ちしきの金曜日 2011年7月29日
 

冷や奴はどこにでもある

今年の夏も暑い。

こんな中、食べたくなるのはよく冷えた冷や奴だ。口の中で広がる清涼感、つるっとした喉ごし、大豆の香り。本当においしい食べ物だと思う。

おいしくて色々なところで食べていたら、ふと気付いたことがあった。冷や奴ってどこにでもあるんじゃないか、と…
1982年、栃木県生まれの指圧師です。自分で企画した「下北沢ふしぎ指圧」で施術しています。何をしているときでも「みんなが自分の治療院に来てくれるといいな〜」って思っているのですが、ノイローゼでしょうか。
> 個人サイト 下北沢ふしぎ指圧

100円でけっこうでかい
100円でけっこうでかい

きっかけはオリジン弁当

うだるような暑さの日。
お昼ご飯をオリジン弁当で済ませようとしたら、総菜の陳列ケースになんともおいしそうな冷や奴が置いてあるのを見つけた。

弁当に冷たいおかずがつけられる!思わず買ってしまった。
豪華な机の上
豪華な机の上
学校の机の上で冷や奴を食べるということに、少し違和感を感じる。なんだろう、なんとなくミスマッチじゃないか。

しかしこの時は冷や奴のおいしさに心奪われていたので、深くは気にしなかった。

松屋にもおいてある

そして後日、松屋に入った時のことだ。期間限定のトマトカレーと、またここでも冷や奴を注文してしまう。
カレーと冷や奴と味噌汁
カレーと冷や奴と味噌汁
あれ?気がついたら僕はカレーと冷や奴を一緒に食べている。この間のオリジン弁当ではシュチュエーションに違和感があったのだが、今度は食べ合わせがヘンだ。
しばし考えて行き着いたのは
しばし考えて行き着いたのは
この考え
この考え
あ!と思った。違和感の正体はこれだ。「おかしなタイミングで冷や奴が出てくる」んじゃなくて「冷や奴はどこにでも存在する」ってことなんじゃないか。

すき家はショウガがてんこ盛り

今度はすき家である。ここにきて本格的に冷や奴目当てで牛丼屋に入ってみた。
つるっとした冷や奴
つるっとした冷や奴
よく見ると、ショウガがかなり高く盛られているのだ
よく見ると、ショウガがかなり高く盛られているのだ
牛丼屋の冷や奴でもすき家と松屋ではだいぶ様子が違うな、と思った。

すき家の冷や奴はショウガが大量に乗せられており、かなり刺激的な冷や奴となっている(バイトの人が手癖でたくさん乗せただけなのかもしれないけれど)。一方、松屋の冷や奴には、ネギとショウガとかつお節がそれぞれ少量づつ乗せられていた。

一点突破型のすき家VSバランス重視の松屋…そんな構図を思いつく。

それでは吉野家やなか卯はどうなっているのか、と行ってみるとと冷や奴は置いていない。ふむ、これは面白くなってきた。一つ一つ、いろんな外食の冷や奴を調べてみよう、と思ったわけだ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ