ひらめきの月曜日 2011年11月14日
 

鍋つゆでカレーを作る

パックの鍋つゆで作ったカレーやスープが手軽でおいしいと、そういう記事です
パックの鍋つゆで作ったカレーやスープが手軽でおいしいと、そういう記事です
今から4,5年前ごろからか「カレー鍋」というメニューをよく耳にするようになった。

聞いてすぐに私は「それはただのカレーなのでは」と思ったのだが、「いや、鍋っす。れっきとした、鍋っすよ」という具合でいまやスーパーではパックの鍋つゆコーナーでも普通の顔して幅をきかせている。

で、このレトルトの鍋つゆ。カレーのほかにも「チーズ鍋」やら「トマト鍋」やら、いやそれは鍋というよりもシチューなんじゃないでしょうかという面々であふれかえっているのだ。

やつらは鍋の皮をかぶった普通のカレーやシチューなんじゃないか。いまこそ化けの皮をはがしてやろうじゃないか。
1979年東京生まれ、神奈川、埼玉育ち、東京在住。Web制作をしたり小さなバーで主に生ビールを出したりしていたが、流れ流れてニフティ株式会社へ入社。趣味はEDMと先物取引。
> 個人サイト まばたきをする体 Twitter @eatmorecakes

鍋つゆコーナーの遠慮ない洋風化

まずはどんな鍋つゆがあるかしらねとスーパーへ。鍋つゆの洋風化は予想以上だった。

水で割らずにそのまま鍋に移して使えるストレートタイプの鍋つゆというもの自体が登場してまだ数年かと思うのだが、そのなかでも洋風の商品が半分弱を占めている。
迫力のなべつゆコーナー
迫力のなべつゆコーナー
そしてその半分が洋風つゆ!
そしてその半分が洋風つゆ!
見てみると、存在を知っていた「カレー鍋」「トマト鍋」「チーズ鍋」に加えて「カレーチーズ鍋」「カレートマト鍋」「じゃがバター鍋」さらには「ポトフ鍋」というものまである。

思った以上の事態だ。「鍋」という日本の食文化に対してまるで遠慮なく洋風の風が吹き荒れている。
鍋としておなじみの和風だし(あとキムチ鍋)はむしろ棚の下にひっそり展開
鍋としておなじみの和風だし(あとキムチ鍋)はむしろ棚の下にひっそり展開
そりゃあ、そもそも「鍋」というものは鍋を囲んで食べるから「鍋」なのであって、和風でなければいけない決まりはないとは思う。

でも、それにしては既存の鍋のイメージに対して遠慮が無さ過ぎやしないかと思うのだ。

「鍋奉行」とは鍋を仕切る人のことだが、鍋奉行さんという人物が存在したらこの洋風化で慣れない仕事に今ごろ腰をやってるかもしれないぞ。
メーカーがかぶらないように4種買ってきた。「ごま豆乳鍋」はまあまあ和風だが、以前食べたらすごくホワイトシチューっぽかったのでエントリー(この4種のほか、最後に寄せ鍋つゆも追加しました)
メーカーがかぶらないように4種買ってきた。「ごま豆乳鍋」はまあまあ和風だが、以前食べたらすごくホワイトシチューっぽかったのでエントリー(この4種のほか、最後に寄せ鍋つゆも追加しました)

洋風だけど「鍋」のなぞ

これらの鍋つゆ、洋風なのだから鍋を名乗らなくてもいいんじゃないかとも思うのだが、「鍋」として売っているのには理由があるらしい。

トマト鍋が流行する以前、同様の商品をパッケージイメージや味付けなど洋風全開で売り出したメーカーがあったが、あまり売れなかったそうなのだ。

その後、子どもの口に合うように再度開発、「鍋料理」であることをアピールしてブレイクに結びついたという。
そんなトマト鍋つゆと、豆乳鍋つゆからシチュー化していきましょう
そんなトマト鍋つゆと、豆乳鍋つゆからシチュー化していきましょう

あえて概念を打ち破らない

確かに、鍋料理であれば洋風であれ食卓に鍋ごと出してもズボラにはならず、手軽だ。

それで鍋の概念をあえて打ち破らず、無理やり鍋の概念に溶け込もうとしているということだろうか。

そしてその無理やりさが、ここへ来てじわりじわりと破綻を始めているような気がするのだ。
だって「完熟トマト鍋」パッケージ、ピザ鍋で「フォンデュ風!」って、鍋の胸を借りすぎだろう
だって「完熟トマト鍋」パッケージ、ピザ鍋で「フォンデュ風!」って、鍋の胸を借りすぎだろう

鍋つゆでシチューを作る

なにしろ、鍋つゆの顔をしていても所詮は洋風である。どう考えても鍋というよりシチューだ。

シチューの具を入れて、シチューとして作ってみよう。
材料は、シチューの定番、玉ねぎ、にんじん、じゃがいも、ブロッコリー、鶏肉
材料は、シチューの定番、玉ねぎ、にんじん、じゃがいも、ブロッコリー、鶏肉
トマト鍋はつゆに同量の水を足して割り、豆乳鍋つゆはストレートのまま使う商品だった。

どちらも、パッケージには沸かしたところに具を入れるように書いてある。
にんじんもたまねぎも、炒めさせないのが鍋料理
にんじんもたまねぎも、炒めさせないのが鍋料理
シチューとして作るなら具は先に油で炒めるところだが、今回はパッケージにしたがって沸かしたところに直接入れることにした。

これでシチューができちゃったら相当だぞ。もう鍋つゆって呼ばないからな。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓