フェティッシュの火曜日 2011年10月18日
 

猪鹿蝶を食べる

食べちゃうぞー
食べちゃうぞー
突然だが、私は花札のルールを知らない。
「猪鹿蝶」が花札界のアルフィーなのかダチョウ倶楽部なのかもよくわからないが、三枚ワンセットの名トリオというのは知っている。

花札は江戸時代中期からあるカードゲームらしい。日本人として少しは知っておいたほうがよいのかな?とは思う。

伝統の文化とふれあうために、まずは「猪鹿蝶」を食べてみてはどうだろう。
1975年生まれ。千葉県鎌ヶ谷市在住。猫好き。人生においての目標は食べたことのないものをひとつでも多く食べること。旅先ではまだ見ぬ珍味に出会うため目を光らせている。
> 個人サイト 晴天4号 Twitter (@hosoi)

猪を食べに行こう

両国の「ももんじや」は獣肉の食べられる老舗のお店だ。東京で猪のお店といえばここと言ってもよいかもしれない。
猪といえばここ
猪といえばここ
なんといっても国道沿いに吊るされている猪がインパクト大。これについて、その日に捌くいのししを吊るして「血抜きをしている」とか「臭みをとっている」などと聞いた事があるのだが、お店の人に聞いたところこれは剥製だそうだ。
おまえ剥製だったのか
おまえ剥製だったのか
てっきり毎日違う猪が連れて来られていると思っていた…。
前を通るたび「あれ、今日はちょっと小さいね」「いつもより新鮮そう」などと適当な事を言ってたのが恥ずかしい。
猪肉は別名「山くじら」というらしい
猪肉は別名「山くじら」というらしい
旅館みたいな個室に通される
旅館みたいな個室に通される

つきだしが猪

猪鍋とビールなどを注文して待っていると、店員さんが「猪の煮込みです」と言って小鉢を持ってきた。
猪でなくともつきだしが煮込みというだけで嬉しすぎる
猪でなくともつきだしが煮込みというだけで嬉しすぎる
やわらかくておいしい
やわらかくておいしい

鍋は八丁味噌ベース

メインディッシュの猪鍋は、八丁味噌のお鍋だった。甘めで猪の肉に合うらしい。
甘い味噌でぐつぐつ煮込む
甘い味噌でぐつぐつ煮込む
お肉を投入、すごい脂身
お肉を投入、すごい脂身
猪の肉は煮込んだほうがやわらかくなるという変わった特徴があるので、最低でも15分はぐつぐつという音を聞きながら待つ。15分間おいしそうな匂いに包まれて待つのは忍耐が必要だが、余計においしく感じられることは間違いない。食べごろになった時にはビールがなくなっていたりするけど。
何もかも茶色に染まれ〜
何もかも茶色に染まれ〜
一味唐辛子と山椒……これがあるってだけで間違いないでしょう
一味唐辛子と山椒……これがあるってだけで間違いないでしょう
「一味と山椒で召し上がってみてください」と言われ、絶対おいしいと確信してしまった。
どばっとかけてみた
どばっとかけてみた

濃い豚肉

豚肉に似ているけど、味が濃い。豚肉を何枚か同時に食べたようなお得感。味噌の味がよく染み込んでいて食べごたえがある。やっぱり山椒がすごくいい役目をしている。
ご飯なら肉一枚で一杯いけそう
ご飯なら肉一枚で一杯いけそう
煮る前は「これ食べても大丈夫なのかしら」と思った脂身がすばらしい。脂身特有のしつこさがない。新しい食べ物のようにコリコリと食べられてしまう。
キラキラのAbura-Me
キラキラのAbura-Me
牡丹鍋は初めてではなかったが、お店で食べるのは初めてだった。さすがにベストな調理法だけあって、家で食べた時の感動とは別物だった。
瓜坊の剥製を見つめながらふと考える
瓜坊の剥製を見つめながらふと考える

猪鍋はおいしかった

しかしなぜ猪鹿蝶を食べようと思い立ったのかという事は自分でもよくわからない。

そんな気持ちを押さえ込んで次の「鹿」いきたいとおもいます。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓