ロマンの木曜日 2011年9月15日
 

屋上にあがりたい

屋上につながる扉ってどきどきする
屋上につながる扉ってどきどきする
小さいころ、友達と近所のマンションの屋上に勝手に上がって遊んでいた(もちろんやったらだめなことです)。

よく分からない機械の並ぶ殺風景な屋上の景色。そこからの見晴らし。そして何より、ふだん知らない場所を冒険してるっていうことにどきどきした。

今でも、たまにマンションとかの屋上にあがりたいと思う。でも当時を含めて、勝手に入るのは違法だし危険だ。ましてやそれを記事になんかできない。でも上がりたい。どうしたものか。
1976年茨城県生まれ。地図好き。好きな川跡は藍染川です。

前の記事:「どこだか分からなくなるお店めぐり」
人気記事:「どこだか分からなくなるお店めぐり」

> 個人サイト ツイッター(@mitsuchi)

屋上ガイダンス

屋上、いいよねという前提で始めてしまっているが、どうだろう。その感覚は共有できているだろうか。
屋上につながる外階段もいいものだ
屋上につながる外階段もいいものだ
屋上はふつう、未知の場所だ。下から見上げてあの上はどうなってるんだろうと思うだけ。

登れる屋上は限られている。一般のビルに勝手に上るのはダメだし、自分が住んでいるマンションにしてもたいてい屋上の扉には鍵がかかっている。
こういう、何でもない屋上がいい
こういう、何でもない屋上がいい
だから上がれる屋上はふつう学校の屋上くらいだ。でもそれは記憶の中にしかない。いま、大人が問題なく上がれる屋上は、六本木森タワーとかの展望台としての屋上だけだ。

たしかに、そういう用意された屋上もいい。でもぼくは、なんでもない屋上にただ上がりたいだけなんだ。この感覚、分かってもらえるでしょうか。
このRボタンを押したい
このRボタンを押したい

上がれる屋上は、上がるための屋上だ

調べてみると、上がれる屋上は、上がるために用意されたものばかりだった。デパートの屋上、駅ビルの屋上、タワービルの屋上。まあそうだよね。
恵比寿駅ビル屋上庭園。みごとに用意されている。
恵比寿駅ビル屋上庭園。みごとに用意されている。
用意された施設の屋上は大変きれいなのだが、やっぱりこういう感じの、用意されてない屋上に出てみたいのだ。
三軒茶屋バッティングセンター脇の屋上。階段から撮ったのだが、残念ながら降りられない。
三軒茶屋バッティングセンター脇の屋上。階段から撮ったのだが、残念ながら降りられない。
なんとかして、マンションとか雑居ビルの屋上に上がることはできないものだろうか。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓