土曜ワイド工場 2011年9月10日
 

カップラーメンの替え玉のススメ

手軽に安価にカップラーメンが替え玉できます!
手軽に安価にカップラーメンが替え玉できます!
お湯を入れて3分待てば完成してしまう「カップラーメン」。美味しく、手軽な食べ物だ。しかし量が足りないと思うときもある。

ラーメン屋に行けば「替え玉」というシステムがある。そこで、このシステムをカップラーメンでも使っていくことを強く推奨したい。
1985年福岡生まれ。思い立ったが吉日で行動しています。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。

前の記事:「もはや「魚を釣った」となる方法」
人気記事:「名古屋VS三重の味噌カツ戦争」

> 個人サイト Web独り者 彼女がいる風の地主恵亮

替え玉とは

ラーメン屋では大抵「替え玉」という素晴らしいシステムがある。麺を食べ終わったラーメンのスープに新たに麺だけを入れる、おかわりのようなものである。私の場合、1玉では足りないので嬉しいシステムと言える。
値段は大体このくらい
値段は大体このくらい
替え玉の値段はお店により異なるけれど、どのお店でももう一杯ラーメンを頼むよりはずっと安い。余ったスープの有効活用でもある。私もラーメン屋を訪れた際にはこのシステムを利用している。
ラーメンを頼んで、
ラーメンを頼んで、
食べ終わったら、
食べ終わったら、
替え玉を頼み、
替え玉を頼み、
スープに麺を投入
スープに麺を投入
完成!
完成!
私はこのシステムをもう8年ほどカップラーメンでも活用してきた。カップラーメンは手軽ではあるが、昼食や夕食をこれだけで満たそうとすると、量が足りないと思うことがほとんど。そんな時のためのカップラーメンの替え玉である。
カップラーメンは全て替え玉できます
カップラーメンは全て替え玉できます

美味しいからもっと食べたい

カップラーメンを替え玉する理由は量が少ないというだけではない。カップラーメンにも高級なものがあり、1玉だけではもったいないと思うわけだ。せっかく高級なのだから、もっと味わいたいというのは普通の考えである。
しかし、2つ食べるには高い
しかし、2つ食べるには高い
もっと味わいたいのなら、量が足りないのなら、2個食べればいい、という考えもあるだろう。しかし、それではお財布的にダメージが高い。

上の写真のカップラーメンの場合、2個も食べればほぼ500円。調理法は手軽ではあるが、お財布的には手軽ではない金額だ。同じ500円ならば他のものを食べた方が幸せかもしれない。
1個ならいいけれど、2個買うのは高い
1個ならいいけれど、2個買うのは高い

カップラーメンの替え玉のススメ

カップラーメンの替え玉は決して難しいことではない。とても手軽で安価である。

問題はどの麺を使うかである。カップラーメンには一食分の麺しか入っていないし、ラーメンの麺だけはあまり売られていない。
そこで100均で売られている素麺を使います
そこで100均で売られている素麺を使います
替え玉に使う麺はラーメンの麺ではなく100均の「素麺」を使う。これにはキチンと理由がある。105円という値段はもちろんだけれど、最大のポイントは「ゆで時間」である。そばやうどんと比べ、その時間が格段に短いのである。
そば(ゆで時間4〜5分)
そば(ゆで時間4〜5分)
うどん(ゆで時間7〜8分)
うどん(ゆで時間7〜8分)
素麺(ゆで時間2〜2分半)
素麺(ゆで時間2〜2分半)
素麺のゆで時間は2分程度。カップラーメンの待ち時間は大体が「3分」。ここがポイントである。タイムイズマネーの現代において、カップラーメンの待ち時間3分とて無駄にするわけには行かない。この3分を有効活用できるのが素麺なのである。
有効活用します
有効活用します

実演します

もちろん「タイムイズマネー」だけが素麺の理由ではない。もっとも美味しく替え玉したカップラーメンを食べられるのが素麺なのである。早速やってみようと思う。
1:お鍋でお湯を沸かす
1:お鍋でお湯を沸かす
お湯はヤカンで沸かすことが多いと思うが、お鍋でお湯を沸かすのが今回のポイント。またお鍋ギリギリまでお湯を沸かすのも大切である。この量が少ないとこの替え玉は成功しえない。
2:かやくを入れる
2:かやくを入れる
お湯を沸かしている間にカップラーメンにかやくなどを入れる。カップラーメン側の流れは親から子へと脈々と受け継がれてきたカップラーメンの食べ方と同じである。
3:沸いたお湯をカップラーメンに注ぐ
3:沸いたお湯をカップラーメンに注ぐ
4:3分待つ
4:3分待つ
ここからである。
ゆで時間2分という素麺の本領が発揮される。お湯は大量に沸かしているので、カップラーメンにお湯を注いでも、まだ十分な沸騰したお湯が確保されている。ここに素麺を投入するのである。
5:素麺を投入する(二束くらい)
5:素麺を投入する(二束くらい)
カップラーメンの待ち時間は3分。素麺の茹で上がる時間は2分。待ち時間の間に素麺は茹で上がるのである。

うどんやそばだと待ち時間内に収まらず、茹でている方を優先すればカップラーメンの麺はブニョブニョになるし、カップラーメンを優先すれば食べている途中でバタバタとしなければならない。

つまり素麺がベストな選択なのである。
6:素麺をお皿に移す
6:素麺をお皿に移す
茹で上がった素麺をお皿に移し、替え玉は完成となる。通常、素麺はザルに移し、水で洗うけれど、それでは素麺が冷えてしまうので、替え玉の場合は鍋から直接お皿に移し完成とする(ザルを洗う手間も省ける)。大切なポイントである。
7:完成
7:完成

替え玉します

こうして待ち時間の間に替え玉が完成してしまった。後は普通にカップラーメンを食べればいいのである。替え玉(素麺)が冷えてしまいそうだけれど、カップラーメンを食べるのにそんなには時間はかからない。許容範囲である。
そして、食べ終わったカップラーメンに、
そして、食べ終わったカップラーメンに、
替え玉を入れ、
替え玉を入れ、
完成!
完成!
この方法ならば無駄は一切なく、食べ終わった後に改めて湯を沸かし麺を茹でるわけではないので、スープも冷えない。また、素麺は麺が細くスープとよく絡む。これも替え玉の麺を素麺にした理由である。
美味い!
美味い!

素晴らしきカップラーメンライフ

この方法ならば美味しいラーメンを手軽に安価に食べることができる。私はこの方法を上京してきた8年ほど前から行っている。一粒で2度美味しい素晴らしき方法だと思っている。

初期(8年前)はそばやうどん、袋ラーメンなどでどの麺が一番いいか試行錯誤したが、コストやスープとの相性、時間などを考慮した結果「素麺」という答えに行き着いた。カップラーメンの替え玉は、これ以上研究の必要がない完成した料理だと思っている。
安いカップラーメンも替え玉でさらに安く満腹に!
安いカップラーメンも替え玉でさらに安く満腹に!
 ▽デイリーポータルZトップへ  
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓