ロマンの木曜日 2011年11月24日
 

雑草のハトムギでお茶とご飯を作る

ジュズダマを手早く割る、たった一つの冴えた方法

炊飯(炊ジュズダマ)にあたり、最大の難点は、堅いジュズダマの中身を、いかに効率よく割って集めるかである。
この点に関し、極めて高効率で回収できる方法を開発したので紹介したい。
まずプライヤーを用意して下さい(ウォーターポンププライヤ)
まずプライヤーを用意して下さい(ウォーターポンププライヤ)
この器具はプライヤーといって、全力でつかんでも、挟み口にすき間ができるので、粉々になることが無い。
安いものは100均でも売っている。
1.お尻から4割のところをつかむ。
1.お尻から4割のところをつかむ。
これで、ジュズダマのお尻から4割ぐらいのところを強くつかむ。
運が良ければこれ一発で殻が取れるが、そうでなくても深めに傷が付く。
それぐらいでいい。
2.90度回転して、もう一度つかむ。
2.90度回転して、もう一度つかむ。
続いて、ジュズダマを90度回して、同じようにつかむ。
すると大体の場合、図のように、中ほどにきれいにヒビが入り、殻がすぽりと取れる。
あとはイージーだ。
すぽり。あとは針でつついて中身を出す。
すぽり。あとは針でつついて中身を出す。
上から針金でつつけば中身は出てくる。
慣れれば15秒ぐらいで、取り出しまでできる。
ちなみにプライヤーは、ギンナンの殻割りなどにおいても活用できるので、ぜひ一個備え付けておくといい。
飢饉でジュズダマを食べなければならないとき、一家を飢えから守ってくれるだろう。
だいたい20分で、これぐらい取れる。
だいたい20分で、これぐらい取れる。

ジュズダマは圧力鍋で炊く

そして1時間半かけて、これだけのジュズダマ玄米が集まった。
左)集まったジュズダマの玄米  右)それに相当する量のジュズダマ
左)集まったジュズダマの玄米  右)それに相当する量のジュズダマ
もう指先が超痛い。
もう指先が超痛い。
これ、実験始める前は、コーヒーミルで割れば取れるだろうと考えていたので、想定外の苦労であった。
最初、コーヒーミルでも試したのだが、鬼のように堅い殻は割れず、ミルが「ゴギッゴギッ!」と折れそうな音を出したのでやめた。
これに比べればハトムギの殻なぞは全く薄く、「はと」という名を冠したくなるのも分かる気がした。ぐるっぽ―ぐるっぽー!
(ガッテンガッテン!のイメージで)
一晩、水に漬ける。
一晩、水に漬ける。
小さい土鍋に仕込み、丸ごと圧力鍋に入れる
小さい土鍋に仕込み、丸ごと圧力鍋に入れる
約30分、炊き上げる。シュンシュンシュン!
約30分、炊き上げる。シュンシュンシュン!
さて、玄米は圧力鍋で炊くのが一番おいしいと教わったことがある。
今回はそれに従って、土鍋と圧力鍋を併用して炊いてみた。殻むきに成功した分だけ、今回は失敗したくない。
そしてこれが『大自然ハトムギ』ブランドの、最後のビジネスチャンスでもある。
炊きあがれ、ジュズダマ!

炊き上がったジュズダマ!

30分後。
鍋を開けるとジュズダマはこんなルックスになっていた。
オウ……。オオゥ……。
オウ……。オオゥ……。
何とも判断が付かない。
見た目は悪くなさそうだが、お茶のときにルックスで騙されてしまっているため、こちらの警戒心も強くなっている。
ここは勇気を出して、さっそく食べてみる。
味は……味は……
味は……味は……
おお、意外とうまい。
おお、意外とうまい。
思ったよりもいける。
米とはまた全然違った食感なのだが、玄米に似た香ばしさがあって、おいしい。
味にコクもあり、香りも含めて、クルミとか、茹でピーナッツを食べている感じに近い。
うまい。
こちら、炊いたハトムギ。味は……。
こちら、炊いたハトムギ。味は……。
さらに言えば、炊いたハトムギよりずっとうまいと感じた。ハトムギの方は、なんか独特の臭気というか、微妙な風味があった。
1993年の凶作のとき、輸入されたタイ米が「臭い、まずい」と散々な中傷を受けたが、あの独特の匂いに近い。
その炊ハトムギに比べれば、炊ジュズダマの方がずっとずっとうまい。
僕にはそこに、ビジネスの光が見えた!

DPZブランド『大自然ハトムギ』、発進!

というわけでジュズダマを炊く実験は成功と言っていいだろう。お茶はたぶん、殻が厚過ぎて木の汁になってしまうのかもしれない。

そして、巨大なビジネスの可能性が見えてきた。
マヨネーズで味付けすれば、おつまみになるようにも思えるし、商品化のラインナップの可能性も広い。
いけそうだ。
ただ当面の課題は、10グラム作るのに1時間半かかる点だ。
誰かやる気のある人が解決してくれるのを、指をくわえて待っていたいと思う。
起業とか面倒臭いから、やっぱいいや。
起業とか面倒臭いから、やっぱいいや。

<もどる▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓