ロマンの木曜日 2011年10月6日
 

トムヤムペーストでなんでもタイ料理

トムヤムスープの素、「トムヤムペースト」の可能性を探ります
トムヤムスープの素、「トムヤムペースト」の可能性を探ります
トムヤムペーストというものを買った。

これは早い話、タイ料理の代表格と言うべきトムヤムクン(えび入りすっぱ辛いスープ)の素である。

私はこれでトムヤムクンを作り、それで満足したのだが、いかんせん、買ったトムヤムペーストは思った以上の量だった。要するに、大量に余らせてしまったのだ。

そのまま棚の肥やしにしてしまうのも何なので、トムヤムペーストを有効活用すべく、色々な料理にぶちこんでみた。これが、おおむねハズレ無しのうまさだったのだ。
1981年神奈川生まれ。テケテケな文化財ライター。古いモノを漁るべく、各地を奔走中。常になんとかなるさと思いながら生きてるが、実際なんとかなってしまっているのがタチ悪い。2011年には30歳の節目として歩き遍路をやりました。2012年には31歳の節目としてサンティアゴ巡礼をやりました。

前の記事:「上信電鉄の電気機関車「デキ」に乗ってきた」
人気記事:「あなたは綾瀬市を知っていますか?」

> 個人サイト 閑古鳥旅行社 Twitter

タイからの刺客「トムヤムペースト」

当サイトのライター陣は、アジアンフードが好きな方が多く、タイ料理やベトナム料理など、これまでにも幾度となく特集が組まれてきた。

かくいう私も、学生時代には休みの度に東南アジアやインドなどをうろうろしていた事もあって、アジアンフードが好きである。

最近、無性にタイ料理が食べたくなり、いてもたってもいられなくなった。こりゃ、タイに飛ぶしかないかな、と思っていたその矢先、このトムヤムペーストを見つけたのだ。
オー、コンナモノガアッタノネ
オー、コンナモノガアッタノネ
コレハオイシソウネ
コレハオイシソウネ
思わず衝動買いしてしまったこのトムヤムペースト。一本約450グラム入りで二本。併せて1キログラム弱の量がある。

今の私のタイ欲からすれば、このくらい余裕で食べられるだろう。この時は本気でそう思っていたのだ。

まずはトムヤムクンを作ってみる

何はともあれ、これで体が欲していたタイ料理を食べる事ができる。

そう思った私は、とりあえずトムヤムペーストのビンに書かれている通りの方法で、トムヤムクンを作ってみる事にした。
調理方法は極めてシンプル
調理方法は極めてシンプル
ビンに書かれていた調理方法は、たったの二行。極めてシンプルである。

[1] 3カップの熱湯にスプーン山盛り2杯のトムヤムペーストを入れる。
[2] エビとマッシュルームを加える。

魚とか鶏、他の肉を使ってもおいしいよ、とも書かれているが、やはり最初は通常のトムヤムクン、エビで作る事にした。
まずは3カップの水を沸騰させる
まずは3カップの水を沸騰させる
日本のレシピだと1カップは200mlだそうだが、アメリカとかのレシピだと、1カップの量がそれより少し多いらしい。

タイのレシピではどちらに従うべきなのか、イマイチ分からなかったので、とりあえず少し多めに水を入れてみた。
沸騰したので、スプーン山盛り二杯のペーストを加える
沸騰したので、スプーン山盛り二杯のペーストを加える
スプーン二杯と言われても、そもそも使うべきスプーンの大きさが分からない。まぁ、味見しながら、少しずつ加えていけば良いだろう、というテキトー精神で突き進む。
そしてエビを投入
そしてエビを投入
エビは、スーパーで売っていた、ボイルされたものをそのまま使った。

ぶっちゃけ、私は料理のイロハのイの字も知らない人間なので、かなり荒っぽい感じだが(あとコンロまわりも汚くて見苦しいが)、どうか見逃してやってください。
最後にキノコを投入
最後にキノコを投入
キノコも、本来はマッシュルーム(フクロタケ)を使うそうなのだが、今回はブナシメジを用いる事にした。私なりのアレンジである。

……というのは建前で、本当はブナシメジが安かっただけだ。
しばらく煮て、はい出来上がり
しばらく煮て、はい出来上がり
器に盛り付ければ、おぉ、それなりに見栄えがする
器に盛り付ければ、おぉ、それなりに見栄えがする
トムヤムペーストを使ったトムヤムクンは、非常に簡単、お手軽だった。まぁペーストを溶かして具材を煮るだけなのだから、当然といえば当然か。

このトムヤムペーストは、日本でいうダシの素みたいな位置付けなのだろう。
味も……うん、うまい
味も……うん、うまい
カツオブシやニボシからダシを取った味噌汁はもちろんおいしいが、ダシの素で作った味噌汁もまた、なかなかおいしいものである。トムヤムペーストで作ったトムヤムクンも、それなりにおいしくできた。

一口食べるとまず独特の酸味が広がり、続いて辛味が追いかけてくる。辛味といっても激辛という程ではなく、ちょうど良い、心地良い辛さだ。タイ料理屋でこれが出てきも、不思議じゃないくらいにうまいと思う。

以前、友人から聞いた話だが、たまたま見かけたタイ料理屋の脇に、業務用トムヤムペーストの缶が積んであったそうだ。東京のタイ料理屋でも使われているトムヤムペースト。そりゃ、まずいはずがないか。
でも、エビの殻は外すべきだったな……
でも、エビの殻は外すべきだったな……
とまぁ、そんなこんなでトムヤムクンを作ってみたのだが、正直言うと、この一杯で私のタイ欲は満たされてしまった。

しかしながら、たかがトムヤムクン一杯で1キログラムのトムヤムペーストを使い切れるはずも無く、かくして私はその消費に頭を悩ませる事となったのだ。
一本あれば十分だったな……
一本あれば十分だったな……
そこで私は、この大量のトムヤムペーストをどうにかすべく、様々な料理にトムヤムペーストを適用してみる事にした。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓