フェティッシュの火曜日 2011年10月11日
 

実の親子丼を作りたい

血縁関係のあるリアル親子丼
血縁関係のあるリアル親子丼
親子丼がうまいということに異論を唱える者は少ないだろう。
確かにうまい。
とろとろの卵とぷりぷりの鶏にひたひたのダシ。
想像しただけで身をよじってしまいそうなうまさだが、よくよく考えてみれば、あれって本当の親子ではないんじゃないだろうか。
1973年北海道生まれ。物心ついた頃から飽きっぽい。そろそろ自分自身にも飽きてきたので、神様にでもなってみたい今日この頃。
> 個人サイト 「月刊 馬泥棒」 ツイッター

おおざっぱすぎる親子関係

僕の父は工藤幸雄という。
母は工藤静子。
僕たちは親子だ。
ザ・両親’ズ
ザ・両親’ズ
ではスティーブ・マックイーンは僕の親だろうか。
石原裕次郎は、吉永小百合は僕の親だろうか。
僕の知らないドラマティックな出来事が過去に起こっていない限り、おそらく、まず間違いなく違う。
あるいは、AKB48の誰かが僕の子だろうか。
これは自信を持って絶対に違う。
世にはびこる親子丼は、ようするに、スティーブ・マックイーンと僕を親子だといっているようなものではないか。

うまいからいいんだけれど

僕はそのことを、親子丼を食べるたびに思う。
この親と子に、血縁関係はあるのだろうか。アカの他人同士が鍋の上で煮込まれて、はい親子です、というのはあんまりではないかと。
大戸屋の炭火焼き鳥親子丼。うまい
大戸屋の炭火焼き鳥親子丼。うまい
といいつつも、親子丼はうまくて僕の腹を満たしてくれる。
理屈などどうでもいいのだ。
どうでもいいのだけれども、でもいつの日かこの不自然な親子関係を正して、本当の意味での親子丼を作ってあげたい。
そう思いながら僕は暮らしてきた。
いつも僕を満足させてくれている親子丼への感謝の気持ちも込めて。

ちょっとやりにくいよな

しかし、ニワトリを連れてきて卵を産ませて、それを親子ごと調理するというのは、さすがになんというか、自分の手ではやりたくない。
そこで考えたのが、これだ。
通販で購入
通販で購入

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓