はっけんの水曜日 2011年12月7日
 

消えた運河の痕跡を探す旅(古地図散歩・大阪大正編)

本稿とはあんまり関係ないけど、尻無川水門でかい
本稿とはあんまり関係ないけど、尻無川水門でかい
先日、目白の古書店で、大正11年と昭和18年の大阪市の地図を見つけた。
値札がついてなかったので、恐る恐る値段を聞いてみたところ、古書店のおばちゃんがかなりアバウトで「他の古い古地図と全部ひっくるめて1000円でいいよ」なんて言ってくれたので、格安で入手できた。
家に持ち帰って眺めていると、これが実に楽しい。
鳥取県出身。東京都中央区在住。フリーライター(自称)。境界や境目がとてもきになる。尊敬する人はバッハ。

前の記事:「なんでもメジャーリーグっぽく見えるクリアファイル」
人気記事:「ぼくとドラえもん・藤子F不二雄ミュージアムに行ってきた」

> 個人サイト 新ニホンケミカル TwitterID:tokyo26

しばらく、大阪古地図鑑賞にお付き合い下さい

1枚あたりたぶん200円ぐらい
1枚あたりたぶん200円ぐらい
しかし、大正11年。西暦でいうと1922年、90年ちかく前だ。駅名の表記を見てみるとその古さが実感できる。
「かさほを」ってなんだ?「大阪市街新地圖(1922大淵善吉)」
「かさほを」ってなんだ?「大阪市街新地圖(1922大淵善吉)」
「しほみばし」の行き先「ながの」は河内長野のことだ「大阪市街新地圖(1922大淵善吉)」
「しほみばし」の行き先「ながの」は河内長野のことだ「大阪市街新地圖(1922大淵善吉)」
「かさほを」これ、脳の文字認識回路が余計に遠回りしないと読めないので「おおさか」か! と気づくのに3秒ぐらいかかってしまった。右は「汐見橋駅」と「湊町駅」だ。どちらも変体仮名を使っている妙な読みにくさが大正っぽくてよい。
府庁「大阪市街新地圖(1922大淵善吉)」
府庁「大阪市街新地圖(1922大淵善吉)」
扇町公園「大阪市街新地圖(1922大淵善吉)」
扇町公園「大阪市街新地圖(1922大淵善吉)」
「府廳」と仰々しく書かれているのは旧大阪府庁だ。現在の大阪府庁は大阪城のすぐ脇に建っているけれど、この頃は大阪湾に近い江之子島と呼ばれる島にあったらしい。
東京でいうと、新宿に移転するまで都庁のあった有楽町みたいな感じだろうか?
そしてさらに気になる場所が「天満駅」横の巨大な空き地だ。現在は扇町公園になっているけれど、Wikipediaによると元々「大阪監獄」があった場所で、監獄は1920年に堺市へ移転している。公園は、ちょうどこの地図が発行された年(1922)の翌年1923年に開園したらしい。
東京でいうと、小菅に移転するまで刑務所のあった池袋みたいな感じか?

大正運河周辺の変貌ぶりがものすごい

で、本題の大正区だ。
大正運河の説明をする前に、ざっくりと大正区の位置について説明しておきたい。
大正区は大阪市にある24区のうちのひとつだ。尻無川と木津川に挟まれ、隣の区に行くにはかならず橋をわたるか渡船を利用しなければいけない。要するに区全体が島なのだ。

より大きな地図で 大正区 を表示
では、なぜそんな大正区に注目したのか。それはその昔、この大正区を東から西に突き抜けるように大正運河という運河が掘られており、その運河の変遷を地図の上でたどってみると、目を疑うような変わり方をしていたからだ。

一番古い大正11年から順に昭和50年まで並べてみた。もちろんすべて同じ場所だ。
!
大正11年には一面の農地が広がる埋立地だったのが、20年ほどで網の目のように運河が掘られたにもかかわらず、昭和50年になるとわざわざ掘った運河をほとんど埋めてしまっている。
埋めたり掘ったり埋めたりと実にせわしない。
以前、中途半端な古地図を頼りに散歩するという企画で江東区の貯木場や運河を見て回ったのだけど、この大正区の運河でも似たような運河の痕跡がないか、「中途半端な古地図で散歩する・大阪大正区編」として調べてみたいと思う。
……やっと、本題に入った。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓