ロマンの木曜日 2011年11月10日
 

秋の企業のお祭り 〜モノレール・製鉄所・車両基地〜

いつも乗ってる電車ともふれあえるチャンス。
いつも乗ってる電車ともふれあえるチャンス。
毎年、10月、11月の週末というのは忙しい。
日ごろお世話になっているあの企業やあの企業が、あっちこっちでお祭りを開催するからである。
関係者以外立入禁止の場所にいろいろ入れちゃったり、すごい展示物が見れちゃったり、とにかく興奮するシーズンなのだが、なにぶん年に1回のチャンス。余すところなく楽しむためのポイントをここにまとめよう。
1984年うまれ、石川県金沢市出身。邪道と言われることの多い人生です。東京とエスカレーターと高架橋脚を愛しています。
> 個人サイト 東京エスカレーター 高架橋脚ファンクラブ

車両基地がかっこいい、ちばモノレールまつり

千葉の駅前から新興住宅地の千城台までを走る千葉モノレールでは、毎年10月の「千葉県民の日」に合わせて祭りを開催する。この祭りのいちばんのポイントは、開催される場所だ。千葉モノレールの、あの車両基地に入れちゃうのだ。電車のお祭りが車両基地で開かれるのはいたって普通のことなのだが、千葉モノレールの場合、その車両基地がめっぽうかっこういいのである。
最寄り駅は千葉動物公園駅。駅の動物園じゃないほうの出口を出るとすぐにこんな感じである。かっこいい。
最寄り駅は千葉動物公園駅。駅の動物園じゃないほうの出口を出るとすぐにこんな感じである。かっこいい。
この真ん中のレールがぐぐいと右に曲がって行く先が、いよいよ千葉モノレールの車両基地。
でた、鉄道には真似の出来ない豪華2階建て車両基地。
でた、鉄道には真似の出来ない豪華2階建て車両基地。

ちばモノレールまつりの見どころ1:フランクな模擬店

上の写真、超かっこいい車両基地の前にならんでいる青白のテントは、仲間である各鉄道会社の出店する模擬店になっていて、マスコットキャラクターのグッズなどを売っているのだが、この中でもいちばんとばしているのが主催者である千葉モノレールだった。
無造作におかれているパンタグラフ。15,000円。
無造作におかれているパンタグラフ。15,000円。
夏の制服。旧タイプの放出品で、300円。
夏の制服。旧タイプの放出品で、300円。
いかにもプライスレス、というものにフランクに値段がついていて戸惑う。鉄道にあまり詳しくないのだがパンタグラフを売る、というのは一般的なことなのだろうか。そして15,000円は適正価格なのだろうか。わからないことだらけだが模擬店は盛況であった。

ちばモノレールまつりの見どころ2:オリジナルのプラレール小屋

そしてちばモノレールまつりでもうひとつ、見逃してならないのはこの小さな小屋である。
そしてちばモノレールまつりでもうひとつ、見逃してならないのはこの小さな小屋である。
中に入るとこんな桃源郷が!!
中に入るとこんな桃源郷が!!
動画もどうぞ ※音が出ますが、ちびっこたちの大歓声がほとんどです。
プラレールのレールを縦につかって走らせるモノレールは、一度発売されたもののそのあと長らく販売中止。現在は東京ディズニーリゾートラインモデルがディズニーランド限定で販売、2010年には湘南モノレールモデルが販売開始したようだが、ここには懸垂式(ぶらさがって走る)&跨座式(レールの上を走る)の両タイプがそろっているだけでなく、現在現役の日本のモノレールすべてのモデルがそろっているのである。並々ならぬ情熱。
こちらが懸垂式の千葉モノレールモデル。じつに精巧だ。
こちらが懸垂式の千葉モノレールモデル。じつに精巧だ。
この6畳ほどの小屋内はおすなおすなの大盛況なのであるが、大概のライバルは自分の半分の身長しかないので撮影には困らない。
この6畳ほどの小屋内はおすなおすなの大盛況なのであるが、大概のライバルは自分の半分の身長しかないので撮影には困らない。

ちばモノレールまつりの見どころ3:車両洗浄体験(事前予約制)

電車のお祭りで欠かせないイベントのひとつは車両洗浄体験。
この洗浄機に、車両に乗ったままつっこんでいける。
この洗浄機に、車両に乗ったままつっこんでいける。
電車に乗ったまま車両あのガソリンスタンドの車両洗浄機が好きで好きでたまらなかった子ども時代を思い出すに、これは大興奮のイベントなのだが、ちばモノレールの場合は事前予約制。しかし、外から見ていても十分に面白いのであった。
車両基地でしかありえないこの低空走行をとくとご覧あれ。
車両基地でしかありえないこの低空走行をとくとご覧あれ。
動画はこちら ※音が出ますが、隣のステージで行われていたアマチュアバンドステージの音なのであまり関係ありません。
じつに素敵でした。
じつに素敵でした。
ちばモノレール祭り攻略ポイントまとめ:
その1:とてもかっこいい車両基地にすごく近づける
その2:プラレール小屋を見逃すな
その3:車両洗浄体験は要予約

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓