フェティッシュの火曜日 2011年8月16日
 

世界に一つだけの花を見てきた

もともと特別なOnly one
もともと特別なOnly one
栃木県日光市に、世界中でここにしか咲かない花がある。
シモツケコウホネ(下野河骨)というかっこいい名前の花で、絶滅危惧種に指定されている。
きれいな小川の清流に咲く花に心癒されてきた。
1975年生まれ。千葉県鎌ヶ谷市在住。猫好き。人生においての目標は食べたことのないものをひとつでも多く食べること。旅先ではまだ見ぬ珍味に出会うため目を光らせている。
> 個人サイト 晴天4号 Twitter (@hosoi)

栃木県日光市小代

山に囲まれ、見渡す限り田んぼのこの地域に、オンリーワンの花はある。

行き方を調べると色んなサイトに「わかりづらい」「看板をひとつ見落とすとアウト」等と出てくるのでちょっと不安になりつつも、クエストっぽくて面白そう、とわくわくしながら行ってみたら、看板はあっさり見つかってしまった。
あれかな
あれかな
そうだった
そうだった
ちなみに最寄りのバス停の時刻表はこんなかんじ(でも大丈夫、東武鉄道の下小代駅から徒歩10分です)
ちなみに最寄りのバス停の時刻表はこんなかんじ(でも大丈夫、東武鉄道の下小代駅から徒歩10分です)
看板の角を曲がり、田んぼの中を歩いていく。多くの見物客とすれ違うかなと思ったが、人の気配はなかった
看板の角を曲がり、田んぼの中を歩いていく。多くの見物客とすれ違うかなと思ったが、人の気配はなかった
実はこの日の前日に、朝のテレビの情報番組で放送していて知ったのだ。テレビ効果プラスお盆というタイミングで見物客が多いのだろうと踏んでいたが、人はあまりおらず、駐車場の車もわずか2台という少なさ。本当に咲いているのか?
世界に一つだけの花とはいえ、わざわざこの場所まで花だけを見に来る人も少ないのかもしれない。
唯一すれ違ったご夫婦。「なんか人いないけどこっちでいいんですか?」ときくと「そうよ、沢山咲いてたわよー」とにこにこと答えられて気分が盛り上がる
唯一すれ違ったご夫婦。「なんか人いないけどこっちでいいんですか?」ときくと「そうよ、沢山咲いてたわよー」とにこにこと答えられて気分が盛り上がる

小川がみえてきた

300メートルほど歩くと、ザ・小川というおもむきの流れが現れた。これがシモツケコウホネの群生地である。
順路
順路
そこには井戸端(小川端)会議的な風景が
そこには井戸端(小川端)会議的な風景が

かわいいな

本当に沢山咲いている…。水面から顔を出す黄色いぽつぽつ。茎が骨っぽい事からこの名前がついたそうだが、ここまでしっかりした花茎だとは。これならトンボも安心して休めるというものだ。
水面からスクッとまっすぐ伸びて、せせらぎに小さく揺れているさまがとてもかわいい
水面からスクッとまっすぐ伸びて、せせらぎに小さく揺れているさまがとてもかわいい
花と同じくらい清流がきれい。シモツケコウホネは小川ごと鑑賞する花だと思う。
さらさらと流れる水がとてもきれいで理性を失いそうになった
さらさらと流れる水がとてもきれいで理性を失いそうになった
No.1にならなくてもいい
No.1にならなくてもいい
もともと特別なOnly one(川底に沈む実)
もともと特別なOnly one(川底に沈む実)
花の周りには、つねにハグロトンボやカエルがちょこまかと動き回って名脇役ぶりを発揮。
リラックスするカエル。茎につかまって脚をのばしていた。
リラックスするカエル。茎につかまって脚をのばしていた。

見物客がすぐ仲良くなる

これだけローカルなスポットだと、見に来ている人同士がどんどん話し込んでしまうようだ。
そう、小川にだけでなく、話にも花が咲くのだ。
「去年よりすくねとおもってたけど咲いたねー」
「去年よりすくねとおもってたけど咲いたねー」
見た限りほとんどが地元の方々だった。見た限りというか聞いた限りだけど(聞こえてくる会話がほぼ栃木なまり)。
宇都宮から来たというご一行。どこから来たかと聞かれて千葉と答えたら「遠くからよく来たね。よっぽど花好きの人しか来ねよなー」…SMAPの歌の事は言えなかった
宇都宮から来たというご一行。どこから来たかと聞かれて千葉と答えたら「遠くからよく来たね。よっぽど花好きの人しか来ねよなー」…SMAPの歌の事は言えなかった
携帯カメラで撮りまくる高校生
携帯カメラで撮りまくる高校生
気温34℃という事を忘れる涼しさでした
気温34℃という事を忘れる涼しさでした

タイトルが言えて満足

皆さんうすうす感じていたと思いますが「世界に一つだけの花」の歌詞が意図する所とはちょっと違う意味合いのような気もする。でも、世界中でここだけにしか咲かないという事で、このタイトルを付けたくなる気持ちもわかってほしい。
シモツケコウホネの見頃は7月から9月(もしかしたら10月くらいまで)だそうですよ。
その花を撮ることだけに一生懸命になればいいー(カメラを水没させそうになるので注意が必要)
その花を撮ることだけに一生懸命になればいいー(カメラを水没させそうになるので注意が必要)
 ▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓