土曜ワイド工場 2011年10月8日
 

初めての佐渡島

佐渡で観光をしてきました。
佐渡で観光をしてきました。
佐渡島といえば、金山があって、トキがいて、たらい舟があるところ。あとは佐渡おけさとか。

そのくらいしかイメージできない場所なのだが、なんとなく以前から引かれるものがあり、機会があれば一度いこうと漠然と考えていたら、その機会がやってきた。
趣味は食材採取とそれを使った冒険スペクタクル料理。週に一度はなにかを捕まえて食べるようにしている。最近は製麺機を使った麺作りが趣味。
> 個人サイト 私的標本 趣味の製麺

友人の帰省についていく佐渡島旅行

佐渡島へと一緒に行くのは、当サイトのプープーテレビなどでおなじみの宮城マリオさん。鬼ヶ島っぽいが佐渡島だ。

きっかけはあまり覚えていないのだが、赤羽のサイゼリアで昼間から飲んでいたら、そういう話になっていた。

宮城さんのお母さんが佐渡島出身で、宮城さん自身も佐渡生まれ。定年後に佐渡へ帰っているご両親に会うための帰省についていくのだ。
宮城マリオさん。実は今までほとんど話したことがない。で、いきなり佐渡旅行だ。
宮城マリオさん。実は今までほとんど話したことがない。で、いきなり佐渡旅行だ。
佐渡へ行くフェリーには、スイートルームなんてあるんですね。
佐渡へ行くフェリーには、スイートルームなんてあるんですね。
佐渡島へいく方法はいくつかあるそうだが、今回は新潟港から車ごとフェリーに乗って、佐渡島の両津港へと渡るルート。所要時間は二時間半くらいで、運転疲れをとるのにはちょうどいい休憩タイム。

このフェリー乗り場に着いて、はじめて佐渡の地図をちゃんと見たのだが、島の中に湖やダムがあったり、温泉がたくさんあったり。空港もあるのか。
佐渡島、持ちやすそうな形ですね。
佐渡島、持ちやすそうな形ですね。
フェリー乗り場を越えるとすぐ湖という地形に引かれる。
フェリー乗り場を越えるとすぐ湖という地形に引かれる。
私がイメージしている「島」と、もしかしたら佐渡はだいぶ違うのかもしれない(自転車で一周できるくらいの大きさだと思っていた)。

フェリーですでに旅行気分満喫

新潟港から朝六時に出る始発のカーフェリーに乗り込んだのだが、この時点でテンション全開。

離島というものに行くのがまったくのはじめてだし、カーフェリーも神奈川と千葉をつなぐ東京湾フェリーしか乗ったことがない。

陸続きの場所へいくのとはまったく違う、本格的な旅気分。自宅から佐渡まで8時間。ちょっとした海外くらいなら余裕でいける時間を掛けて、行く先が佐渡島というのも、なんだかスローで気分がいい。
車で大きなフェリーに入っていくという、「おおごと」な感じに変な汗が出た。
車で大きなフェリーに入っていくという、「おおごと」な感じに変な汗が出た。
ジェットフォイルという乗り物だと、65分で着くらしいです。
ジェットフォイルという乗り物だと、65分で着くらしいです。
畳張りの二等客室に寝る場所を確保。 軽くご飯を食べようとしたら、「スナックおおさど」という、意図的ではないレトロな空間が広がっていた。
3時間も滞在しない船内にスナック。フェリーってみんなこうなのかな。
3時間も滞在しない船内にスナック。フェリーってみんなこうなのかな。
ほろ酔いくらいならともかく、フェリーの中でちどりあしってどうよ。さすが佐渡。
ほろ酔いくらいならともかく、フェリーの中でちどりあしってどうよ。さすが佐渡。
体内時計では深夜で、電子時計では朝6時。軽いものをと思いつつ、カレーバターラーメンが気になる。
体内時計では深夜で、電子時計では朝6時。軽いものをと思いつつ、カレーバターラーメンが気になる。
「ほら、佐渡バター使用だから」と自分に言い訳をして注文。締めにご飯をぶち込みそうになった。
「ほら、佐渡バター使用だから」と自分に言い訳をして注文。締めにご飯をぶち込みそうになった。
全く揺れないフェリーの上から穏やかな海を見て、天気のよさに感謝。デッキからの視界が想像以上に高くて気持ちがいい。

飛んでいる海鳥が、全部トキに見えた。
フェリーの一番後ろから見る海がおもしろかった。ゴゴゴゴー。
フェリーの一番後ろから見る海がおもしろかった。ゴゴゴゴー。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓