ロマンの木曜日 2011年8月18日
 

大阪のまんなかで、夢の一寸法師体験

気分は一寸法師
気分は一寸法師
川が好きだ。できれば船で生活したい。
3年前にエコボートで日本橋をくぐったあの日から、私が変わらず持ち続けている夢、それが水上移動生活。
やや語弊があるが、船で寝泊りしながら世界中の港を旅するトム・ソーヤー的冒険譚を言っているのではない。あくまで日常の中で、水路都市トーキョーを生きる者として、「ちょっと買い物まで」と船ででかける生活が、したいのだ。
この夏、水都大阪で、その夢に一歩近づく体験ができた。
1984年うまれ、石川県金沢市出身。邪道と言われることの多い人生です。東京とエスカレーターと高架橋脚を愛しています。

前の記事:「分かりにくいレトロ(田村美葉総集編)」
人気記事:「JCBつかえますか」

> 個人サイト 東京エスカレーター 高架橋脚ファンクラブ

2月、アクアスタジオさんの「水上さんぽ」に衝撃が走った

2月のある日、誰に教えてもらったのだったか、クルーズについて調べていたとき見つけたのだったか、大阪はアクアスタジオさんのこのホームページの写真に、川好きの集まる私のTwitterタイムラインにはざわめきが走った。
川を!ひとが!歩いている!なんだこれは!!
大阪のまんなかを流れる堂島川の橋脚の下、よく見れば、それぞれ笹かまぼこ型のボートに乗って、オールで漕いで進んでいるようだ。
そんな楽しそうなこと、やってみるしか、ないよな。ないよね。いつ行く?いつなら行ける?
7月、念願かなって、その写真の中のひととなる。(陸からの撮影:BOAT PEOPLE Association (http://boatpeopleassociation.org/) 山崎博史さん)
7月、念願かなって、その写真の中のひととなる。(陸からの撮影:BOAT PEOPLE Association 山崎博史さん)

水上歩行、その正体は、スタンドアップパドル(SUP)というボード

堂島川は東京でいうと、新宿(梅田)と原宿(心斎橋)の間をどーんと流れる大きな川で、その真ん中の中之島公園は代々木公園くらいメジャーな公園なので、大阪に住んでいるひとならもしかすると、この水の上を歩いているみたいに見える奇妙な集団を目撃したことがあるかもしれない。
その正体はこれ、スタンドアップパドル(SUP)といわれるボード。
その正体はこれ、スタンドアップパドル(SUP)といわれるボード。
スタンドアップパドルはその名の通り、ボードの上に立ってパドル(櫂)をつかって漕いですすむという、じつに一寸法師感覚の船。要はサーフィンの一種で、初心者でも簡単ということで数あるマリンスポーツの中でも最近人気があるらしい。あるらしいが、サーフィンだとおもうと気持ちが萎えるので、私の中ではあえて船ということにさせていただく。
大阪の中心地の波のない静かな河川で、このスタンドアップパドルの教室を開催しているのが、件のアクアスタジオさんというわけだ。
堂島川の船着場に集合する。天神祭の船が出る場所だそうだ。
堂島川の船着場に集合する。天神祭の船が出る場所だそうだ。
アクアスタジオさんの「水上さんぽ」のクラスは、1時間の教室がレッスン費、レンタル費込で初回3,000円、2回目からはレッスン費なしで2,000円、パドルボードを自前で持ち込めばなんと500円で参加できる。しかも毎日8時から20時まで毎時開催というからもう。さすが商人の町。
まずは陸地で、インストラクターさんによる丁寧な講習を受ける。
まずは陸地で、インストラクターさんによる丁寧な講習を受ける。
「曲がるときは櫂を大きく動かして…」
「曲がるときは櫂を大きく動かして…」
この日、朝8時のクラスに参加しているのは、インストラクターさんに「川研究チーム」と名づけられた、全員非大阪在住の川だいすきな5名である。
夏の週末、船に乗るために大阪にきた。気合いは十分。
夏の週末、船に乗るために大阪にきた。気合いは十分。
川研究チームは全員、このささかまボードのことをサーフィンではなく船としてみている。
というのも、大阪にはこの堂島川から、京セラドーム前を通る木津川を通って道頓堀川に入り、そのまま高速道路下の東横堀川を通ってもどってくる素敵な「水の回廊」があるのだが、堂島川で行われる「水上さんぽ」に3回参加すると、なんと「水の回廊一周コース」にパドルボードでチャレンジできるということなんだ。

より大きな地図で 大阪水の回廊 を表示
水の回廊とはこういうコース。
グリコの看板や、タイガース優勝時の飛び込みでも有名な、道頓堀川も通る。
「水の回廊コースは全長11km。運河に入れば波もないので、慣れてるひとなら4時間くらいあれば一周できますよ」
「水の回廊コースは全長11km。運河に入れば波もないので、慣れてるひとなら4時間くらいあれば一周できますよ」
ああ、いいなぁ。しかも、このパドルボードなら、普通の船では航行できない狭い場所や、水量の少ない河川だって行きたい放題。潮位だって気にしなくてもほとんどの橋がくぐれるじゃないか。なんとすばらしい。
皮算用はふくらむ一方だが、まず初回は、堂島川の素敵な橋脚ゾーンからだ。これはこれで大興奮。
皮算用はふくらむ一方だが、まず初回は、堂島川の素敵な橋脚ゾーンからだ。これはこれで大興奮。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓