はっけんの水曜日 2011年10月5日
 

クンショウモで勲章を作る

藻・藻・藻。
藻・藻・藻。
消しゴムはんこの題材にと微生物などの画像を探していたところ、「クンショウモ」に行き当たった。おお、学校の生物の時間にお会いして以来だ。あったなーこういう藻。その名のごとく勲章みたいな藻だ。

うーん…さまざまな種類のクンショウモ、見れば見るほど勲章である。もう勲章にしか見えない。
ではこれで、勲章を作ってみましょう。
1970年群馬県生まれ。工作をしがちなため、各種素材や工具や作品で家が手狭になってきた。一生手狭なんだろう。出したものを片付けないからでもある。性格も雑だ。もう一生こうなんだろう。

前の記事:「鬼押し出しは鬼推しなのか、見てきた」
人気記事:「もなかのプラモを作った」

> 個人サイト 妄想工作所

文化勲章(藻)

「これで」といっても、本物のクンショウモを採ってきて乾かしてぺタッ。というわけにはいかない。だって直径数十〜数百μm(1μmは1mmの1000分の1)というからね。

うちには顕微鏡もないので、近くの池で採ってきても見ることができない(見つけられるかどうかもわからない)。例によってインドアでちくちくと画像検索だ。なかなかの姿をしている個体を集め、プリントアウト。
見事にみんな、エヘン虫にもクリソツだ。
見事にみんな、エヘン虫にもクリソツだ。
これをはんこに彫りたいという気持ち。消しゴムはんこなど、クラフト好きな方にはわかっていただけるだろう。レースのようなこれらのモチーフ、うっかりガーリィなはんこができあがろうというもの。

さてこのクンショウモを勲章にするわけだが、これまた「勲章」というものがよくわからない。なぜならもらったことないからだ。よってこれも、画像検索でイメージをつかむことにする。
まーだいたいこんな感じだろう。リボンと、そして誇らしげなパーツ。
まーだいたいこんな感じだろう。リボンと、そして誇らしげなパーツ。
この、誇らしげで華やかそうなパーツがクンショウモにあたる。本物の勲章の場合、最大級の顕彰の意、そして最上級の名誉を表しているであろうこのパーツだが、それが「藻」に置き換わるといったいどうなってしまうのか。早く見たいぞ。

いそいそと準備にとりかかる。
やっぱりリボンはストライプな気がするんですね。20cmずつ細かく購入。
やっぱりリボンはストライプな気がするんですね。20cmずつ細かく購入。
クンショウモの透明感と厚み(わからんが)を表すため、机に敷く塩ビのマットの余りを流用。土台は透明プラ板で。
クンショウモの透明感と厚み(わからんが)を表すため、机に敷く塩ビのマットの余りを流用。土台は透明プラ板で。
透明なのでトレースし放題。
透明なのでトレースし放題。
見るからに面倒なことをやりだす。
見るからに面倒なことをやりだす。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓