ひらめきの月曜日 2011年8月8日
 

現実世界ダンジョンは地下何階まで行けるのか?

あなたともつながっている地下5階
あなたともつながっている地下5階
「ドラゴンクエスト」などのロールプレイングゲームにおいて、冒険の舞台として存在するダンジョン。ゲームの世界では、敵を倒しながらどんどん下の階へと進んでいくとボスキャラがいたりする。

フィクションの世界では地下深くまであるダンジョン。現実世界でも、例えばデパートの地下なら2階くらいまでは普通にある。では、実際に行ける地階として、現実に存在するのは何階くらいまでなのだろうか。

そしてそこは、一体どんな場所なのだろうか。できるだけ深い地階を求めて、現実を探検してみた。
1973年東京生まれ。今は埼玉県暮らし。写真は勝手にキャベツ太郎になったときのもので、こういう髪型というわけではなく、脳がむき出しになってるわけでもありません。→「俺がキャベツ太郎だ!」
> 個人サイト テーマパーク4096 小さく息切れ

浅い地階にも意外性を求めて

できるだけ深い地階を探す、ちょっとした都市の冒険。一気に最深階を目指すのではなく、地上からだんだん下がって 様々な地下を巡ってみることにしたい。
上にも伸びてるけど地下も発達した東京駅
上にも伸びてるけど地下も発達した東京駅
もちろん、地下3階くらいまではざらにあるので、浅い階では冒険気分を出すためにも、できるだけ意外性を求めていくことにしよう。まずやってきたのは、東京駅の八重洲口だ。

ここに大きな地下商店街があるのはよく知られている。すでに有名なそこに、知られざる何かを発見できないだろうか。
階段を下りる効果音を心の中で流して
階段を下りる効果音を心の中で流して
マップがダンジョンっぽくてうれしい
マップがダンジョンっぽくてうれしい
ゲームと違って明るい地下1階
ゲームと違って明るい地下1階
パン食べ放題、発見
パン食べ放題、発見
これまで何度も歩いたことのある八重洲地下街だが、改めて地図を見るとゲームのダンジョンのような形をしていて冒険気分が盛り上がる。ただ、薄暗いゲームのダンジョンとは異なり、とても明るい。

発見したのは、パン専門店が行っているパンのランチビュッフェ。カツサンドやフルーツの乗ったパンなど、かなりの種類があるらしい。これは魅力的だ。

ただ、これってあんまり地下探検気分にはそぐわない。冒険物語の主人公がパン食べ放題って、なんだかまぬけな響きがある。
実は存在する地下2階
実は存在する地下2階
地下1階とは異なる雰囲気
地下1階とは異なる雰囲気
東京駅八重洲口の地下街はかなりキラキラした商店街であるわけだが、地下2階があるのはあまり知られていないのではないか。下りてみると、そこは地下1階とは違って地味な雰囲気。

あるのは歯科医院や会議室といったもの。知っている人以外はわざわざ下りてこないような、隠しフロア的なムードが漂っている。
さらに下へと続く階段が
さらに下へと続く階段が
そして、地下2階からさらに下へと続く階段が存在する。細くてやや薄暗いその先には、一体何があるのだろうか。この感じ、いよいよ冒険っぽくなってきた。
ドキドキします
ドキドキします
開かない!それがむしろうれしい!
開かない!それがむしろうれしい!
下りた先の扉には進入禁止の標識の紙が。「この扉からは入れません」「進入できません」と、念を押すように書いてある。

しかし、よくあるような従業員専用の通用口というわけでもなさそうなこの扉。小さく青い字で書いてある文をよく見ると、「首都高速降車場出口専用です」とある。

つまり、扉の向こうには高速道路があるというわけか。駐車場を経由せず、地下街 と歩道で直結していた首都高。降車場はそこで車を降りた人が地下街に入るためにあるようで、逆にここから入って車に乗ることはできないらしい。ドアは一方通行 、ノブに手をかけても回らず、開けることができない。
逆側からダンジョンを目指す
逆側からダンジョンを目指す
ならば、反対から回ってみたくなるというもの。日を改めて、車に乗って高速道路側から訪れてみることにした。
駐車場の表示を慎重に左に入っていく
駐車場の表示を慎重に左に入っていく
こんなところ、あったんだ
こんなところ、あったんだ
例の地下3階とは、首都高速道路の八重洲線というルートからつながっている。本線から左に逸れて八重洲の地下にある駐車場に入り、その 駐車場の入り口をスルーしたところに、ひっそりと「乗客降り口」はある。

ちなみに駐車場からも地下街には行けるのだが、この場合は一度首都高を出たことになる。乗客降り口の場合は出たことにならない点が違う。

つまり、高速料金一回分だけで東京駅や周辺施設を利用する人を送ることができるわけだ。知っている人だけが使えるちょっとした裏技のようで、そういう要素はゲームっぽくもある。
確かに八重洲の地下街に行けるらしい
確かに八重洲の地下街に行けるらしい
戻れないことをグイグイ押してくる
戻れないことをグイグイ押してくる
薄暗かったりドアが一方通行だったりするのも、ゲームのダンジョン風。一度出たら戻れないことを警告する表示がいくつもあり、ただならぬ雰囲気も感じられる。

こちら側からは扉が動くはずだ。ノブに手をかけて開けてみる。
この間の階段を下から見上げたところ
この間の階段を下から見上げたところ
おお、しっかり開いたぞ。先日訪れたときに見た階段が確かにある。このまま上って行きたくもなるが、手を離してドアが閉まったら大変なことになる。停めてある車に戻れない。

そういうドキドキ感も楽しい。なかなかのダンジョン気分を味わえる地下3階だ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓