土曜ワイド工場 2011年11月19日
 

11月11日は立ち呑みの日

今年の立ち呑みの日は、新橋で飲み歩いてみました。
今年の立ち呑みの日は、新橋で飲み歩いてみました。
11月11日は「立ち呑みの日」だそうで、4枚つづりのチケットを購入して、イベントに参加している立ち呑み屋をまわりましょうという大人のオリエンテーリングがおこなわれている。

初開催となった去年は、京成立石駅周辺のみというディープなエリア限定のイベントだったが(その記事はこちら)、今年は新橋、神田、北千住など、都内10地域を舞台におこなわれた。
趣味は食材採取とそれを使った冒険スペクタクル料理。週に一度はなにかを捕まえて食べるようにしている。最近は製麺機を使った麺作りが趣味。
> 個人サイト 私的標本 趣味の製麺

事前調査がすでに楽しい

昨年は京成立石界隈だけだったので、どの店に行くかだけをなんとなく考えればよかったが、今年はまず10地域(参照)から選ばなければならない。

立石は去年回ったし、北千住はこの前行ったし、中目黒は似合わないし、三軒茶屋は家から遠いしと、いろいろ悩んでしまうのだが、この悩んでいる時点ですでに楽しい。
駅に着いて、とりあえず胃に物を入れながら、どの店を攻めるか一人で作戦会議。すでに至福。
駅に着いて、とりあえず胃に物を入れながら、どの店を攻めるか一人で作戦会議。すでに至福。
結局、参加店が多い方が楽しいだろうと、31店もが参加するサラリーマンの聖地、新橋をセレクトしてみた。新橋で呑むという行為に、昔からちょっと憧れていたのだ。

もしかしたら、日本シリーズ勝敗予想の街頭テレビインタビューをされるかもしれない。それっぽいスーツを着てこようかと思ったが、寒いのでやめた。

イベントのルール説明

まずやってきたのは博多流というお店。明日から日本シリーズということで、ソフトバンクファンで溢れているかと思ったら、そうでもなかった。

一年振りのイベントなので、どんなルールだったかなと思いだしながら、参加店で売っている4枚綴りの2000円券を購入。
新しいっぽいけれど、なんだか雰囲気のあるお店。さすが新橋の博多。
新しいっぽいけれど、なんだか雰囲気のあるお店。さすが新橋の博多。
チケットは4枚綴りなので、一人酒なら4件回ることができる。
チケットは4枚綴りなので、一人酒なら4件回ることができる。
そうだそうだ、これを1枚出すと、お店によって違う、その日だけの限定セットがでてくるんだった。

このなにが出てくるかわからない福袋感覚が楽しいんだよね。

ちなみに去年は追加オーダー禁止だったが、「酔っぱらいにルールは適応できない」という反省から、細かいことはお店の判断に任せることになったらしい。
今シーズン初の焼酎お湯割りにしてみた。
今シーズン初の焼酎お湯割りにしてみた。
どれもうまいが、特にこのレバーがうまかった。
どれもうまいが、特にこのレバーがうまかった。
ここの店は、焼酎一杯に串焼き三本と生キャベツがでてきた。500円分のチケットなので、かなりお得なセットだと思う。

あまり飲み歩く習慣がないので、立ち呑み屋にくるのは去年のイベント以来だったりするのだが、ガヤガヤした空間で、立ったまま飲み食いをするという、日常からちょっと外れた感じがやっぱり楽しい。私の文章は「楽しい」という文字がやたらと多い。

事務局の人に話を聞いてみた

ここで先に呑んでいた、イベントの事務局をやっている南さんと合流。お互いが酔っぱらう前に、なんとなく趣旨などを立ち話で聞いてみた(立ち呑み屋だから)。
左が南さん。右が私。撮影は編集部の安藤さん。
左が南さん。右が私。撮影は編集部の安藤さん。
事前に置かれたこのパンフレットで、このイベントを知った人が多かったようです。
事前に置かれたこのパンフレットで、このイベントを知った人が多かったようです。
玉置:去年は立石だけでしたけれど、今年は規模が大きいですね。

南:(渋い声で)去年立石でやったイベントがやっぱり面白いなと思って、今年は100年に一度の1が6つ並ぶ年だから(2011.11.11)、事務局を作ってガッチリやってみようかなと。

玉置:どうやって130店も集めたんですか?

南:僕が一軒ずつ飲んだ。300店くらい。一軒もチェーン店がないんですよ。全部個人店。

玉置:よく生きてましたね。

南:立石はほとんどのお店を知っているのでスムーズだったんですけれど、他のエリアは一店、二店知っていている位。こんにちはっていっても相手してくれませんから、とりあえず客として呑んでコミュニケーションとって、こういうのやるんだけれどっていって、もう一回行って。だから二回ずつくらい。

玉置:呑み代が半端なく掛かりそうですね。

南:目に見えないお金がスルスル出て行きました。立ち呑み屋ってキャッシュオンデリバリーが多いから、領収書くださいっていうの、なんかかっこ悪いじゃないですか。イキじゃないでしょ。

玉置:会社の金で呑みに来たのか、みたいな。

南:だから身銭で呑んでいたけれど、最後の方は「ごめんね、かっこ悪いけれど」ってもらってた。
なんだか南さんの肝臓とか懐を心配したくなるエピソードである。それにしても300軒って、立ち飲みとはいえすごいな。

そんな苦労話を聞いた上で、私はただのイベント参加者として、なにも考えずに楽しい酒を飲もうと思う。

話はもう少し続きます。
このイベントを楽しみにしていたという隣の人に、新橋最高峰の立ち呑み屋を教えていただいた。次はそこだ。
このイベントを楽しみにしていたという隣の人に、新橋最高峰の立ち呑み屋を教えていただいた。次はそこだ。
イベントのチケットを持っている人同士だと、同じ野球チームの帽子をかぶっている位の親近感があるよ。
イベントのチケットを持っている人同士だと、同じ野球チームの帽子をかぶっている位の親近感があるよ。
玉置:そこまでしてやるイベント、一番の趣旨はなんですか。

南:この立ち飲みのライブコミュニケーション。席があると固定されちゃうので、隣の人って決まっちゃいますよね。だけど立ち飲みであれば、次の店に行けばいい。一軒いって、もう一軒いって、いろいろな人に会える。スペインのバル文化みたいに、そういう飲み方のスタイルを広げたい。

玉置:店を変えることが、席替えタイムみたいな感覚なんですかね。

南:店を出なくても、席が決まっていないから、トイレ行ったあとなんかに、話したいところへグラスを持ってちょっと移動もできるでしょ。

玉置:確かに。前回も溶け込みすぎて、どこまでが知り合いなのか、自分でわからなくなる時がありました(主に酔っていたから)。

南:地元の立石だと、必ず一晩に三、四件いくけど、どこにいっても知っている顔が少しずついる。飲み屋でたまにあうくらいの知り合いが楽でいいんです。名前も知らないし、仕事も知らないし。聞かないですもん。

玉置:お店の人ともそんな感じですか?

南:みんな会社で密な関係があるのに、ここでも密だと非常につらいですね。だから軽い感じで、忙しければ話さない。「ちょっととってもらえます?」くらいの会話でいいんです。「久しぶりだね」っていわれて、それっきりだったりするけれど、それでいいんですよ。
南さん、すごい。なにがすごいって、話を聞いていたら、飲み歩くことに対する罪悪感がどんどんと薄れていったのがすごい。

撮影係兼話し相手としてきてもらった安藤さんと二人で、「こういう呑み方をしたいよね!」と誓いあい、二軒目へと向かった。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓