シリアナ発見!
シリアナ発見!
優勝カップもハニワで。これに濁り酒入れて飲みたい。
優勝カップもハニワで。これに濁り酒入れて飲みたい。
ここにも爪あとが。
ここにも爪あとが。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓