ロマンの木曜日 2011年12月1日
 

石垣島、仁義無き鍾乳洞対決(と17世紀のでかい墓)

石垣島では、二つの鍾乳洞がしのぎを削る!
石垣島では、二つの鍾乳洞がしのぎを削る!
先日、八重山諸島に行ってきた。石垣島に滞在して周囲の離島を見て周ったのだが(参考記事「八重山離島巡り」)、残念な事にお天道様の機嫌があまりよろしくなく、雨が降る日も少なくなかった。

でもまぁ、雨なら雨で、楽しむ方法はあるだろう。そういえば、石垣島には鍾乳洞があると聞いた。その場所も、市街地からそう遠くはないようだ。

というワケで、私はとある雨の日の朝、傘を差して石垣島中心部から北へと向かった。そこにあったのは、名前が良く似た二つの鍾乳洞と、でかい墓だ。
1981年神奈川生まれ。テケテケな文化財ライター。古いモノを漁るべく、各地を奔走中。常になんとかなるさと思いながら生きてるが、実際なんとかなってしまっているのがタチ悪い。2011年には30歳の節目として歩き遍路をやりました。2012年には31歳の節目としてサンティアゴ巡礼をやりました。
> 個人サイト 閑古鳥旅行社 Twitter

「石垣島鍾乳洞」と「八重山鍾乳洞」

石垣島は、島南部の港を中心に市街地が広がっている。目的の鍾乳洞は、その中心部より北へ3km程行った所にあるらしい。

バスを使う事もできるみたいだが、時刻表を調べるのが面倒だったので、歩いて向かう事にした。
石垣島市街地の中心部、730記念碑
石垣島市街地の中心部、730記念碑
30分程歩けば、サトウキビ畑が広がる郊外に出る
30分程歩けば、サトウキビ畑が広がる郊外に出る
道端には、目指すべき鍾乳洞の看板も出ていた
道端には、目指すべき鍾乳洞の看板も出ていた
ふむふむ、ウワサの鍾乳洞は「石垣島鍾乳洞」という名前なのか。そんな事を思いながら、さらに歩みを進めていく。

程無くして、その「石垣島鍾乳洞」の入口が見えた、のだが……。
「石垣島鍾乳洞」はここを左に曲がる、と。……って、その後ろの看板は?
「石垣島鍾乳洞」はここを左に曲がる、と。……って、その後ろの看板は?
えぇ?「八重山鍾乳洞」?「石垣島鍾乳洞」とは違うの?
えぇ?「八重山鍾乳洞」?「石垣島鍾乳洞」とは違うの?
「石垣島鍾乳洞」へ行くにはここを左に曲がれという。しかし、「八重山鍾乳洞」というものもあるらしく、それは直進200mだという。

互いに別の方向へ行けと主張する、似たような名前の鍾乳洞が二つ。並んで立つその看板からは、互いに対する熾烈なライバル意識がうかがえる。さてはて、どちらに行けば良いものか。

私はしばし逡巡したのち、とりあえずは手前の看板通りに左へ曲がり、「石垣島鍾乳洞」へ向かう事にした。

鍾乳洞で一本勝負の「石垣島鍾乳洞」

しばらく道なりに進んで行くと、それらしい駐車場に出た。

駐車場には「わ」ナンバーのレンタカーが並んでおり、どうやらかなりメジャーな観光スポットである事が分かる。
駐車場に止まっている車も多い
駐車場に止まっている車も多い
な、なんか凄いな、竜宮城か?
な、なんか凄いな、竜宮城か?
施設の外観はともかく、なかなか盛況なようで、そんじゃま、私も見てみるかな、と受付でチケットを買って中に入った。

ちなみに、入場料は1050円である。
その内部は……おぉ、凄いな、鍾乳洞
その内部は……おぉ、凄いな、鍾乳洞
洞内は思った以上に迫力がある
洞内は思った以上に迫力がある
うひゃー、上も下もトゲトゲでカッコいい!
うひゃー、上も下もトゲトゲでカッコいい!
それは、思った以上にガチな鍾乳洞であった。なんでも、この洞窟の全長は3.2kmあるらしい(見学できるのは660m)。

隆起したサンゴ礁の石灰岩が溶け出し、固まった鍾乳石や石筍、それらが繋がった石柱。ライトで照らされている乳白色の表面が、テラテラ光り幻想的だ。
凄いね、こんな風になるんだ
凄いね、こんな風になるんだ
自然の造形ってのは、不思議なものだなぁ
自然の造形ってのは、不思議なものだなぁ
気が遠くなるほどの年月を経て形成された、鍾乳洞の造形美。

うん、こりゃ凄いモンだと感心する一方、ちょっとヘコーっとなる、脱力的なセンスを放つ展示もあったりする。
人の顔っぽい石柱に、目と眉を書いちゃってる
人の顔っぽい石柱に、目と眉を書いちゃってる
説明ではトトロとの事だが、どちらかと言えばムーミン?
説明ではトトロとの事だが、どちらかと言えばムーミン?
世界初の鍾乳洞イルミネーションだそうだけど、暗くて肝心の鍾乳石が見えないヨ
世界初の鍾乳洞イルミネーションだそうだけど、暗くて肝心の鍾乳石が見えないヨ
とまぁ、そんなこんなで、ゆっくり歩いて40分。一本道の鍾乳洞を抜けると、食堂兼土産物屋の建物に出た。

少し昭和な匂いの観光地でよくある、最後にはお食事お買い物を、というヤツだ。
土産物屋の建物もまた凄い
土産物屋の建物もまた凄い
これで「石垣島鍾乳洞」は終了だ。

これはこれで楽しかったのだが、しかし、やはりもう一つの「八重山鍾乳洞」も気になるところ。あちらも見なくては、帰ってはいけないような気さえする。

そんなよく分からない義務感にいざなわれ、次に私は「八重山鍾乳洞」へと向かう事にした。さぁ、果たしてそちらは一体全体どのような鍾乳洞なのだろう。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓