はっけんの水曜日 2011年11月9日
 

あやしい形の道はたいてい元水路、そしてもらい泣き

あやしい小道……
あやしい小道……
地図を眺めてて気づく、明らかにあやしい形の道。それは元水路だった可能性が高い。
いきなり結論を言ってしまった。
「あやしい道」とは、まっすぐだったり、歪んでいたり、大きく湾曲していたり、周囲の道と比べると、ちょっと浮いている感じを受ける道のことだ。
そんな道を探して巡ってみる、というのが当初の予定だったけれど、まわり道がかなり多くなってしまったうえ、取材中に全く関係ない話でもらい泣きまでしてしまった……。
鳥取県出身。東京都中央区在住。フリーライター(自称)。境界や境目がとてもきになる。尊敬する人はバッハ。
> 個人サイト 新ニホンケミカル TwitterID:tokyo26

例えばこんなの

墨田区と江東区の区境のこの部分。

より大きな地図で あやしい道? を表示
立川や森下あたりは町の区画が四角い格子状なのに、一部、地下鉄森下駅を取り囲むように斜めになっている区画がある。
この不思議な斜めの区画は一体何なのか?

いきなり答えがあった

五間堀公園
五間堀公園
早速、現地に行ってみたところ、理由があっさりと判明した。五間堀公園。そう、昔ここに堀があったのだ。
川幅が五間
(約9メートル)だったのでそういう名称らしい
川幅が五間 (約9メートル)だったのでそういう名称らしい
江東区の案内看板によると、江戸時代の万治年間(1658年~1660年)ごろに開削され、昭和30年代ごろには埋め立てられてしまったようだ。
堀の跡に沿って町を区画したので、堀の部分の斜めの区画がそのまま現代まで残っているのだ。

「橋の跡はちょっと盛り上がっている」を確認

明治37年の地図を見ると、清澄通りと五間堀の交わるところは「弥勒寺橋」と呼ばれる橋があったらしい。
カタカナで「ミロクジバシ」と書いてある(「本所區全圖」博益社・明治37年)
カタカナで「ミロクジバシ」と書いてある(「本所區全圖」博益社・明治37年)
ぼくが以前発見した「橋のあった跡は道路が盛り上がっている」メソッドに従って道路を観察してみると……。
微妙だけど、盛り上がってるんです! 
微妙だけど、盛り上がってるんです! 
写真で伝わるかどうか若干不安なものの、確かに微妙に盛り上がってる。おそらく、ここが弥勒寺橋なのだろう。残念ながら、橋であった痕跡はまったくない。
北側(右)が墨田区、南側(左)が江東区 
北側(右)が墨田区、南側(左)が江東区 
ちなみに、堀の上にあった区境は埋め立て後もそのまま引き継がれたので、同じ建物でも、北側は墨田区で南側が江東区となっている建物もある。こんな建物は区境マニアには垂涎の物件だ。右側にあった洋食店はそこそこ有名な店のだったので、何か食事をしようとおもったけれど、残念なことにランチタイムを過ぎていて入店することが出来なかった。

五間堀は本当に五間あるのか?

五間あるのか? 
五間あるのか? 
ところでこの「五間堀」という名称は、皆様ご想像の通り、堀の幅が五間あったのでそう呼ばれるようになったそうだ。五間はメートルに直すと約9メートル。
マイク・パウエルの走り幅跳びの世界記録が8メートル95センチらしいので、もうちょっと頑張れば飛び越えられるかもしれない。そんな距離だ。
そんな五間堀を埋め立てたあとに作られたという五間堀公園は、今でも五間あるのだろうか?
調べてみた。
少しづつ継ぎ足しながら調べる
少しづつ継ぎ足しながら調べる
地味な写真……
地味な写真……
あいにく、9メートルもあるメジャーは持ち合わせていなかったので、2メートルのメジャーで少しずつ継ぎ足しながら何箇所か測ったところ、大体8メートルから10メートルだということが分かった。
おそらく、平均すればだいたい9メートルになるのではないか?
よく昔の例えは九十九里浜とか千畳敷といったように、数字を大げさに表現することがあるけど、五間堀は本当に約五間だった。正直な地名だ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓