はっけんの水曜日 2011年11月2日
 

頼もしきアイガモロボット

さすがにアイガモ、ロボットに寄ってこない。
さすがにアイガモ、ロボットに寄ってこない。
アイガモ農法というものがある。水田の中をアイガモが泳ぎまわって害虫や雑草を食べ、除草効果もあるという、作物にやさしい栽培方法だ。
そこへ持ってきて「アイガモロボット」なるものを開発しているところがあるという。何、アイガモの働きを、ロボットが代わりに?アイガモ型のかわいいロボットが田んぼに放たれるのか?!と色めきたったのである。

まあ上ですでに写真が出ているので容貌はバレバレだが、そのアイガモロボットに会いに行ってきました。
1970年群馬県生まれ。工作をしがちなため、各種素材や工具や作品で家が手狭になってきた。一生手狭なんだろう。出したものを片付けないからでもある。性格も雑だ。もう一生こうなんだろう。
> 個人サイト オツハタ万博

アイガモ装甲部隊

岐阜県は各務原市の「岐阜県情報技術研究所」。そこでここ10年ほど、官民一体となってアイガモロボットの開発が進められているという。このような場所での取材はめったにないことなので、おおいに緊張しながら建物の中に入る。
「テクノプラザ」=先進情報産業団地の中に研究所はある。
「テクノプラザ」=先進情報産業団地の中に研究所はある。
メカトロ研究部の遠藤氏(左)・専門研究員の光井氏(右)に、丁寧な説明をいただく。
メカトロ研究部長の遠藤氏(左)・専門研究員の光井氏(右)に、丁寧な説明をいただく。
研究室の床では、アイガモロボットの初号機から現行機までが、思い思いの場所にたたずんでいた。写真で見た印象よりも一回り大きく、少々圧倒される。
アイガモロボット勢揃い。うん、「アイガモ」なんだよなぁ。
アイガモロボット勢揃い。うん、「アイガモ」なんだよなぁ。
失礼ながら、どの角度からもアイガモには見えない。2つのキャタピラーがアイガモの足のように回転し…違うな。そもそも、害虫や雑草をぱくぱくと食べてくれるのだろうか?

このアイガモロボットは虫を食べたりしない。2つのキャタピラー(クローラーという)で移動する間に田んぼの底を掻いて雑草を踏み潰したり、舞い上がった泥で日光を阻害し、雑草の繁茂を邪魔してくれるのだという。一見、地味な役割のようではあるが、実はこの「掻き回して泥を巻き上げると除草(抑草)につながる」というところが、もともとアイガモ農法の重要な部分のひとつだそうなのである。

ところで、勢い込んで岐阜まで来たが、よくよく考えたら今はもうとっくに田植えの終わったシーズンだ。実際の田んぼでアイガモロボットが活躍するシーンは見られない。ガーン!

なのでここでは参考までに、今年の田植えシーズン時にお披露目したときの写真をお借りしたので、とりあえず雰囲気だけでもご覧ください。
彼らの前に突如現れるガンタンク。
彼らの前に突如現れるガンタンク。
各種センサーを駆使し、苗をまたいで進んでいく。「またぐ」のにも理由がある。
各種センサーを駆使し、苗をまたいで進んでいく。「またぐ」のにも理由がある。
アイガモにしたら、ターミネーターのように見えるかもしれない。
アイガモにしたら、ターミネーターのように見えるかもしれない。
そもそも、なぜアイガモ「ロボット」を作ることになったのか。

アイガモ農法は、見ている分にはかわいいし環境にもやさしそうだしいいことずくめのようだが、実は非常に手間がかかるものだという。害虫や雑草だけではえさが足りないのでえさ代はかかるし、田んぼの巡回にムラができたり、動物に襲われたり…

また、雑草が大きくなってしまうと食べてくれないそうだ。逆に、稲が小さいうちは稲も食べてしまったり、泳ぎまわることで苗がやられたりもする。さすがに動物、なかなか思い通りにはいきません。

そして、有機栽培で一番頭が痛いのは、まさに「除草作業」なのだ。

よって、従来の手間や不確定要素などを省き、低コストで環境への負担も軽いこのようなロボットを開発し、農業従事者の負担を減らし作物の価値を上げていくことが、この研究の命題となっているのである。

次のページでは、それぞれの試作機にこめられた工夫など、見ていくことにしよう。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓