ひらめきの月曜日 2011年11月7日
 

萌え萌え、サントリーバー

!
サントリーバー、ってご存知だろうか。
サントリーが経営する、もしくはサントリーと懇意の人が経営する、
サントリーのウイスキーが飲めるバーのことだ。

実は10年前に、恩師に、中野のサントリーバーに、連れて行ってもらったことがあった。
大人の雰囲気、ムーディな空気、だというのにメニューを見たら「何故!?」という安さ。驚きながらオーダーした記憶がある。「こういうところ、知ってる大人ってカッコいいなあ」と思ったっけ。
その時、私は恩師に、「ちゃんと残る仕事をしなさい。ぼやっとしてたら、10年くらい、すぐに経っちゃうから」と言われた。
その時、私は結構ヤングだったので、全然ピンと来なかったのだが、本当にぼやっとしたまま、実績ゼロで年をとってしまった。途方に暮れている。
ああ、そんなサントリーバーの思い出。

今更ながら、「もういっかい行きたいなあ」「もうサントリーバーなんて存在しないのかな?」と思って、
検索して調べると、なんだ、健在じゃないですか。
まずは一番有名なところ、
なんと「新宿アルタ裏」にある「サントリーラウンジ イーグル」に行ってみた。
埼玉生まれ。電子書籍『初恋と座間のヒマワリ』(リイド社刊)発売中。最近、ほぼ毎日ブログを更新していますので、良かったら読んでください。
> 個人サイト 日々の凧あげ通信アネックス

新宿ど真ん中。ほんとにアルタ裏です。
新宿ど真ん中。ほんとにアルタ裏です。
おそるおそる、古い階段を降りて行くと、そこには別世界が…。
おそるおそる、古い階段を降りて行くと、そこには別世界が…。
キャー、なんかものすごい空間だ。
キャー、なんかものすごい空間だ。
高い高い天井に、きらめくシャンデリア!
カウンターの中では、髪をポマードか何かでなでつけた、ダンディなバーテンさんたちがテキパキ働いていた。
さて、何を飲もうかとメニューを見る。
もともと普通のウイスキーでも300円代からあるのだけれど…。
バランタインが円高セールで200円!
バランタインが円高セールで200円!
に、にひゃくえん!?
いや、そんなに安くしなくても…。

しかもこの店、テーブルチャージもない。
200円のバランタインソーダ割り。
200円のバランタインソーダ割り。
飲んでみる。ごく。
高くないお酒なのに、ソーダ割りなのに、なぜか、すんごいうまい…!
ゴールデン街なんかで出される酒と、基本構成要素は同じなはずなのに。なんで!? やわらかく、飲みやすい。

バーテンさんの手先を観察してたら、ソーダ割りは、ステアー(かき混ぜること)もせず、さっとソーダとウイスキーを入れていた。何故それであんないい味に? 技術なんでしょうねえ。

オードブルを頼んでみました。1000円。イクラとか、サーモンとか、どれも美味しかったよ。
オードブルを頼んでみました。1000円。イクラとか、サーモンとか、どれも美味しかったよ。
私と友人は、確実に席に座れる時間を狙って、日曜日のオープン時に行ったんだけれども、いつも週末は混むそうだ。階段に並ぶらしい…。
でもハイタイム以外は、予約もとれるらしく、予約カップル客が結構いた。
…そうね、デートにいいかもしれない。駅近で、場所に意外性あるし、雰囲気いいし、彼女にフレッシュフルーツのカクテル(店のメニューの中では高価、だい たい1000円前後)をおごったとしても、男子は200〜300円のお酒でいいし、オードブルを頼んでも、2人分で3000〜4000円内で済んじゃう。

姉妹店、昴のほうにも行きました

イーグルのそばにある昴
イーグルのそばにある昴
昴はイーグルと姉妹店。イーグルとは、歩いて3、4分の距離で、ビルの7階にある。天井は特に高くなく、和風レストランっぽい内装で、イーグルより、比較的すいていた。
ヒキがイーグルより弱いのは、シャンデリアがないせいかな…?
ここでもバランタイン飲んじゃう。
ここでもバランタイン飲んじゃう。
こっちの店では、牛肉(1500円)頼んでみました。目の前でバーテンさんが、ネギに肉を巻き付けてくれます。バーのごはんとしては、本当に贅沢。
こっちの店では、牛肉(1500円)頼んでみました。目の前でバーテンさんが、ネギに肉を巻き付けてくれます。バーのごはんとしては、本当に贅沢。
ナポリタンも食べてみました。1000円くらいだったかな。うまし!
ナポリタンも食べてみました。1000円くらいだったかな。うまし!
かわいいコースター。
かわいいコースター。
…あまりの酒の安さに、なんか申し訳なくて、フードをたくさん頼んでしまいました(夕食がそれで済んだ)。
それでも、2軒、合計して、一人2500円くらいでした。ごちそうさまです。

中野のブリックへ

今度は、日をあらためて、10年前に行った、サントリーバーを再訪することにした。
「サントリーパブ ブリック」は、駅の本当に近く、ケンタッキーの横を入ったところにあった。
!
あいかわらず、衝撃的な値段をつけていた。いや、いくらウイスキーが利益率高いお酒といってもさ…。
あいかわらず、衝撃的な値段をつけていた。いや、いくらウイスキーが利益率高いお酒といってもさ…。
ブリックにはお通しがついていた。チョコレートと塩豆。
ブリックにはお通しがついていた。チョコレートと塩豆。
本当は角とかを飲みたかったんだけど、バランタインを飲んで、スコッチウイスキーが個人的には好きなのか〜と分かったので、スコッチにしてしました。
本当は角とかを飲みたかったんだけど、バランタインを飲んで、スコッチウイスキーが個人的には好きなのか〜と分かったので、スコッチにしてしました。
カニクリームコロッケとか頼んだりして。スペインオムレツも食べたかったな。
カニクリームコロッケとか頼んだりして。スペインオムレツも食べたかったな。
この日は平日で、店の中は、サラリーマンが多かった。ブリックは休日に営業していないので、おじさまたちが、ゆっくり、くつろぐ店なのかもしれない。
イーグルや昴は、常連と新規客が混ざっていて、ある種の「観光店」なので、独特の緊張感がただよっているけれど、ブリックは地元密着系だ。つまみメニューも多くあって、居酒屋使いしても、かまわない感じ。
しかし、ついでもらったスコッチが濃いめだったのは、気のせいだろうか。

いかしたコースター。
いかしたコースター。
酒を飲みながら、いろいろ思い出した。この自分の10年のことを。
何も出来なかった。仕事も私生活も…。
ちょっと泣きそうになったが、数百円のウイスキーで泣くのも悔しかったので、泣かなかった。
ま、これから頑張ればいいさ、と思うしかなかった。DEIRI-PO-TARU

サントリーバーは、味見バー?

一件目のバーテンさんによれば、
「(サントリーバーは)洋酒がメジャーでなかった時代に、洋酒を飲んだことない人に、洋酒を味見してもらう、というコンセプトで始めたのがキッカケなんですよ」
とのことなので、
正しい使い方は、

飲んだことのないお酒を、安く飲んで、味見して楽しむ!
混雑時は、安いからといって、無駄に長居しない!
気にいったらおうちでも買って楽しむ!

ということなのだろう。
いや、でも、今回、スコッチが好きだって分かっただけでも収穫であった。ウイスキー全般、さほど得意ではなかったので。

皆さんも行きませんか、サントリーバーへ。
そこは極上の洋酒天国ですよ!

乙女酒部・大塚より、おしらせ

以前好評を頂いた、女子に飲みやすいお酒を研究する会、通称「乙女酒部」が帰ってきました!

今度は自己流カクテル開発のほか、「ショートケーキと、樽熟ワインは合うよね」等の食べ合わせ、または酒系フェスティバルレポート、女子向けリキュール紹 介など、「乙女とお酒のライフスタイル」をテーマに、手広くやろうと思っています。(もちろん、乙女なお酒が好きな男子も、入部歓迎です)。
よかったら参加してみてね!!
 ▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓