はっけんの水曜日 2011年11月9日
 

リアル「けいおん!」を見にいってみた

若干ロック知識があった方がわかりやすく読めると思います。
若干ロック知識があった方がわかりやすく読めると思います。
みなさん人気漫画『けいおん!』はご存じですか?結構な話題になったので読んでなくても知ってる人もいるでしょうが、高校の軽音部を舞台にした漫画ですね。…と雑な説明なのは自分もちゃんと読んでないから。まあそれはおいといて。

その人気作はさておき「学生時代のバンド活動」というのは甘酸っぱいというか香ばしいというか、いろいろと悶々とさせるものがある。音楽が好きな人なら、学生時代バンドやった人でもやってない人でも引っかかるものがあるんじゃないでしょうか。知人で「高校生の実際の軽音部」をウォッチしている人がいるので、同行させてもらいました!
1972年佐賀県生まれのオトナ向け仕事多数のフリーライター。世間の埋もれた在野武将的スゴ玉の話を聞くのが大好き。何事もほどほどに浅く広く、がモットー。
> 個人サイト service&destroy

軽音部見る前に文化祭に緊張する

いきなりのワタクシゴトですいませんが、バンドブームど真ん中世代である自分も高校時代はバンドの真似事をしておりました。文字通りのコピーバンド。

ただし九州のド田舎では近所にライブハウスなんて小粋なものはなく、ライブというと地元の町民会館みたいなところで一回やったんだっけ。まあそんなレベル。

自分にとってバンドというのは、熱くもなりきれなかった思い出。しかしずっと音楽そのものは聞き続けてるのもあって、届かぬアコガレでもある。とはいえ学生時代なんてのは届かぬどころか架空の話くらい遠い存在であられけるよ…。

という事は考えれば気づくけど、普段はそんな考えもしない。それをふと思い返したのは知人のライター・成松哲さんがこんなミニコミを送ってくれたから。
けいおん!は実在する!というかいわゆる軽音部。
けいおん!は実在する!というかいわゆる軽音部。
『kids these days!
vol.1 いまどきの10代に聞いたリアルな「けいおん!」の話。』
は成松さんが文化祭やティーン向け音楽フェスに足を運び、リアルな高校生の音楽シーンを調査すると共に、気になったバンドへのインタビューをまとめたもの。「都内・都下14校の文化祭バンド75のコピー曲全セットリスト」とか見てるだけでスゲエ面白い!今の16〜18歳はこういうの聴いてるのかー。
学祭セットリストも収録。
学祭セットリストも収録。
こういった統計がまた面白いのです。
こういった統計がまた面白いのです。
その2010年版が上の本なのですが、今年も成松さんはその調査を行っているという。まさに今学園祭シーズンだけにほぼ毎週末の勢い。ぜひそれは自分も見てみたい!と同行させてもらうことにしました。
ということで成松さんと高校へ。男2人は怪しくないか?
ということで成松さんと高校へ。男2人は怪しくないか?
成松さんと待ち合わせてうかがったのは、千葉県浦安市の東海大学付属浦安高等学校。9時過ぎに到着するように駅で待ち合わせてバスで向かう。

「前日にタイムテーブルとか出るわけじゃないんで、行ってみないと軽音部の演奏が何時ごろからあるかわかんないんですよ。行ってみたら3バンドくらいしか出なかったりとかもありましたしね」

最近は学校の公式サイトなんかもあるけども、さすがに文化祭の全タイムテーブルがpdfで落とせますよ、なんてところまではいかない。とはいえ成松さん情報によると今日の高校は「レベルが高い」という前評判だそう。
文化祭に到着。「建学祭」ていうんですね。
文化祭に到着。「建学祭」ていうんですね。
行くと決まってあらためて思い出したのだけど、自分が通った中学高校は「体育祭」はあっても「文化祭」はなかった。なので文化祭初体験!クラスの出店とか校門すぐ脇にあったりしてワキャワキャしている。眩しいなー。

到着してさっそくスケジュールを調べてみると、軽音部の演奏までは1時間近くあるらしい。ということで校内をぶらぶら見学させてもらうことに。
校内には客引きのチラシがいっぱい。
校内には客引きのチラシがいっぱい。
賑わってる校舎内をパシャパシャ撮るのも悪いなあ、と思って写真は撮らなかったんですが、ひとことで言えば「これが…文化祭かっ!テレビで見たことあるッ!」て感じでしたねえ。30代にはない恐るべきキャッキャ具合。

クラスでおそろいのTシャツ着て、ダンボール製の看板持って客引きして…普段は個性なきアイボリーな壁や階段にチラシがどうかと思うくらいに貼られまくったハレの日モデル。それがさらなる狂騒を誘うのだろうなあ。
クラスがやってる喫茶店でしばし時間を潰す。
クラスがやってる喫茶店でしばし時間を潰す。
しかし成松さんの学校入る時のスンナリ具合に驚いた。校門くぐって受付に向かい、スリッパとパンフをもらって後は適当にぶらり。そりゃ何十校も取材してるんだからいまさらドキドキして入ることもないだろうが。

「もう親の年代ですからねえ。でも入ってみるとぜんぜん空気みたいな扱いでしょ?男ふたり何だろこの人、って思われてるのかもしれないけど売り込みとかもそんなに来ないんですよね」

実際のところ生徒たちもお店やってるといっても実際内輪で楽しんでる雰囲気丸出し。こっちの方が妙に緊張してるくらいのもんで。とはいえじわじわ伝わってるアゲな空気はなんか面白いぞ。「何でオレここに居るんだろ?」な空気も含めてなんか楽しい。

というところで体育館の方でライブが始まる時間に。さてリアルけいおん!の演奏はいかに?

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓