はっけんの水曜日 2011年9月7日
 

もなかのプラモを作った

おやつを食べつつ、完成したプラモ鑑賞…じゃなくておやつ自体がプラモだ。
おやつを食べつつ、完成したプラモ鑑賞…じゃなくておやつ自体がプラモだ。
昔のプラモデルは、例えばロボットなどでいえば複雑な関節構造や内部機器が再現されておらず、ボディの裏表をパカッと貼りあわせるだけの単純な構造だったという。そんな状態のプラモを「モナカキット」などと呼んだそうだ。

モナカキット。その言葉自体が面白い。
それならモナカそのもののプラモを作ってみましょう。
1970年群馬県生まれ。工作をしがちなため、各種素材や工具や作品で家が手狭になってきた。一生手狭なんだろう。出したものを片付けないからでもある。性格も雑だ。もう一生こうなんだろう。

前の記事:「しゃべるパペットで歌舞伎の牛を作った」
人気記事:「スタバのカップでマトリョーシカを作れるか」

> 個人サイト 妄想工作所

モナカプラモへの険しい道

さすがに、普通の生活をしていていきなり「あ、もなかのプラモを作ろう」と思ったりはしない。きっかけはテレビである。

タモリ倶楽部で、昔のプラモの特集をやっていて、「あーこんなのあったなー」と、もだえたのが始まりである。
あーモナカだなー。
あーモナカだなー。
見よ、この単純な構造。頭と胴体と足が一体となって、その裏表を貼りあわせればほぼ完成である。まさに、もなか。

こういうプラモなら、自分でも作れるのではないだろうか。言っておくが「フィギュア」でなく「プラモ」だ。キットそのものを製作しようというわけである。

さっそくモデルさんを雇った。
近所のコンビニで買ってきた。そういえば、もなかを1個だけ買ったのは生まれて初めてである。
近所のコンビニで買ってきた。そういえば、もなかを1個だけ買ったのは生まれて初めてである。
内部構造を検証する。あっという間に把握する。
内部構造を検証する。あっという間に把握する。
エンジンもモーターも、油圧装置もなくて安心した。餡がそれらの役割を全てを担っていた。これなら、型を取れば楽勝な気がする。

これからこの皮と餡をシリコーンで型取りをするわけだが、皮の脆弱さが気になる。塗料のクリアカラー(not水性)で、表面を少々強化してみた。
金魚すくいにこれ持っていったら殴られるだろうか。
金魚すくいにこれ持っていったら殴られるだろうか。
餡にくっついてきた皮を取るのが地味に大変。
餡にくっついてきた皮を取るのが地味に大変。
さて次はいよいよ、プラモらしくするための過程である。

プラモは普通、ランナーと呼ばれる枠の中に部品がつながっている状態で売られている。そのランナーを手作りしてみたい。
プラ棒を買ってきた。参考までに右は、うちにあってまだ作る気の起こらない鉄人28号のプラモ。
プラ棒を買ってきた。参考までに右は、うちにあってまだ作る気の起こらない鉄人28号のプラモ。
この数字も再現しようとして失敗したのは後のお話。
この数字も再現しようとして失敗したのは後のお話。
熱でプラ棒を曲げる。簡単に曲がって良い気分。
熱でプラ棒を曲げる。簡単に曲がって良い気分。
多数の部品を一気に成型するためのランナーだが、もなかプラモは(余談だが「もなか」の表記に悩む。「最中」だと「さいちゅう」と読みたくなるし、ひらがなだと「も」が助詞みたいで読みにくい)部品が「皮A」「皮B」「餡」の3つしかないのだ。

それでも、プラモはあのランナーが肝心だと思うし、もなかがランナーにつながっている絵をぜひ見たいので、大変な道だが進んでいきたい。
クロスさせるプラ棒の断面を凹型にする。ログハウスの要領だ。
クロスさせるプラ棒の断面を凹型にする。ログハウスの要領だ。
ランナーにつなげるのに一苦労。よくわからん。
ランナーにつなげるのに一苦労。よくわからん。
型を取るとき、取る対象を立体的に反転させる(オス型対メス型の関係ね)、その辺がよくわからない箇所が多々ある。これも数学的、たぶんトポロジー的な才能が欠如しているせいだろうか。

その細かいわからなさを説明するのに、これまた表現の仕方がわからない。1ページ目からぼんやりと進行だ。
よくわからんなりに、土台ができあがった。
よくわからんなりに、土台ができあがった。
マグリットの絵のような。
マグリットの絵のような。
次は、やっとシリコーン型をとる過程である。対象がもなかだけに、果てしなく地味な色合いの画面が続く。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓