はっけんの水曜日 2011年7月27日
 

ミニ三十三間堂を建設する

京都にある三十三間堂は、およそ1001体もの千手観音があることで有名。

腕が千本あるという千手観音がそんなにいるのだ。総数でいったいどれくらいの腕があるというのだろう。それはぜひ見たい。腕多すぎだよ〜て言いたい。

しかし行ってみると撮影禁止だった。撮影禁止では記事に出来ない。 そこで、いくらでも撮影自由の三十三間堂を自分で作ることにしました。
1985年生まれ札幌市出身。髪がとても硬いため寝癖がなかなか直りにくい体質。そのためよく帽子をかぶっています。

前の記事:「いまどきの修学旅行生は木刀を持っているのか」
人気記事:「いまどきの修学旅行生は木刀を持っているのか」

> 個人サイト こざとへんなところ+++

千手観音がすごかったです(感想)

三十三間堂は京都市からほど近い場所にある。 結構有名ながらも金閣寺や清水寺などの超メジャーに比べるとそれほど 観光客はいなかった。当然木刀を持った修学旅行生もいない。
国際的表記が観光地としての自信を感じさせる。
国際的表記が観光地としての自信を感じさせる。
三十三間の名の通り長い。
三十三間の名の通り長い。
外観はとても横長く、これだけでもだいぶ特徴的であるが、 しかし三十三間堂の本気は堂の中である。

なんといっても手がたくさんある金ぴかの千手観音が信じられないほどたくさんいるのだから、そのすごさは想像に難くない。
だから想像で我慢してください。
だから想像で我慢してください。
想像に難くない、難くないから、想像で十分。 そういうわけで堂内は撮影禁止だった。

禁止している理由はおそらく、屋台で生写真を売られるから。 とかではなくて宗教上の理由によるものだろうから仕方ない。

しかしそうなると、あのずらっと並ぶ千手観音のすごさを伝えるにはどうすればいいのか。

それには自分がレポーターとして身体で表現しなければいけないのではないか。
表現しています。
表現しています。
表現しようとしています。
表現しようとしています。
事情を知らない人が見たらまるでセルフタイマーのタイミングを思いっきり外した失敗写真だが、完全にただの失敗写真というわけではない。

セルフタイマーのシャッターがいつ降りたのか 分からなかったのは確かだが、このポーズにもちゃんと意図がある。 つまり、表現したかったのはこういうことだ。
すごーい。
すごーい。
天にも昇るすごさ。

この表現が適切かどうか分からないが、 どうか適当に撮れたポーズをむりやり解釈して合成とかすることによって、 説得力を出そうとしているとか思わないで欲しい。

写真あります

とはいえこれだけでは寂しいので、 お堂内でパンフレットとクリアフォルダーを買っておいた。
すごい文具。
すごい文具。
雰囲気としてはもうこのクリアフォルダーと同じ。 黄金の千手観音がこれでもかこれでもかと並んでいる。
中央にはラスボスの大千手観音様がおられる。
中央にはラスボスの大千手観音様がおられる。
これを「三週間で納品して」なんて言う企業とは取引しない方がいい。
これを「三週間で納品して」なんて言う企業とは取引しない方がいい。
こんな感じで迫ってくる夢を見ました。
こんな感じで迫ってくる夢を見ました。
このような感じでとにかく三十三間堂はすごい。

ただやはりパンフレットの写真を載せるだけでは限界がある。 なんとかしてもっと詳細に伝えられないだろうか。
自分で作ればいいのか。
自分で作ればいいのか。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓