ロマンの木曜日 2011年11月10日
 

まっすぐな道

向こうまでまっすぐな住宅街の道
向こうまでまっすぐな住宅街の道
まっすぐな道が好きだ。

それも細ければ細いほどいい。二車線よりは一車線。一車線よりは歩道。

ただ、実際に見てみるとそれはただの道なのでなかなか共感を得づらいかもしれない。まっすぐな道の魅力をできるだけ紹介したいと思います。
1976年茨城県生まれ。地図好き。好きな川跡は藍染川です。
> 個人サイト ツイッター(@mitsuchi)

三軒茶屋にあるまっすぐな道

何はともあれ、まずはまっすぐな道の実例を紹介したいと思う。こんなのです。
向こうまで道が続いてる
向こうまで道が続いてる
これは、三軒茶屋のキャロットタワーのあたりから西のほうへずっと伸びている道。向こうに車があって分かりにくいけど、信号の向こうもずーっと道が伸びている。
地図で見るとこんな感じ。三軒茶屋から弦巻まで、1km以上の道を、とくに太いわけでもない一車線の道が続いている。
もうちょっと西へ進んだ場所から。こんな道が1km以上続いている。
もうちょっと西へ進んだ場所から。こんな道が1km以上続いている。
こうやって見るとまあ、ふつうの道なんですよね。

でもこういう道に立って、道の先を見ていると、ちょっと怖いような、どきどきするような気持ちになることがある。それは、この先に自分の知らない町がどこまでもどこまでも続いているということを感じてしまうからかな、と思う。
これは逆にくねくねした道
これは逆にくねくねした道
一方で、くねくねして先が見えないような道の場合、この先を進むとどこに行くんだろう?ちょっと行ってみたい思わせるようなところがある。

それに比べて、まっすぐな道で先がずーっと見えていると、いったいどこまで続いているんだ、怖い、みたいな気持ちがちょっと入ってくる。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓