フェティッシュの火曜日 2011年8月16日
 

お寺プロレスに行ってきた

プロレスのリングを中心に踊るフラダンサー。地方の奇祭ではない。
プロレスのリングを中心に踊るフラダンサー。地方の奇祭ではない。
先日記事で書いた「『一休さん』で踊りまくるお寺」。アレを見た友人から「あそこのお寺も変わってる」「ここのお坊さんも変だ」という情報を次々といただきました。みんなお寺やお坊さん好きだなー!その中で自分的に一番気になったのが「お寺プロレス」。お寺、そして自分の好物であるプロレス。一体どういう融合を見せているのか?
1972年佐賀県生まれのオトナ向け仕事多数のフリーライター。世間の埋もれた在野武将的スゴ玉の話を聞くのが大好き。何事もほどほどに浅く広く、がモットー。
> 個人サイト service&destroy

ただのプロレスではない慈善事業ユニット

ここ最近、学生プロレスや社会人による「アマチュアのプロレス」が気になっていて、いろいろ情報収集してるうちに「お寺プロレス」の存在はなんとなく知っていた。うっかり見ることはそうないが、一度見たら気になるキーワード。
情報収集にブログとツイッターは何のジャンルでも基本です。
ブログとツイッターは何のジャンルでも基本です。
文字どおりお寺で試合するプロレス、それがお寺プロレス。でもそれだけではなく「学生プロレスのOB、OG、現役を主体とした慈善事業ユニット」なのです。

主宰の雫あき選手はベビーシッターの資格を持つ尼僧の卵。プロ団体にも上がる選手であり、レスラーとしての実力も相当なツワモノ。そんな彼女を中心にチャリティ興業として行われるのが「お寺プロレス」。近々行われる大会は先の地震で被災し、この近辺に避難してきた方々もお客さんとして招待しているのだとか。
男前な感じが伝わってくる雫代表。
男前な感じが伝わってくる雫代表。
ということで、今回開催される埼玉県は越谷市の慈眼寺に行くことにしました。「一休さん」の時の総持寺とは違って、一般住宅の中にぽっかり佇む「町のお寺」といった風情のお寺。ちなみにこの日がお寺プロレスとしては二回目の興業だそう。
普段なら気づかないであろう参道、でもこの日はお祭り仕様でちょっと派手。
普段なら気づかないであろう参道、でもこの日はお祭り仕様でちょっと派手。
「笑いあり、涙あり」売りが演歌っぽい。
「笑いあり、涙あり」売りが演歌っぽい。
あちこちに貼られたむだ絵風な何か。
あちこちに貼られたむだ絵風な何か。
なんとなく風流ではあります。
なんとなく風流ではあります。
路沿いにあるのはコンビニ・ディーラー・ホテル・山田うどん…そんな郊外らしいバイパスからちょっと離れたところにある慈眼寺。公道からちょっと奥まった場所にあるのもあって、この日のような祭りの飾りがないと見逃してしまいそう。正直「ここでプロレス?」て感じだ。

しかし、きらびやかな豪華さがあるわけではないけど、素朴な中に目に飛び込んでくるお祭り感は「知らないけど、地元」みたいな気にさせられる。
門も木造で素朴なつくり。でも提灯が絵になりますね。
門も木造で素朴なつくり。でも提灯が絵になりますね。
お寺の本堂の入り口。これも提灯の色遣いが目に鮮やかですなー。
お寺の本堂の入り口。これも提灯の色遣いが目に鮮やかですなー。
上の看板にもありましたが、地元自治会の盆踊りとプロレスの合同興業(プロレス寄りな言い回し)。盆踊りといえばお祭りのやぐら、そしてプロレスといえばリング。それだけに会場はこんな光景が。
祭りらしいやぐらとその横にリング。あまりない組み合わせです。
祭りらしいやぐらとその横にリング。あまりない組み合わせです。
逆側から。盆踊りはどちらの周りを踊るのだろう?ふつうやぐらだよね〜(伏線)。
逆側から。盆踊りはどちらの周りを踊るのだろう?ふつうやぐらだよね〜(伏線)。
張り出されたプログラム。プロレスは前後編。
張り出されたプログラム。プロレスは前後編。
車両班&撮影班担当はこの方。
車両班&撮影班担当はこの方。
今回のお寺が駅からやや遠く、車で行った方がいい場所なこと&本人の売り込みもあって、DPZライターの玉置さんもこの日は一緒。服装が俺以上に追っかけの人みたいだ。

さて3時となり、まずはお寺プロレス第一部のはじまりはじまり。お寺という特殊な磁場で行われるプロレスはどんな光景になるのか?
チャリティーというだけではないのがお寺プロレスなのです。
チャリティーというだけではないのがお寺プロレスなのです。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ