フェティッシュの火曜日 2011年9月6日
 

牛久のカッパを追って

カッパの標識を追え!
カッパの標識を追え!
茨城県牛久市は、カッパの町らしい。
道を走っていると、やけにカッパのイラストを見かけるのだ。

牛久のカッパ事情を確かめに、その謎に迫ります。
1975年生まれ。千葉県鎌ヶ谷市在住。猫好き。人生においての目標は食べたことのないものをひとつでも多く食べること。旅先ではまだ見ぬ珍味に出会うため目を光らせている。
> 個人サイト 晴天4号 Twitter (@hosoi)

「河童の碑」

牛久市内の国道を走っていると、このような標識が現れる。初めて通った時も気になっていたが、夜だったので行かなかった。一体河童の碑とは?牛久が河童にこだわる理由とは?
今日はとことんカッパを追ってみよう。
左折せずにはいられない看板。ライターの松本さんがバラ肉を求めて牛久に訪れた際にもちょっと触れているが、駅前にも沢山のカッパがいる。
左折せずにはいられない看板。ライターの松本さんがバラ肉を求めて牛久に訪れた際にもちょっと触れているが、駅前にも沢山のカッパがいる。
矢印を辿っていくと駅前の繁華街から住宅街、やがて田園風景へと景色が変化していく。どうやら牛久沼のほうに導かれている。確かにカッパといえば沼だ。
住宅街。スポットが増えている
住宅街。スポットが増えている
進んでいくと標識にはスポット名とカッパのイラストが追加された。
すっかり田園風景。数十メートルおきにあったりする
すっかり田園風景。数十メートルおきにあったりする
視線を落とすとそこにもカッパ
視線を落とすとそこにもカッパ

カッパだらけ

カッパの碑に近づくにつれてカッパがたくさん。でもどうして牛久でカッパなのかはこの時点ではわからなかった。牛久沼で目撃されたのか?
理由がわからぬままカッパをカメラにおさめて歩く
理由がわからぬままカッパをカメラにおさめて歩く
バスのカッパは違うデザイン
バスのカッパは違うデザイン

カッパマーチ

知らず知らずのうちにかっぱ寿司のCMソングを口ずさみながら歩いていた。
色んな字体があるのね
色んな字体があるのね
統一性のない道しるべが良い感じ
統一性のない道しるべが良い感じ
角ごとに趣のちがう表示が置かれている。手作り感のようなものがにじみ出ていて、このちいさな観光スポットを地元のひとたちが大切にしているのが伝わってくる。
ついにスポット名が消えた!
ついにスポット名が消えた!
ここまで来れば言葉は要らないという事だろうか
ここまで来れば言葉は要らないという事だろうか
手に小槌とキュウリを持っているのがかわいい。物言わぬカッパの矢印に案内されながら、カッパの碑のある公園に到着した。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓