フェティッシュの火曜日 2011年11月1日
 

食べて遊んでくつろいで。古民家を巡ろう

秋は古民家の季節〜
秋は古民家の季節〜
古民家といえば、今ちょっとしたブームになっている。古民家を改造したカフェや雑貨屋などもよく見かけるようになった。
アンティークな家屋や庭は、そこにいるだけで時間がゆったりと流れていき、特に何をするわけでもなく心地よい。私も最近、すっかり古民家の魅力にとりつかれてしまった。(参照記事:山の中でみつけた昔の家でくつろいだ話

秋深まる空の下、いくつかの気になる古民家を巡ってみた。
1975年生まれ。千葉県鎌ヶ谷市在住。猫好き。人生においての目標は食べたことのないものをひとつでも多く食べること。旅先ではまだ見ぬ珍味に出会うため目を光らせている。
> 個人サイト 晴天4号 Twitter (@hosoi)

■ 北条家住宅(佐渡)

夏に佐渡へ行った時に立ち寄った、わらぶき屋根の古民家。国の重要文化財に指定されているそうだ。
建物は18世紀後半ごろのものと推定されている
建物は18世紀後半ごろのものと推定されている
人の姿はなく、説明の看板だけがある。庭は田舎のおばあちゃんちに遊びに来たようなナチュラル感がある。
百選って多いな
百選って多いな
保存状況はきわめてよいそうです
保存状況はきわめてよいそうです

入り口を開けてみたら…

今まで行った事のある古民家は、どれも中に入れるタイプのものだったこともあり、正面の扉をなんの迷いもなく開けたのだが、そこには思いきり人の住んでいる空間が…。
人こそはいなかったが、慌てて閉めた。ごめんなさい。
入っちゃいけなかったっぽい
入っちゃいけなかったっぽい
家財道具もあったし、テーブルの上にティッシュとか茶筒とかあった…。これは外から眺める古民家なのか。
しょっぱなからこんな始まりで申し訳ないです。
蔵、かっこいい
蔵、かっこいい

■ 武家屋敷(旧河原家住宅・旧但馬家住宅・旧武居家住宅)(千葉県佐倉市)

佐倉にある、三棟並んだ武家屋敷。三棟もあるとなかなかゴージャスだ。
今度は中に入れますので。
入場料は一般210円
入場料は一般210円
武家屋敷、P完備
武家屋敷、P完備
右側の土塁沿いが全部屋敷
右側の土塁沿いが全部屋敷

かっこいい

武家屋敷の魅力は、ちょっとだけストイックな間取りになっている所だと思う。自分が子供だったら絶対にかくれんぼを始めて怒られているのだろう。
家の内外に秘密基地を作れそうな一画がたくさん
家の内外に秘密基地を作れそうな一画がたくさん
縁側に座っているだけでいい気分になれる、それが古民家
縁側に座っているだけでいい気分になれる、それが古民家

時間がとまっているみたい

屋内に入ると鎧兜や刀などが置いてあり、時代劇のワンシーンに忍び込んだようでわくわくする。
あと、言ってしまうとこういった文化財の古民家は土日でも来場者が少ない。静かにタイムスリップ的雰囲気を楽しむには持ってこいのスポットだと思う。
静かに楽しみたくもあるけど、かくれんぼもしてみたい
静かに楽しみたくもあるけど、かくれんぼもしてみたい
内見中「いい間取りですね」
内見中「いい間取りですね」

住みたいです

最近のアパートは、和室を洋室にリフォームすると人が入りやすいらしい。フローリングもいいけど、畳もいいぞ。なにも敷かなくても寝転がれるぞ。なぜかそんな主張をしたくなる。(余談だが私の部屋も和室で座イスに座ってパソコンを叩いている。でも床に物を置く事に抵抗がないから席の周りがすぐに散らかるよね、和室…)

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓