ロマンの木曜日 2011年10月20日
 

この木なんの木なんじゃもんじゃの木

なんじゃもんじゃの木とは、いったいぜんたいどんなもんじゃ
なんじゃもんじゃの木とは、いったいぜんたいどんなもんじゃ
私の実家から割と近い距離の所に、「なんじゃもんじゃの木」と呼ばれる巨木がある。

小学校の頃、そのおもしろな響きに誘われて、友達と自転車で出かけた思い出の木だ。

最近、ふとその木の事を思い出した。懐かしいなと思って調べてみると、私の知っているもの以外にも、なんじゃもんじゃの木は複数存在するそうなのである。
1981年神奈川生まれ。テケテケな文化財ライター。古いモノを漁るべく、各地を奔走中。常になんとかなるさと思いながら生きてるが、実際なんとかなってしまっているのがタチ悪い。2011年には30歳の節目として歩き遍路をやりました。2012年には31歳の節目としてサンティアゴ巡礼をやりました。

前の記事:「トムヤムペーストでなんでもタイ料理」
人気記事:「トムヤムペーストでなんでもタイ料理」

> 個人サイト 閑古鳥旅行社 Twitter

私の知っているなんじゃもんじゃ

私となんじゃもんじゃの木との出会いは、小学校の廊下に張られていた、市の全域地図であった。

それは我が町、綾瀬市を詳細に記載した地図であり、特に市役所や図書館など、ランドマークを強調しているのが特徴的だった(綾瀬市について、詳しく知りたい方はこちらの記事をご参照ください)。

その地図の南西端に、「なんじゃもんじゃの木」と記されていたのだ。
頭に描いたなんじゃもんじゃのイメージ
頭に描いたなんじゃもんじゃのイメージ
変な名前の木があるらしいという事で、なんじゃもんじゃの木は瞬く間に私の友達の間で話題となった。見に行ってみようという声が上がったのも、当然の成り行きだったのかもしれない。

しかし、なんじゃもんじゃの木は、私たちの住んでいる地域からは少しだけ距離がある。いや、大人からすれば大した距離ではないのだが、子どもだけで市から出た事などなかった小学生の私にとって、それはまさに未知の領域だったのだ。

私たちは、お小遣いで買った駄菓子を持ち寄り、自転車でなんじゃもんじゃの木を目指した。幼き日の、スタンドバイミーである。
綾瀬市の中心、市役所から西へと向かう(当時はまだ、この市役所は無かった)
綾瀬市の中心、市役所から西へと向かう(当時はまだ、この市役所は無かった)
住宅街を走り抜けて――
住宅街を走り抜けて――
なかなか良い雰囲気の並木道を南へ行く
なかなか良い雰囲気の並木道を南へ行く
私たちは、帰り道が分からなくならないように、意識的に大きな道を通ってなんじゃもんじゃの木に向かった。誰の提案だったかは思いだせないが、確かそうしたと思う。

初めて通る道ではあったが、好奇心の方が勝っていたのだろう、不安はさほどなかったように記憶している。

始めて見る並木道は、とても新鮮だった。木の根でデコボコした歩道を走っている最中、この並木がずっと続けば良いなと思ったが、すぐに途切れてしまい、がっかりした。
並木を抜けた所に、前述の綾瀬記事で紹介した高座豚のお肉屋さんがある
並木を抜けた所に、前述の綾瀬記事で紹介した高座豚のお肉屋さんがある
程無くして、道の雰囲気ががらりと変わった
程無くして、道の雰囲気ががらりと変わった
工業団地に入ったのだ
工業団地に入ったのだ
さらに進むと、道の向こうに木々の緑が見えてくる
さらに進むと、道の向こうに木々の緑が見えてくる
工業団地の持つ、どこか荒涼殺伐としたアウトローな雰囲気にドキドキしながら、私たちは自転車を走らせた。

しかし、本当にこんな場所に、なんじゃもんじゃの木などあるのだろうか。引き返した方が良いのではないだろうか。そんな言葉がポツポツ出始めてきた頃、私たちの目の前にその巨木が姿を現したのだった。
あった!なんじゃもんじゃの木だ
あった!なんじゃもんじゃの木だ
でっかいぞ、なんじゃもんじゃ
でっかいぞ、なんじゃもんじゃ
正式には、ハルニレという種類の木らしい
正式には、ハルニレという種類の木らしい
神奈川県の名木百選にも選ばれている
神奈川県の名木百選にも選ばれている
なんじゃもんじゃの木の横にある案内板によると、なんじゃもんじゃの木というのは通称で、正式にはハルニレという。

なんでも、ハルニレは神奈川県の平地にほとんど生えておらず、地元民が知らない木、見た事ない木という事で、なんじゃもんじゃと呼ばれるようになったそうだ。

ちなみにこの木は、江戸時代初期の寛永年間、江戸幕府第三代将軍、徳川家光のお抱え医師であった半井驢庵(なからいろあん)が、この地を賜った際、屋敷に植えたものであるという。
この広場が半井驢庵の屋敷跡なのだろうか
この広場が半井驢庵の屋敷跡なのだろうか
なんじゃもんじゃの樹勢は今もなお盛ん
なんじゃもんじゃの樹勢は今もなお盛ん
当時はこのウロに入れた気がするのだが……
当時はこのウロに入れた気がするのだが……
樹齢は実に350年以上。その高さは20メートルと、堂々としたものである。今見ても大きく感じるが、小学生だった頃の私にとっては、さらに巨大に感じた事だろう。

根元には大きな空洞が開いており、現在は木を守る為か封鎖されてしまっているが、当時はこの樹洞の中にもぐりこみ、友達と目的地に到着した喜びを分かち合った記憶がある。

とまぁ、昔の思い出なんざを交えつつ、なんじゃもんじゃの木を紹介させていただいたが、調べてみると、なんじゃもんじゃと呼ばれる木は、これ以外にも結構存在するようなのだ。

ならば、見に行ってみようじゃないか。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓