ちしきの金曜日 2011年10月28日
 

シャーペンの芯の銘柄をあててみせよう

区別、つきますか
区別、つきますか
シャープペンシルの芯。ふだんはあまり気にしないが、あれもメーカーの人が色々と企業努力をしているはず。銘柄ごとに特徴があるんじゃないか。

特徴を完全に見抜けば、利き酒みたいな感じで、シャーペンの芯のメーカーをあてることもできるだろう。

なにしろ最近の芯はすごいのだ。
1982年、栃木県生まれの指圧師です。自分で企画した「下北沢ふしぎ指圧」で施術しています。何をしているときでも「みんなが自分の治療院に来てくれるといいな〜」って思っているのですが、ノイローゼでしょうか。
> 個人サイト 下北沢ふしぎ指圧

シャーペン売場のきらびやかさ

売場を見るとメーカーは盛んにそれぞれのウリを宣伝している。意外と派手で楽しい。三菱鉛筆の「ユニ」はこんな感じだ。
「4億個のナノダイヤ配合」「最強芯のままくっきりなめらか!!」
「4億個のナノダイヤ配合」「最強芯のままくっきりなめらか!!」
すごいでしょう。「億」「ナノ」「ダイヤ」「最強」となんともしびれることが書いてある。シャーペンの芯に「ダイヤ」が入っているのというのがすごい。ダイヤって!

一方で、パイロット社の芯も負けていない。こっちは芯のネーミングがかっこいいのだ。
「ネオックス・グラファイト」
「ネオックス・グラファイト」
「ネオックス・グラファイト」…スタイリッシュで強そうなネーミングだ。小さい頃に良く見ていたメタルヒーローもの(例:『ビーファイターカブト』『超光戦士シャンゼリオン』)が思い出される。
こちらは「ナノダイヤ」こそ使われていないもの「高純度グラファイト」を使用
こちらは「ナノダイヤ」こそ使われていないもの「高純度グラファイト」を使用
良く見てみると、シャーペンの芯のケースがどことなく特撮ヒーローっぽいデザインに見える。各種固さの種類がそろっているところもヒーロー集合っぽい。

芯をもっと知りたいです

こんな風に僕は売場でやられてしまった。「ユニ」「ネオックス・グラファイト」両方買って家に帰った。この芯のかっこよさに、なんとか自分なりの形でもっとアクセスしたい。強くそう思った。

そこでぼくはシャーペンの違いがわかる人間になろうと決めたのだ。これが今回の利きシャーペンの芯の発端である。
ぺんてるの「Ain」には特に目立ったことは書いていなかったので今回は見送った
ぺんてるの「Ain」には特に目立ったことは書いていなかったので今回は見送った

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ