ロマンの木曜日 2011年7月28日
 

うどん食べて大師のもとへ〜遍路日記まとめ〜

四国一周1200km(+α)を、無事踏破できました
四国一周1200km(+α)を、無事踏破できました
「なんで遍路をやろうと思ったのですか?」

歩き遍路に出て以来、そのような事を聞かれる事が度々あった。私はその度に答えに窮し、結局、こう答える。

「いやぁ、いつかは、歩き遍路に出る事になるんだろうなぁと、ずっと思っていたのですよ」

自分でも、何だその回答はと思う。しかし、本当にそのように言うしかないのだから、しょうがない。

以前から、いずれ遍路に出るんだろうなと思っていた。そして、ちょうど30歳になった今年、会社を辞めて自由な時間が取れるようになった。だから、遍路に出たのだ。
1981年神奈川生まれ。テケテケな文化財ライター。古いモノを漁るべく、各地を奔走中。常になんとかなるさと思いながら生きてるが、実際なんとかなってしまっているのがタチ悪い。2011年には30歳の節目として歩き遍路をやりました。2012年には31歳の節目としてサンティアゴ巡礼をやりました。

前の記事:「温かいお接待と冷たい橋の下〜遍路日記まとめ〜」
人気記事:「温かいお接待と冷たい橋の下〜遍路日記まとめ〜」

> 個人サイト 閑古鳥旅行社 Twitter

最後は「涅槃の道場」こと香川県

2011年の4月29日に徳島県鳴門市の岡崎海岸から歩き始めた私の遍路は、二ヶ月を経て2011年6月30日に完結した。

その模様は「木村岳人のお遍路日記」にてリアルタイムにお伝えし、また県別のまとめとして、徳島編「歩き遍路はじめました」、高知編「風吹き荒び、雨打ちつける、怒涛の高知県」、愛媛編「温かいお接待と冷たい橋の下」といった記事も書かせていただいた。
あんな事もありましたし
あんな事もありましたし
こんな事もありましたね
こんな事もありましたね
「発心の道場」徳島県では疲れに体を蝕まれる中、MATCH漬けの日々で何とか生きながらえ、「修業の道場」高知県では風にテントを吹き飛ばされた。「菩提の道場」愛媛県では肌が黄色になるまでミカンを貪り食った。

……多少の誇張と脚色があるような気もするが、まぁ気にしないで頂きたい。そして今回は、いよいよ四国遍路最後の県、「涅槃の道場」こと香川県である。おやじ、涅槃で待つ。
66番札所の雲辺寺は徳島県だけど――
66番札所の雲辺寺は徳島県だけど――
その下山道は、もう香川県
その下山道は、もう香川県
下界は雲に覆われ不吉な予感
下界は雲に覆われ不吉な予感
やはり、今にも雨が降りそうなカンジ
やはり、今にも雨が降りそうなカンジ
そのような中、67番札所の大興寺に到着
そのような中、67番札所の大興寺に到着
正午前後に雲辺寺を出て延々と山道を下り、大興寺に着いたのは16時頃だ。

ところで、愛媛県ではたくさんの方々からお接待を頂き、また励ましていただいた。その温かいお気遣いは、物質面のみならず、精神面にも大いに助けられたものだ。

その温かな心の波は、愛媛県を脱し、香川県に入ってもなお健在であった。
お参りを終えて荷物の元へ戻ると――
お参りを終えて荷物の元へ戻ると――
私のザックの横に、ダカラがあった
私のザックの横に、ダカラがあった
もちろん、ザックを置いた時には無かったものだ。私がお参りをしている最中、どなたかが、そっと置いていって下さったらしい。

手に取ってみると、それは犯罪的なまでにキンキンに冷えていた。山道を歩き続け、汗を滝のように流した私にとって、何よりありがたいご褒美である。ダカラをお接待下さった顔も知らない方に手を合わせつつ、感謝しながら頂いた。

その後、大興寺を後にして程なく、私は大粒の激しい雨に見舞われた。雨に打たれながら観音寺市街地へ向かう途中、私は二人の読者さんとお会いし、お接待を頂いた。
お一人は、観音寺市中心部への遍路道沿いで
お一人は、観音寺市中心部への遍路道沿いで
もうお一人は、観音寺市の中心部で
もうお一人は、観音寺市の中心部で
いつ来るのか分からないであろう中、しかもただ立っているだけでも雨に濡れるような天気の中、お二人は私を待っていて下さった。

差し入れて頂いた品々も、観音寺のおまんじゅうや、女性がお嫁入りする際に配るという"おいり"というひなあられのような郷土菓子など、なんとも嬉しい品々。雨天行軍の辛さも吹き飛ぶ、大変ありがたいお接待である。

またこの日、私は香川県入りした区切りという事で、観音寺市内のホテルに泊まる事にしていた。部屋に入って間も無く、愛媛の伊予三島でラーメンをご馳走いただいた高橋さんから連絡があり、再度お会いする事になった。
それは、観音寺市内にある琴弾温泉へのお誘いだった
それは、観音寺市内にある琴弾温泉へのお誘いだった

思えば、温泉にばかり入っている

遍路を歩き始めて以来、私は温泉にばかり入っているような気がする。

基本的に野宿、宿はたまにしか取ることができないという制約上、入浴の機会というのはどうしても限られてしまう。寝る前に濡れタオルで体を拭いてはいるものの、やはり風呂に入るのとは、爽快感からして全く違う。

幸い、四国には膨大な数の温泉が存在する。日帰り入浴が可能な温泉を見つけては、私は喜び勇んで入っていたものだ。
温泉の看板を見つけては一人でニヤリ
温泉の看板を見つけては一人でニヤリ
うほうほ言いながら吸い込まれていく
うほうほ言いながら吸い込まれていく
入浴後には、もちろんコーヒー牛乳
入浴後には、もちろんコーヒー牛乳
温泉施設の周辺は、野宿に適した所も多い
温泉施設の周辺は、野宿に適した所も多い
お接待で、温泉の入浴券を頂いた事もあった
お接待で、温泉の入浴券を頂いた事もあった
松山では、もちろん道後温泉に入りましたよ
松山では、もちろん道後温泉に入りましたよ
今回の遍路で入った温泉を数えてみたら、合計で12ヶ所だった。私の人生史上、ここまで温泉密度の高い二ヶ月間は他に無い。

実は私は、これまで温泉にさして興味など無かった。しかし遍路で色々な温泉に入り、そのあまりの極楽っぷりに何度も昇天しかけた結果、すっかり温泉に魅了されてしまった。

温泉の効能とか、その泉質とか、源泉所在地まで気になる始末。四国は、旅行における新たな楽しみを私に与えてくれたのだ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓