ちしきの金曜日 2011年8月5日
 

写真集を自分で作ってみたらたいへんだった

かっこいいのができたよ!
かっこいいのができたよ!
じぶんの本なのに、なんども手にとってニヤニヤしちゃう。

やっぱり自分で作ると愛着がでますな!本。

今回は、自分の写真を、自分でレイアウトして、入稿データを作って、発送して、っていうのをひととおりやってみたので、その様子をご覧いただこう。いわゆる「同人誌」ですね。
もっぱら工場とか団地とかジャンクションを愛でています。著書に「工場萌え」「団地の見究」「ジャンクション」など。
> 個人サイト 住宅都市整理公団

例によって工場の写真集ですけどね

とにかく、まずはどんな本ができあがったのかを見ていただきたい!
表紙。溶鉱炉の内部の写真!かっこいい!(自画自賛)
表紙。溶鉱炉の内部の写真!かっこいい!(自画自賛)
扉。表紙の反転で!かっこいい!(自画自賛)
扉。表紙の反転で!かっこいい!(自画自賛)
とにかくかっこいい!(自画自賛)
とにかくかっこいい!(自画自賛)
すごくかっこいい!(自画自賛)
すごくかっこいい!(自画自賛)
うひょー!かっこいい!(自画自賛)
うひょー!かっこいい!(自画自賛)
なんとかっこいい!(自画自賛)
なんとかっこいい!(自画自賛)
いやあ、ほんとにニヤニヤしちゃう。おかげさまで、これまでにぼくは何冊かの写真集を出版しているが、これほどニヤニヤしちゃうのははじめてだ。

これはやっぱり自分で作ったからなんだろうな、と思う。

おかげさまの通常の出版は、著者の他に編集さんがいて、デザイナーさんがいて、内容は相談し合って決めるし、印刷所に入稿するデータも自分では作らない。

でも同人誌はぜんぶ自分で作る。印刷だけだ、自分じゃない人にお願いするのは。

人と共同作業で作るのももちろん楽しいが、たまにはこうやって全部自分でつくるのも楽しい。

でもいろいろたいへんだった。勉強になったよ。
楽しいけど、たいへんだった。デザイナーさんの苦労が偲ばれる。
楽しいけど、たいへんだった。デザイナーさんの苦労が偲ばれる。
で、このニヤニヤ写真集、つくってどうするのか。

同人誌と言えば、そう!いちどコミケに出店してみたかったんだよね!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓