チャレンジの日曜日 2011年11月13日
 

昔のカセットがキツすぎる

!
音楽!!

みんな
いろいろ聴いているかと思いますが、
最近では
音楽メディアも進化し続けておりまして、
アイポッドなどの
携帯オーディオプレイヤーのように
なんかチャラチャラした感じに
なっているものかと思います。

でも、その昔はというと、
音楽を聴くためには
誰もがみな
カセットテープを
使っていたものかと思います。

カセットテープ。

懐かしいですよね。

というわけで
音楽好きな我々としても
初心に返るために今回は、

そんなカセットテープを
「カセットあるある」とともに
フィーチャーして
しまいたいと思います!!


(とくに昭和という時代を駆け抜けた方
向けの内容になっております。)
多摩在住のイラストライター。諸メディアにおいて、フマジメなイラストや文章を描くことを専門としながらも、昼は某出版社でマジメな雑誌の編集長をしたりするなど、波乱の人生を送った後に、新たなるありのままの世界へ。そんなデイリーポータルZでのありのままの業務内容はコチラを!
> 個人サイト ヨシダプロホムーページ

!
というわけで
突然ですが
実家にて。
!
自室の
本棚の
その上の方にて、
!
それは
ほこりをかぶって
眠っていたのですが、

それがこの
!
カセットテープたち
でございます。

あら懐かしい。


それにしても
あまりの古さで、
かなりの
ホコリっぷりでございまして、
!
できれば一切触れずに
このまま元の所にしまいたいところ
ですが、

それでは今回何も起こらないので
!
なんとか手を出して、

なんとか取り出してみたいと思います。
!
そうそう
カセットテープ
こんな感じでね。


ほどよく大きくて、
文字通り
テープで構成されている形状でね。

平成のボーイズ&ガールズな方にとっては
もしかしたら初見な方もいるかもしれませんが、
昭和という激動の時代を駆け抜いた我々
団塊ジュニアにとっては、
音楽メディアとして
なんとも慣れ親しんでいた
ビジョンではないかと思います。


ちなみに
こんなカセットテープ、
一体コレで
どのように音楽が聴けるのかというと、
!
たとえばこんな
ラジカセデッキにて
(これは小さくてマシな方ですが当時はもっとバカデカいモノも!)
聴くことができるものでして、
!
ガチャッと開けて
!
ガチャッと入れて

!
ガチャっと閉めて

!
ガチャッと再生ボタンを押しますと…
!
♪!!


あらまぁ♪

って感じで
見事に音楽が
!
聴 こえてくるように
なるものなのでございました。


平成のボーイズ&ガールズにおいてはただただ
苦笑
かもしれませんが、
当時はみんな
こんな音楽視聴スタイルが
普通だったりしたのでした。


と、そんなカタチで
音楽を楽しむことができる
このカセットテープなのですが、

ちなみに最近の現代社会においては
音楽がデータ化されて
大量な曲数の音楽を取り込めながらも、
!
こんな小さく
シュッとしたクール&スタイリッシュな形状なもので
音楽を楽しむように
なってしまっているものでございまして
!
なんとも嘆かわしいことでございます。
いや
別に嘆かわしくはないです。
ミスチルですしね。



でも
そんな音楽的利便性におぼれて
いつまでもチャラチャラしているわけにもいかないかと思いまして、
音楽好きな我々としても
そろそろ
初心に帰るべきかと思いますので
このたびは
!
そんな
カセットテープをもとに
(当時我らにおいてもありがちだった「カセットあるある」とともに)
我らの
古き、良き、キツき
音楽ライフを
振り返っていくことにいたしましょう!!
!
!

ではまず最初
レベル10のカセットあるある
ということで、
みなさんにおいても
よくあったであろう
カセットの思い出がこちら。

カセットテープっていうのは
主には
46分とか60分とかで
録音時間が決まっていたかと思いますが、

あるアーティストの
アルバムとかをまるまる録音したら、
ちょうどその時間ピッタリになることはまずなく
テープに多少空いている時間ができてしまう
ということがよくあったかと思います。
!

そんなときは
空いたママ
無音のママにしておくもなんなので、

とりあえず
「何か埋め草的に曲を入れとくか」
という行為に走ってしまうことは
よくあったかと思います。
きわめてカセットあるあるですよね。

ってことで
ごたぶんにもれず
僕もそうしてしまっていたわけですが、

ちなみにカセットのケースの裏側には
インデックスとして
録音した曲を自分で書き記せるようになっていたものでして、
こちら

!
基本的には
ドリカムのアルバムが録られた
テープのようなのですが、
(OLでもない男子がドリカムを聴いていた事実はさておき、)

その内容の
最後のほうを
注目してみましたら、

!!
!

「LADY NAVIGATION」。

チョー
B'z

ってことでね。

ドリカムとりあえず入れたけど
ちょっと時間が空いちゃったから
何か入れようと思ってしまったわけですが、
ビーゼットでしたね。

いくらなんでもこれ
音楽性違い過ぎです。

こんなに統一性がないと
リスナーのみなさんもさぞ戸惑ってしまうことでしょう。
まぁリスナーは僕以外にないのですが。

空いてたところを何かで埋めるというのはしょうがないとしても、
全体をトータルで見るプロデューサー的視線は
やや欠けていた子ども
だったとは言えるでしょう

ただただ
そんな自分を
恥じます。



ではなんとか気を取り直して、
まだまだカセット振り返っていきましょう!!


 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓