土曜ワイド工場 2011年12月3日
 

香美町観光大使として祭りで餅をまいてきた

香美町観光大使として餅をまいてきました。熱狂の餅まき!
香美町観光大使として餅をまいてきました。熱狂の餅まき!
誰でも観光大使になれる町、それが兵庫県香美町。縁もゆかりもない私も、ここの観光大使をさせていただいている。(詳しくはこちらの記事参照)

そんな香美町はマツバカニで有名な町。カニまつりでは最も古い歴史を持つという「かすみカニ場まつり」が毎年開催されているのだが、そこで行われる餅まき大会で、私が餅をまかせてもらえることになった。

そう、観光大使としてだ。
趣味は食材採取とそれを使った冒険スペクタクル料理。週に一度はなにかを捕まえて食べるようにしている。最近は製麺機を使った麺作りが趣味。

前の記事:「11月11日は立ち呑みの日」
> 個人サイト 私的標本 趣味の製麺

カニ食べいこう、餅まきいこう(パフィー風に)

香美町というのは兵庫県の日本海に面した場所にあり、なんといってもズワイガニ、ベニズワイガニ漁で有名な町。

ここの誰でもなれる観光大使には、年に数回、香美町から観光案内などが郵送されてくるのだが、今回はカニ場まつりの案内と共に、宿泊優待券(無料ではなく割引)が送られてきた。

※観光大使は随時募集しています。詳しくはこちら
誰かを連れていくと、観光大使が割引価格で泊まれるという素敵な優待券。
誰かを連れていくと、観光大使が割引価格で泊まれるという素敵な優待券。
観光大使が11時間かけてやってきました(途中で電車に乗り遅れた)。ちなみにこのタスキは自前です。
観光大使が11時間かけてやってきました(途中で電車に乗り遅れた)。ちなみにこのタスキは自前です。
香美町は私の住む埼玉からだと気軽に行ける場所ではないのだが、せっかくの優待券を使うべく、「得して損とれ」の精神で、カニ場まつりにあわせていくことにした。

しかし、ただカニを食べるだけだとちょっとさみしい。せっかくだからと観光課の人に連絡をとり、カニ場まつりで観光大使らしいことをさせてくださいと無理なお願いしてみたら、なんと餅をまかせていただくことになった。
かにカニ日帰りエクスプレスというのがあって、関西の人は日帰りでカニを食べにくるらしいよ。
かにカニ日帰りエクスプレスというのがあって、関西の人は日帰りでカニを食べにくるらしいよ。
ここから世界へと旅立ってみたい。
ここから世界へと旅立ってみたい。
餅つきではない。餅まきだ。

千葉在住の友人から、近所にコンビニがオープンした時、餅まきをしていたという話を聞いたことがあるが、私は餅まき初体験。しかも、まかれる側ではなく、まく側としての参加である。

節分の日になると、池上本門寺でプロレスラーやタレントが豆をまくが、イメージとしてはそんな感じだろうか。

素人観光大使として、これ以上ない光栄な仕事といえるだろう。

知らない人の従兄会に混ざりがちな町、香美町

餅まきの話の前に、どうしても書きたい話と見せたいモノマネがある。

前回はまるっきり知り合いのいない町だったが、今回は違った。あえて前回と同じ宿に泊まり、夜には同じ飲み屋へといったのだが、どちらも私のことを覚えている人がいたのだ。

そして、新たに私を知ってくれた人も。
「 私を」というか、「このタスキを」かもしれないが、この町に私を覚えてくれている人がいるというのが心強い。
「 私を」というか、「このタスキを」かもしれないが、この町に私を覚えてくれている人がいるというのが心強い。
そういえば、あの滑り台でテープカットをしたんだよなあ。
そういえば、あの滑り台でテープカットをしたんだよなあ。
夕食までの間に散歩へと出たら、「すみません、観光大使の人ですか?」と、声をかけられた。

そうです。私が観光大使です。

一瞬このサイトの読者かなと思ったがそうではなくて、宿に併設されたカフェでケーキを食べていたら私が現れたので、誰だろうと思ったらしい。
「タレントですか?」と聞かれたが、一般人でごめんなさい。こんなタスキをした素人いないよね。
「タレントですか?」と聞かれたが、一般人でごめんなさい。こんなタスキをした素人いないよね。
とりあえずミス観光大使に任命しておいた。
とりあえずミス観光大使に任命しておいた。
この二人は私と同じく埼玉に住んでいて、法事のためにやってきた従兄同士なのだそうだ。

兵庫まできて埼玉県民に声をかけられるとは思わなかった。
夕飯は宿でカニをたっぷりといただく。勝手にカニ場まつりの前夜祭だ。
夕飯は宿でカニをたっぷりといただく。勝手にカニ場まつりの前夜祭だ。
カニ爪ダプルピースは香美町観光大使の基本です。
カニ爪ダプルピースは香美町観光大使の基本です。
で、食事を終えて風呂を浴び、前も来た「めいぷる」という飲み屋にいったら、さっきの二人がいたのだ。

しかも従兄が二人増えて四人になっていた。
めいぷるのママは前回の記事を読んでくれたそうで、タスキを出す前に気が付いてくれた。
めいぷるのママは前回の記事を読んでくれたそうで、タスキを出す前に気が付いてくれた。
初対面の従兄会に混ざるという珍プレー。
初対面の従兄会に混ざるという珍プレー。
知らない人の従兄会に混ざるなんて、基本的に人見知りの私にとって、まさかの展開といえるだろう。

しかも全員埼玉県民だったので(一人だけ「私は一応東京!」っていっていたかも)、会話の内容がレイクタウン(埼玉にある巨大ショッピングセンター)とかだ。
従兄会っぽいクオリティの森進一のモノマネを見せてもらった。美川憲一ではない。
観光旅行のはずが、まるっきり親戚の集まりに参加した気分である。こういう親戚いるわー。

明日がまつり当日でなければ、一緒に従兄として法事へと参加していたかもしれない。あぶないところだった。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓