ロマンの木曜日 2011年9月22日
 

上信電鉄の電気機関車「デキ」に乗ってきた

実用本位の無骨さがたまらない、電気機関車「デキ」
実用本位の無骨さがたまらない、電気機関車「デキ」
機関車と聞いて、何を思い浮かべるだろう。たいていの方は、蒸気機関車(SL)なのではないだろうか。

だが待って欲しい、そもそも機関車とは、動力をもって後続の車両を牽引する鉄道車両の総称だ。蒸気機関車以外にも、電気機関車や、ディーゼル機関車などが存在するのである。

今回は、そのうち電気機関車の大古参。大正時代に作られた、上信電鉄のデキ1形電気機関車、通称「デキ」が特別運行されると聞いて、見に行ってみた。
1981年神奈川生まれ。テケテケな文化財ライター。古いモノを漁るべく、各地を奔走中。常になんとかなるさと思いながら生きてるが、実際なんとかなってしまっているのがタチ悪い。2011年には30歳の節目として歩き遍路をやりました。2012年には31歳の節目としてサンティアゴ巡礼をやりました。

前の記事:「あなたは綾瀬市を知っていますか?」
人気記事:「あなたは綾瀬市を知っていますか?」

> 個人サイト 閑古鳥旅行社 Twitter

交通拠点都市、高崎駅からいざ出発

上信電鉄は、群馬県における交通の中心地である高崎駅から、群馬県南西部に位置する下仁田駅まで、全長約34kmの鉄道路線である。

今回の「デキ」特別運行も、ここ高崎駅から出発する。
というワケで、高崎駅にきました
というワケで、高崎駅にきました
上信電鉄は私鉄なので、当然ながらJRとは別に改札があるのだが、やたらと小奇麗なJRの改札口に対し、上信電鉄は昔ながらな感じで好印象。
券売所からして、このたたずまいである
券売所からして、このたたずまいである
切符は自動券売機で買うこともできるが、ここはあえて窓口で買いたい。

なぜなら、自動販売機で買った切符はペラペラの軟質紙なのに対し、手売りで買った切符は、昔懐かしの硬質紙なのだ。
切符は窓口でも売ってくれる
切符は窓口でも売ってくれる
窓口で買うと、硬質紙の切符なのが嬉しい
窓口で買うと、硬質紙の切符なのが嬉しい
また、上信電鉄は駅の構内も、昭和の香りが漂っていてテンション上がる。
溢れ出る昭和感
溢れ出る昭和感
この壁、このゴミ箱
この壁、このゴミ箱
……と、まぁ、そんな感じで駅の雰囲気を楽しみながらデキの到着を待っていると、突如、プウォーという汽笛が辺りに鳴り響いた。

なんだなんだと音のした方を見やると、そこには、なんと蒸気機関車があるではないか。ええっ、なにこの嬉しいサプライズ。
おぉ、D51ことデゴイチだ!
おぉ、D51ことデゴイチだ!
こちらの黒煙を噴いているのは、C61か
こちらの黒煙を噴いているのは、C61か
トーマスでおなじみ、石炭を焚いて水を熱し、蒸気の力でピストンを動かして車輪を回す蒸気機関車。

明治時代から昭和の中頃まで日本の産業を引っ張り、その役目を終えた現在においても、観光用に各地で復活していたりする。

後で知った事であるが、今年の夏、群馬県ではディスティネーションキャンペーンというのを実施しており、これらの蒸気機関車はその一環として臨時運行されたものであった。上信電鉄のデキもまたしかり。
蒸気機関車を見る人々。大人気
蒸気機関車を見る人々。大人気
そしてホームに入ってくるデゴイチ
そしてホームに入ってくるデゴイチ
おぉー、かっけぇなぁ
おぉー、かっけぇなぁ
シャコシャコと動くロッド、噴出す白煙(湯気)、いやぁ、ほれぼれしますなぁ。やはり、このような産業遺産は動いてナンボ。動態保存(動作可能な状態での保存)されているのは非常にありがたい事です。

とまぁ、いきなり蒸気機関車に目を奪われてしまったが、デキの方に戻るとしよう。こちらだって、負けず劣らず、なかなかの盛況ぶりである。
デキを待ち構える人々(私の背後にもいる)
デキを待ち構える人々(私の背後にもいる)
おぉ、君たち、SLでなくデキに来るとは、見る目あるな
おぉ、君たち、SLでなくデキに来るとは、見る目あるな
デキの発車時刻数分前、いよいよ列車がホームへと進入してきた。さぁ、お待ちかねの、デキである。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓