土曜ワイド工場 2011年11月5日
 

249種類ものお茶漬けを出すイタリア料理屋

これもお茶漬けです!
これもお茶漬けです!
居酒屋などで締めとして食べることが多い「お茶漬け」。あっさりとしており、サラサラと食べることができる。

お茶漬けの種類といえば、梅や鮭が定番だけれど、愛知県には249種類ものお茶漬けを出す、お茶漬け専門店が存在する。ぜひ行ってみたいと思う。
1985年福岡生まれ。思い立ったが吉日で行動しています。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。
> 個人サイト Web独り者 彼女がいる風の地主恵亮

お茶漬け専門&イタリア料理

249種類ものお茶漬けを出すお店は、愛知県一宮市にある「お茶漬け専門&イタリア料理ニューヨーク」というお店。専門の後にイタリア料理と続くところに若干の矛盾を感じるがお茶漬けの専門店である。
一宮駅
一宮駅
一宮市は喫茶店でコーヒーを頼むと、パンやサラダなどいろいろな物をサービスしてくれる東海地方独特のサービス「モーニング」の発祥の地。街を歩くとあちこちに喫茶店があり、ふらっと入った喫茶店が戦前からあるお店だったりと驚かされる。
駅に貼ってあったゆるキャラ(一宮だから138。ダジャレだ)
駅に貼ってあったゆるキャラ(一宮だから138。ダジャレだ)
今回目指すニューヨークは一宮駅から徒歩15分ほど。その道中にお茶漬けの種類について考える。「梅と鮭と…」など頑張ったけれど10種類程度しか浮かばなかった。249種類は天文学的な数字な気がした。
人がまばらなアーケード街を抜けて
人がまばらなアーケード街を抜けて
ニューヨークに到着!
ニューヨークに到着!

店内はオシャレ店名はダジャレ

到着したお茶漬け専門店「ニューヨーク」の外観はお世辞にもニューヨーク成分はなかった。強いていえば星条旗という力技。でも、ニューヨークと書いてあるのでここで間違いない。
店内はオシャレ
店内はオシャレ
店内はカウンターで全部で7席ほど。BGMとしてジャズが流れ、外観からはまず想像できないオシャレな空間になっている。

メニューを見ていて「ニューヨーク」という店名の理由も分かった。249種類だからニューヨークなのだ。駅で見たゆるキャラといい、一宮の人はダジャレが好きなようだ。
店名はダジャレ
店名はダジャレ
今回はフルーツ茶漬けなるものを事前に予約していた。その旨を当日店主に伝えると「それだけだと罰ゲームになるから、違うお茶漬けも食べて行きなよ」とススメられた。いきなりの鋭いパンチだった。
249種類のほんの一部
249種類のほんの一部

龍馬を食べる

店主に話を聞くとお茶漬けのメニューは100点満点で70点以上が合格となりメニューに並ぶそうだ。ということで、まずは100点の「龍馬」というお茶漬けを注文した。
オシャレ!(龍馬980円)
オシャレ!(龍馬980円)
戻りがつおを使い、その上にはオリジナルの味噌が乗るこのお茶漬け。自分でそのカツオをご飯の上に乗せ、カツオとコブからとった出し汁をかけて食べる。味噌のコクが素晴らしく、カツオは全く生臭くない。サラサラと箸が進む極上のお茶漬けだった。
めちゃくちゃ美味い
めちゃくちゃ美味い
さすが100点満点のお茶漬け。僕の心の中の海原雄山が少年のように走り出し、幸せの海へと飛び込んでいった。しかも、その後溺れるのだけれど幸せそうだった。

お世辞抜きで美味しくて、変わったお店のつもりで来たのだけれど、それは間違いだったと気が付いた。名店だ。今回は名店紹介だ!
次はこれ(醤油ベーコンマヨ茶漬け980円)
次はこれ(醤油ベーコンマヨ茶漬け980円)
お茶漬け界には「あっさり」という暗黙の了解があると思って生きて来たけれど、それをあっさり破る、ご飯にベーコンとマヨネーズが乗った「醤油ベーコンマヨ茶漬け」。出し汁に浮かぶマヨネーズが僕の顔を少し曇らせる。
これは80点らしい
これは80点らしい
食べてみるとこれまた美味い。海原雄山が先の海に沈んでいった。

マヨネーズが小学生だったら、帰りの会で女子に「マヨネーズ君が自己中で困ります」と言われるだろう。

それくらい自己主張が強いけれど、出し汁がそれを上手に処理しており、くどくなく、むしろその主張を生かしている。そのために美味しいのだ。出し汁が肝だ。若い人は好きだね、と店主は言っていた。
やっぱり美味しい!
やっぱり美味しい!

金持ち気分のお茶漬け

次に食べるのは「フォアグラ茶漬け」。フォアグラといえば世界三大珍味の一つだ。僕は今までフォアグラを食べたことがない。まさかフォアグラ初体験がお茶漬けだとは思わなかった。
ド〜ン(フォアグラ茶漬け1800円)
ド〜ン(フォアグラ茶漬け1800円)
将来お金持ちになったら一度はやってみるだろうという豪華なお茶漬け。カルピスを濃く作る、カップアイスの蓋を舐めない、というレベルのお金持ちから、3ステップほどレベルが上がったお金持ちの食事だ。
輝いて見える
輝いて見える

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓