土曜ワイド工場 2011年9月10日
 

俺の製麺機は力強いんだぜ!

製麺機を使って、ラーメンを麺から手作りしてみました。
製麺機を使って、ラーメンを麺から手作りしてみました。
インスタントならともかく、自分で作るというイメージがまるでない料理のラーメン。

それを製麺機という道具を使って、粉から作る友人の姿を目の当たりにして、僕もやりたくなってしまった。

これが作ってみたら、全工程が楽しくてしょうがなかった。
趣味は食材採取とそれを使った冒険スペクタクル料理。週に一度はなにかを捕まえて食べるようにしている。最近は製麺機を使った麺作りが趣味。

前の記事:「信玄餅が詰め放題だって!」
> 個人サイト 私的標本 趣味の製麺

小野式製麺機との出会い

古民家を借り切っての泊りがけ飲み会というイベント明けの朝、遅れて参加したBさんが、早起きをして小麦粉を練っていた。小麦粉?

なんでも今からみんなの朝ごはん用にラーメンを作ってくれるらしい。小麦粉からだ。

宿のチェックアウトまであと二時間だが間に合うのだろうか。
本当は〆ラー(飲んだ後の〆に食べるラーメン)にと考えていたそうだが、みんながすぐ酔い潰れてしまったので、朝ラーになった。
本当は〆ラー(飲んだ後の〆に食べるラーメン)にと考えていたそうだが、みんながすぐ酔い潰れてしまったので、朝ラーになった。
この製麺機を使ってラーメンを作るらしい。この日、製麺機と洗面器を聞き間違える事故が多発した。
この製麺機を使ってラーメンを作るらしい。この日、製麺機と洗面器を聞き間違える事故が多発した。
彼が用意したのは小野式製麺機という武骨な機械で、これで生地をのすこと(薄く延ばすこと)と、麺の幅に切ることができる。パスタマシーンと同じ機能だが、頑丈さが桁違いなのだ。

鋳物でできているこの製麺機、生産はだいぶ前に終了しているため、Bさんは程度のよい中古品を探し求めて、わざわざ長野から買い付けたらしい。
ヨロヨロと起きてきた人達が、次々にハンドルを回して歓声を上げている。
ヨロヨロと起きてきた人達が、次々にハンドルを回して歓声を上げている。
スープも当然Bさんの手作りだ。鳥とカツオの和風ダシ。
スープも当然Bさんの手作りだ。鳥とカツオの和風ダシ。

この製麺機、欲しい

ずっしりとした重量感と頑丈さ。歯車だけのシンプルな構造で電気いらず。どんな固い生地でもなめらかにのし、正確な幅で麺にしていく。

なんだろう、この頼りがいは。

人は自分にないものを求めるというが、私はこの製麺機が欲しくてたまらなくなってきた。
温かいラーメンかと思ったら冷しつけ麺だった。刃が二種類あるので、太麺と細麺が楽しめる。
温かいラーメンかと思ったら冷しつけ麺だった。刃が二種類あるので、太麺と細麺が楽しめる。
この麺がしっとりモチモチで抜群にうまい。和風のあっさりスープとの組み合わせが最高。
この麺がしっとりモチモチで抜群にうまい。和風のあっさりスープとの組み合わせが最高。
Bさんによると、本当は麺を寝かさないといけないので、まだまだこれは完璧なものではないとのことだが、もう十二分にうまい。

あまり物欲はない方だと思うのだが、この製麺機に関しては、猛烈に欲しくなってしまった。
朝ラーメン、大人気。
朝ラーメン、大人気。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓