ロマンの木曜日 2011年11月24日
 

雑草のハトムギでお茶とご飯を作る

!
みんな聞いてくれ、ハトムギがジュズダマなんだ。
ジュズダマがハトムギなんだ。
ああ、何て言ったらいいんだろう。
とりあえずハトムギから説明します。
そのあとジュズダマでお茶とご飯を作ります
1978年、東京都出身。漂泊の理科教員。名前の漢字は、正しい行いと書いて『正行』なのだが、「不正行為」という語にも名前が含まれてるのに気付いたので、次からそれで説明しようと思う。
> 個人サイト まさゆき研究所 新棟

これがハトムギ。

♪はと麦・玄米・月見草〜のCMソングで有名。
♪はと麦・玄米・月見草〜のCMソングで有名。
でも名前は有名だけど、見たことがある人は少ないんじゃないだろうか。
そういう僕も、この記事で調べるまでは、ハトムギの見た目なんて知らなかった。
思ったよりも大粒だな、という印象を受ける。
1袋、580円です。
1袋、580円です。
さてこのハトムギは、すでに殻とか皮を除去された状態なわけなんだけど、殻が除去される前はどんな状態なのか。
答えはこれである
殻付きハトムギ。あまり「麦」っぽく見えない。
殻付きハトムギ。あまり「麦」っぽく見えない。
ビールの缶に描いてあるようなものを「麦」と認識している僕らは、え、これが麦なの?という思いを抱いてしまう。
なんだか黒々としたルックスで、雑草の実みたいだ。

そうです、雑草の実なんです。

てゆうか知っている人なら、上の写真を見た瞬間に、こう思っただろう。
「これ、ジュズダマそっくりじゃない?」と。
似過ぎだ。僕にはジュズダマにしか見えない。
似過ぎだ。僕にはジュズダマにしか見えない。
ジュズダマとは、日本各地にふつうに生えている雑草で、その実に糸を通して遊べる楽しい植物だ。
こんな雰囲気の植物。黒くなった実で遊ぶ。
こんな雰囲気の植物。黒くなった実で遊ぶ。
そういう僕も、幼い頃はジュズダマ遊びが大好きで、姉や祖母とネックレスを夢中で作った。この歳になっても、ほわっと胸に残る平和な思い出である。
で、これ、めちゃくちゃ似てるなぁと思って調べてみたら、驚くことに、ハトムギとジュズダマは同じ植物だと書いてあったのだ!
「ジュズダマを品種改良して、作物化したのがハトムギ」
「ジュズダマを品種改良して、作物化したのがハトムギ」
なんですと!
なんですと!

さっそくジュズダマを探しに出る

ジュズダマがハトムギの正体だと知って興奮した僕は、すぐさまジュズダマを探す旅に出た。

しかし、ジュズダマの発見は困難を極めた。
ジュズダマは湿地に生えていると読んだが、川沿いを探しても沼沿いを探しても生えておらず、霞ヶ浦の広大なレンコン畑まで向かったが、見つかる気配すらなかった。
ここ、めっちゃ湿ってたんだけど、全然生えてなかった。
ここ、めっちゃ湿ってたんだけど、全然生えてなかった。
思えば幼い頃だって、いくらでも生えているわけではなかった。
新宿御苑という公園の奥、裏山みたいな草むらに生えているのを知っていて、秋になるとそこへ取りに行くのが、僕の特別な行事であった。
そして、そこ以外で生えている場所を僕は知らない。
新宿御苑の奥の方。ほんとは取っちゃダメだったらしい。
新宿御苑の奥の方。ほんとは取っちゃダメだったらしい。
そして茨城に住んで14年。ジュズダマを見かけたことは一度も無い。
そう考えると、もう僕は20年以上もジュズダマを見たことが無いのだ。本当は生えているのに、見落としているのではないか?
そんな疑問も湧いてきたが、答えはNoである。
違う、これもジュズダマじゃ無い。
違う、これもジュズダマじゃ無い。
子供の頃、あんなに夢中になったジュズダマの葉を実を、見逃すわけがない。
叔父が草の先を引き下げて取りやすくしてくれたその葉っぱを、僕はありありと覚えている。
一目だけで判別する自信が僕にはある。(そして、ここにも無い)
一目だけで判別する自信が僕にはある。(そして、ここにも無い)
秋風の中をうろつき回っていたら、当然のように風邪をひいた。いいかげん心が折れてきた。
そんな折、当サイトのライター・玉置さんに「うちの近くにあるよ」と教わり、あきらめて埼玉まで行くかと思って日々を過ごしていた。
ところが、思いがけず電車に乗っているとき、僕の目の前を見憶えのある葉っぱが通り過ぎたのである!
え!? この葉っぱはもしかして!?!?
え!? この葉っぱはもしかして!?!?

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓