ロマンの木曜日 2011年11月3日
 

東京でも学校建築を見るべきだ

東京の大学にも、古くてカッコ良い建物がたくさんあります
東京の大学にも、古くてカッコ良い建物がたくさんあります
以前、「京都では学校建築を見るべきだ」という記事を書かせて頂いた。

京都といえば神社仏閣が有名だけれども、京都にある大学の建物もまた、なかなか風情があって歴史を感じられますよ、という趣旨の記事であった。

いやいや、古くてカッコ良い学校建築があるのは京都だけじゃない。首都東京にも、京都に負けず劣らず、カッコ良い学校建築が存在するのだ。
1981年神奈川生まれ。テケテケな文化財ライター。古いモノを漁るべく、各地を奔走中。常になんとかなるさと思いながら生きてるが、実際なんとかなってしまっているのがタチ悪い。2011年には30歳の節目として歩き遍路をやりました。2012年には31歳の節目としてサンティアゴ巡礼をやりました。
> 個人サイト 閑古鳥旅行社 Twitter

早稲田大学の古い建物

私は以前の京都の記事で、歴史の長い大学には古くてカッコ良い建物が高確率で残されているという事を学んだ。今回もまたそれに倣い、古くからある大学を巡ってみようと思う。

まずは、明治15年(1882年)に大隈重信が創設した、早稲田大学だ。その名の通り、新宿区の早稲田界隈にある。
早稲田大学正門。正門と言っても門は無い
早稲田大学正門。正門と言っても門は無い
その背後には、早稲田大学のシンボル「大隈記念講堂」がどーん
その背後には、早稲田大学のシンボル「大隈記念講堂」がどーん
出ました、大隈記念講堂。早稲田大学の建物と聞けば、これを思い浮かべる方も多いのではないだろうか。

昭和2年(1927年)に建てられた、時計台付きの大講堂だ。国の重要文化財にも指定されている。
この地階への階段が良い味出してる
この地階への階段が良い味出してる
天井の高いアーチのエントランスもグッド
天井の高いアーチのエントランスもグッド
時計台は125尺(約37.9メートル)あるらしい
時計台は125尺(約37.9メートル)あるらしい
鉄骨鉄筋コンクリート造の建物で、薄茶色のスクラッチタイル(縦に溝が入ったタイル)張り。ロマネスク様式を基調としながら、エントランスや時計台の上部などにゴシック様式を採り入れた名建築だ。

そもそも大学というものは、中世ヨーロッパの修道院に起源を持つとの事で、日本の大学の建築も、戦前までのものはこのようなロマネスク様式やゴシック様式の建物が多いらしい。
側には、かつて大隈邸の守衛詰所であったという建物が。こんなかわいらしい小屋に守衛が詰めていたのか
側には、かつて大隈邸の守衛詰所であったという建物が。こんなかわいらしい小屋に守衛が詰めていたのか
ざっと眺めた感じ、周囲には古そうな建物も多く、これは大隈記念講堂以外の建物にも期待が持てそうである。

胸を高鳴らせながらキャンパス内に入って行くと、左手にいきなり良さげな雰囲気を放つ建物が現れた。
お、これは古そうな建物だ
お、これは古そうな建物だ
2号館と名付けられているこの建物。そのたたずまいといい、窓などの意匠といい、なかなか良い風情である。

この時は漠然と、その雰囲気に惹かれてパシャパシャ写真を撮っていたのだが、後で調べてみると、なんと大隈記念講堂よりも古い大正14年(1925年)の建物であった。

元々は図書館として建てられたらしく、南側はホール状なのに対し、書庫だった北側は角ばった形状。見る角度によって表情が違う、なかなか面白い建築である。
さっきの大きな写真は東側の玄関、こちらは南側の玄関。どちらも同じ建物です
さっきの大きな写真は東側の玄関、こちらは南側の玄関。どちらも同じ建物です
書庫だった北側には窓が整然と並ぶ
書庫だった北側には窓が整然と並ぶ
このかわいらしさがたまらない
このかわいらしさがたまらない
見れば見るほど不思議な2号館に後ろ髪を引かれつつ、さらにキャンパス内を進んで行くと、これぞまさに大学建築!と言うような建物が目に留まった。
三連アーチの玄関が印象的な、6号館
三連アーチの玄関が印象的な、6号館
玄関以外の部分を見ると、いたって普通の学校建築というような趣であるが、凝った意匠の玄関を見る限り、それなりに古い建物であるようだ。

その通り、これもまた昭和10年(1935年)の建造と、戦前の建築であった。
外灯も素敵ですな
外灯も素敵ですな
太い円柱が並ぶ内部空間も良いカンジ
太い円柱が並ぶ内部空間も良いカンジ
右から左に書く看板からも、古さが見て取れる
右から左に書く看板からも、古さが見て取れる
ひっそりと静まり返った6号館。

「ほぉ、これはこれは」などと一人で呟きながら、アーチの玄関ホールを通り抜けて建物の裏側に出てみると、突如私の目の前に、これまでのものとは一味違った建物が姿を見せた。

昭和3年(1928年)に建てられた、演劇博物館である。
学校建築というより、洋館といったたたずまいだ
学校建築というより、洋館といったたたずまいだ
なんでもこれは、シェイクスピア全集の完訳を記念して建てられた建物だそうで、16世紀後半のイギリスの様式で建てられており、その形状は劇場を模しているそうだ。

実際、シェイクスピアを演じられるように設計されているそうで、館の正面と二階のテラスが舞台、前庭が観客席となるらしい。
ここで、「おぉロミオ」とかやるワケだ
ここで、「おぉロミオ」とかやるワケだ
なんか、魔法使いとか出てきそうな扉ですな
なんか、魔法使いとか出てきそうな扉ですな
ちなみにこの演劇博物館の設計者は、今井兼次氏。先ほど紹介した2号館もまた、今井兼次氏の設計である。同じ設計者でありながら、随分と毛色が異なるものだ。

ちなみに今井兼次氏は、早稲田大学の教授を長く勤めていた人物だそうだ。大学建築というのは、その学校の偉い先生や、関係者が行う事が多い。6号館の設計者である桐山均一氏もまたしかり。

それら各学校の先生が持つ好みやクセが、その学校の建築の特色、ひいては学校の特色になるのかもしれない。と、知ったような口を利いてみる。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓