はっけんの水曜日 2011年9月21日
 

鬼押し出しは鬼推しなのか、見てきた

ぬおーん・・・
ぬおーん・・・
群馬出身者なら一度は行ったことのある「鬼の押し出し」。行ったことはなくとも、必ず知っている言葉「鬼の押し出し」。なぜならご当地カルタの草分けである「上毛かるた」の一番最初、「あ」から始まる読み札は、

「浅間のいたずら 鬼の押し出し」なのだ。

県外の方には、「なのだ」と言い切られても何のことやらだろうが、なんとこういう名前の国立公園があるのです。
小さい頃行ったきりの「鬼の押し出し」に、ふと行ってみることにした。確かかなり異様な公園だったはずだ。
1970年群馬県生まれ。工作をしがちなため、各種素材や工具や作品で家が手狭になってきた。一生手狭なんだろう。出したものを片付けないからでもある。性格も雑だ。もう一生こうなんだろう。
> 個人サイト オツハタ万博

群馬には何がある

JR東日本で「群馬デスティネーションキャンペーン」というものを展開していることはご存知か。7月1日から9月30日まで、群馬の観光や名産、アクティビティをアピールする企画である。

しかし我が群馬、温泉や自然など良いところはたくさんあるのだが、「これだ!」という1点モノの無敵スポットはほぼないので、キャンペーン自体あまり派手な色合いではなく、いくぶん地味にのんびりと展開されていたという印象がある(あくまで個人の感想)。

そのキャンペーンのチラシを読んでいて、ふと気が付いた。鬼押し出し(=鬼押出し園)が載ってない。鬼押し出し、推してないぞ。これは必ず私が行ってやろう、と決意した。
確かどのパンフレットにも、スペースを割いての紹介は載ってなかった。
確かどのパンフレットにも、スペースを割いての紹介は載ってなかった。
鬼押出し園には、小さい頃両親と行った。故郷の桐生市からだと、ほぼ群馬を横断する形になるので、えらく長い間車に乗る羽目になった。着いたころには立派な車酔い、途中で買った自販機のカップヌードルも戻しつつ、園内に入れば地獄のような絵図。

その経験が、「鬼押し出し=なんとも言えない変な場所」という記憶として残ってしまった。今なら、冷静に距離を置いて楽しめるかもしれない。そう思うなり長野新幹線に乗って1時間、軽井沢駅にやって来た。

だが曜日の感覚が麻痺していたので、うっかり連休ど真ん中の日に来てしまった。
秋の軽井沢、そりゃそうですよねー。こうなりますよねー。
秋の軽井沢、そりゃそうですよねー。こうなりますよねー。
「地味に」「のんびりと」展開していると思い込んでいた群馬キャンペーン、実はものすごく盛り上がってるんじゃないのか。ひっそりとした盛り上がりを味わおうと思って来たのに、来てみりゃシーンの最先端だ。私はシーンの最先端に立つ覚悟はあるか?そんな覚悟は今日はない。

すでに疲れを感じつつ、鬼押出し園を回る定期バス乗り場にやってくると、さっきまでの喧騒が嘘のようだ。数人しかバスを待っていなかった。うん、こんな感じでいいんだよ群馬は。
それにしてもいい天気だ。
それにしてもいい天気だ。
搭乗。おお、懐かしい感じの網棚だ。
搭乗。おお、懐かしい感じの網棚だ。
バスがすいているのは、みんな自家用車で来るからだ。すごい渋滞。
バスがすいているのは、みんな自家用車で来るからだ。すごい渋滞。
きっぱり一言「鬼押出し」。
きっぱり一言「鬼押出し」。
バスはどんどん高原へ向かっていく。
バスはどんどん高原へ向かっていく。
途中の乗り降りを含めても、乗車率は50%程度。快適なのだが、バス料金を調べてくるのを忘れた。ついつい普段の路線バス感覚で来てしまった。停留所を過ぎるたびに、電光掲示板の整理券無し欄の金額がどんどん跳ね上がっていって気が気でない。

1000円を少し超えた頃、ようやく浅間山が見えてきた。目的地までは近い。よかった、2000円くらいまで行ってしまうかとヒヤヒヤした。お昼代は守られた。
2時間も前は家で顔洗ってたのに。覚悟のないまま浅間山。
2時間も前は家で顔洗ってたのに。覚悟のないまま浅間山。
渋滞含めて1時間ほどバスに揺られ、やってきました鬼押出し園。ところがけっこうな人出だ。ひっそりとした感じを期待して来たのに、来てみりゃシーンの最先端。
休日のテーマパークおなじみの、学生男女のうきうきグループがたくさんだ。
休日のテーマパークおなじみの、学生男女のうきうきグループがたくさんだ。
降りたときちょっと涼しいかと思ったが、今日はやっぱり暑いようだ。
降りたときちょっと涼しいかと思ったが、今日はやっぱり暑いようだ。
園の外にまで「鬼の押し出し」が漏れ出てる。
園の外にまで「鬼の押し出し」が漏れ出てる。
ここで「鬼押し出し」とは何か、説明しよう。1783年の浅間山の大噴火で、大量の溶岩流がふもとの村を直撃、多数の死者が出た大災害となった。そのときに最後に流出した溶岩流が冷えて固まり、奇岩だらけの広大な一帯が形成されたのだ。

鬼押出し園は、その溶岩地帯の中をぐるっと見て回れるようになっている公園なのだ。
入り口へのブリッジに、比較図が彫り込まれていた。正面が浅間山で、写真右側へと溶岩流が続いていたのだ。
入り口へのブリッジに、比較図が彫り込まれていた。正面が浅間山で、写真右側へと溶岩流が続いていたのだ。
今日は雲が多く、寝観音は拝めず。
今日は雲が多く、寝観音は拝めず。
山容がバンバ変わっている。まだ現役火山なのである。
山容がバンバ変わっている。まだ現役火山なのである。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓