ちしきの金曜日 2011年8月12日
 

君は「餃子の満洲」を知っているか

いや、知らない人の方が多いと思う。「餃子の満洲」とは埼玉県のマイナー餃子チェーン店だ。

ここがけっこううまい。僕は栃木県出身なのだが、名物の「宇都宮の餃子」よりもうまいんじゃないか…という考えが湧いてきてしまっている。
1982年、栃木県生まれの指圧師です。自分で企画した「下北沢ふしぎ指圧」で施術しています。何をしているときでも「みんなが自分の治療院に来てくれるといいな〜」って思っているのですが、ノイローゼでしょうか。
> 個人サイト 下北沢ふしぎ指圧

餃子の満洲概論

餃子の満洲は一言で言えば「餃子の王将」みたいなお店だ。餃子を主力に各種炒め物やラーメンを出している中華料理屋チェーン店である。
文字が多くて埼玉らしい店構え
文字が多くて埼玉らしい店構え
満洲は東武東上線とか西武池袋線とか、東京と埼玉の境あたりの方の沿線に多い。店舗数は50店舗ほど。

同じ餃子でも「餃子の王将」よりずっと知名度は低い。

「3割うまい」

それでも埼玉県の人は知っている人が多いかもしれない。埼玉ローカル局のテレ玉ではCMをやっている。

そこで出てくるのが「全部自家製・3割うまい」というキャッチフレーズだ。初めての人が観ると「3割しかうまくないの?後の7割は?」ときまって混乱するので、いまここで僕から言っておきたい。
あれは「3割ましでうまい」という意味だ。
このキャッチフレーズが徹底されていて、餃子のお皿にもいちいち印刷されている
このキャッチフレーズが徹底されていて、餃子のお皿にもいちいち印刷されている

実際の餃子を見てもらおう

こんな風に紹介すると、なんてことのない地方チェーン店に思えてしまうかもしれない。でもちょっと待って!そこは押さえて餃子を注文して欲しい。
一人前210円
一人前210円
見ただけでわかる、この焼きの具合!皮のモッチリ感!さらには自然に出来上がったハネ!とてもチェーン店とは思えないような餃子が出てくる。
餃子のハシについてる薄いコゲの固まりが「ハネ」
餃子のハシについてる薄いコゲの固まりが「ハネ」
中からちゃんと熱い汁出てくる
中からちゃんと熱い汁出てくる
餃子以外の食い物も丁寧(ホイコーロー)
餃子以外の食い物も丁寧(ホイコーロー)
安いチェーンの中華料理屋なのに、こんな風にすごく良い餃子が出てくるのだ。「3割うまい」は控えめな表現だとすら思える。

僕は栃木県出身だが「ひょっとしたら宇都宮の餃子よりもうまいかも…」と思ってしまっている。

いや、満洲の餃子はうまい。しかしそんな簡単に故郷の名物を見限ってしまってもいいのか。

宇都宮出身の人と食べにきました

そんな気持ちにケリを付けるべく、今回は宇都宮出身の友人を連れて満洲にやってきた。
大学の後輩、F君。好きな餃子屋は宇都宮の「正嗣」、満洲は未経験
大学の後輩、F君。好きな餃子屋は宇都宮の「正嗣」、満洲は未経験
F君は大学の部活(少林寺拳法部)の後輩。「餃子おごるからちょっと来てよ」と言ったら溝の口から店舗のある北浦和まで来てくれた。ここまでの所要時間1.5時間である。
なんか悪いなあ
なんか悪いなあ
いや、ここまで来て今さら悪いなんて思っても仕方がない。その分今日は喰ってもらおうじゃないか。
さーさープレミアムモルツだよ
さーさープレミアムモルツだよ
餃子もたくさん食べてよ
餃子もたくさん食べてよ
満洲に「餃子のタレ」はなく、各自酢と醤油とラー油を調合する。餃子好きのこだわりが発揮されるところである。

…ああ、なるほどF君は醤油をたくさん入れるタイプか。今日は宇都宮のメンツにかけての試食ということになるので、僕もこういう細かいところにまでチェックが行ってしまった。この味付けはF君の評価にどうつながるのか。
そして初・満洲の餃子をガブリとやったら
そして初・満洲の餃子をガブリとやったら
「う熱っ!コレ熱いっすよ!」
「う熱っ!コレ熱いっすよ!」
おい、だいじょうぶかよ。

F君、餃子に対してここまで前のめりなやつだったっけ。今回の試食に際して頼もしいような、逆に不安なような…何とも言えない気持ちになった。

餃子を食べているだけなのに、やっぱり体育会の後輩を見る目線になってしまっていることに気付く。
その後も前のめりに食べ続けて
その後も前のめりに食べ続けて
少し落ち着いたところで感想を聞いてみた。

・皮がパリパリっす
・うまいです
・ちゃんと中から汁が出る
・ニンニク控えめで食べやすいのでは

お、やっぱりそう思うよね。で、肝心のところは…
そろそろ決めちゃおうか…
そろそろ決めちゃおうか…
F君「宇都宮っていってもピンキリじゃないすか」
斎藤「それじゃあ、Fの好きな正嗣(*1)と比べると、どうなの」
(*1)正嗣:宇都宮周辺では有名な餃子店。地元では大体の人が「正嗣派」か「みんみん派」に分かれる。僕は「みんみん派」です。
「うーん」
「うーん」
F君「おれ、正嗣の味、ちょっと今すぐ思い出せないっすね!」

おいっ!
心の中でズコーってなった。しかし彼の言葉は「ちゃんと思い出さないと結論が出せないほど、実力は肉薄している」ということを意味している。

僕も結局はどっちがうまいか決められないままF君を連れてきたわけで、ここはF君を責められない。
積み上がる皿
積み上がる皿
テーブルごとに宅配用の伝票がおいてある。栃木県にも餃子が箱で簡単に送れてしまうじゃないか…
テーブルごとに宅配用の伝票がおいてある。栃木県にも餃子が箱で簡単に送れてしまうじゃないか…
「でも宇都宮もあんまり名物ってことでアグラかいてちゃいけないっすね」「まあ、そうだね…」
「でも宇都宮もあんまり名物ってことでアグラかいてちゃいけないっすね」「まあ、そうだね…」

これが餃子の満洲だ

結局「宇都宮餃子」「餃子の満洲」の優劣は決められなかった。けれどもこのやり取りを通してなんとなく「餃子の満洲」の良さがわかってもらえただろうか。

それにしても、ずっとカメラを向けているのに、それを全然気にしない食べ姿を見せてくれたF君がなんだかかわいらしかったです。
ホイコーロー頼んだら「わあ、すごいツヤツヤしてますね…」ってF君言いだした。それはふつうに油だ!
ホイコーロー頼んだら「わあ、すごいツヤツヤしてますね…」ってF君言いだした。それはふつうに油だ!
 ▽デイリーポータルZトップへ  

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ