ロマンの木曜日 2011年11月3日
 

残り300m、アラシロ先頭!〜自転車ロードレース初観戦

この瞬間、あたりは興奮のるつぼと化した
この瞬間、あたりは興奮のるつぼと化した
スポーツの秋である。

秋は世界の強豪が来日するような大きな大会が目白押しだ。F1日本グランプリ、バイクのモトGP、体操の世界選手権、バレーボールのワールドカップ、競馬のジャパンカップなどなど。

そんな中、自転車レースも世界の強豪が来日する大会が行われた。日本では公営競技としての競輪のイメージが強すぎて、いまいち知られていない自転車ロードレース。会場はどんな雰囲気か、間近で見るレースはどんな迫力か。初観戦してきた。
1974年東京生まれ。最近、史上初と思う「ダムライター」を名乗りはじめましたが特になにも変化はありません。著書に写真集「ダム」「車両基地」など。 個人サイト:ダムサイト

右も左も分からず会場へ

今回観戦に行ったのは、栃木県宇都宮市で毎年開催されているジャパンカップ。3日間にわたってさまざまなイベントやレースが行われ、なかでも目玉は世界の強豪が集まり、市内に設定された1周14kmの市街地コースを11周、総距離およそ150kmで争われるロードレースだ。
3日間さまざまなイベントやレースが行われる
3日間さまざまなイベントやレースが行われる
マラソンや駅伝はよく市街地コースで行われているのをテレビで見るけど、日本で自転車の大会は見たことがない。どのくらい混雑するのか分からず、とりあえず夜中に車で出かけて、まだ暗い早朝に観客用駐車場に入ったところ、広い駐車場には数台の先客がいるだけだった。

これならゆっくり寝て朝出てきても良かったかな、と思いながら車の中で仮眠をとり、明るくなって目を覚ましたら驚いた。
知らない間に満車になっていた
知らない間に満車になっていた
メイン会場から比較的遠い駐車場だけど、いつの間にか満車。しかも、皆さん車の中や外で自転車のユニホームに着替えていた。さらに、車の中にマイ自転車を積んできたらしく、着替え終わると組み立てや整備に余念がない。もちろん、ほとんどがロードバイクだ。
車と自転車で色を揃えるというお洒落
車と自転車で色を揃えるというお洒落
お気に入りのユニホームを着て観戦、というのは今では一般的なスタイルだけど、さらにマイ自転車を持って来られるのは市街地イベントならではだろう。1周14kmもある会場内を移動するのに便利だし、あと自転車のユニホームはあまりに身体にフィットしていて、それ単独ではやや着て歩きづらい、というのもあるかも知れない。

まだレーススタートの10時まで2時間以上あるけど、準備ができた人から愛車に跨がってすいーっと出発していった。僕は初めてで右も左も分からないけど、もう10年ここから歩いて観に来てます、みたいな顔してスタート/ゴール地点があるメイン会場に向かった。
とりあえず人の流れる方へ向かおう
とりあえず人の流れる方へ向かおう

メイン会場へ

レースがスタートしたらコースとなる道路を歩いて、メイン会場にやってきた。さすが自転車の大会、入ってすぐの場所に巨大な駐輪場があった。
駐輪場はいま見えている3倍くらいの大きさ
駐輪場はいま見えている3倍くらいの大きさ
しかもほとんどがロードバイク
しかもほとんどがロードバイク
メイン会場はスタート/ゴール地点を取り囲むように、自転車関係の企業のブースや地元商店の出店が建ち並んでいた。考えてみれば当たり前だけど、やっぱり自転車業界と地元地域にとってはフェスなのだ。
ブースエリアに自転車に乗った人がいても違和感がないほどの自転車濃度
ブースエリアに自転車に乗った人がいても違和感がないほどの自転車濃度
こういうところに飾られるのはやっぱり高嶺の花なのだろうか
こういうところに飾られるのはやっぱり高嶺の花なのだろうか
予想以上に食も充実していた
予想以上に食も充実していた
市街地レースとは言っても、周辺は農村地帯なので食べ物とトイレが心配だったけど、出店は想像以上の数が出ていて安心。食べ物が充実しているイベントは間違いなく楽しい。きっとジャパンカップ名物もあるんだろうけど、もちろん初めてなので何も知らない。トイレもあちこちに設置されていた。

これは想像していたより大規模なイベントだ。観客席などないので、観戦する場所を探そうとスタート地点に行ってみるも4重5重に人垣ができていて断念。
スタート地点はイスを持参した本物の常連さんでいっぱい
スタート地点はイスを持参した本物の常連さんでいっぱい
そのまま2、300m進んで、ちょうどスタート地点が見下ろせる坂の途中で観戦することにした。初めての観戦だけど、我ながらなかなかの場所をゲット!
横向いてる車の奥がスタート地点
横向いてる車の奥がスタート地点
そうこうするうち時間が迫ってきた。周りにも観客が増え、みんなスタート地点を見守っている。
反対側も観客がびっしり
反対側も観客がびっしり
なかなか派手なコスプレの観客もいた
なかなか派手なコスプレの観客もいた

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓