フェティッシュの火曜日 2011年12月13日
 

千葉県の、1〜13の数字のついた地名を巡る

【5】五香(松戸市)

あ、また新京成に戻ってきたぞ。縁起の良い字で「香」を選ぶなんて、センスいいと思う。今時分の女性の名前みたいだ。
ごこう。新京成のなかでは栄えているほうです
ごこう。新京成のなかでは栄えているほうです
駅前にコージーコーナーとなか卯があるとか、他の新京成っ子の羨望の的
駅前にコージーコーナーとなか卯があるとか、他の新京成っ子の羨望の的
このチェーンは大好きです
このチェーンは大好きです

【6】六実(松戸市)

どんどん行きます。 6は五香からほど近い六実。「むつみ」と読みます。名前も子供につけたいくらいかわいい。
歩道橋の文字がでかい
歩道橋の文字がでかい
こちらは東武野田線
こちらは東武野田線
これまた地味な駅だがよい点といえば駅前にミニストップとローソンがあることだ
これまた地味な駅だがよい点といえば駅前にミニストップとローソンがあることだ

【7】七栄(富里市)

「ななえ」と読みます。
なんだか本当に人名風なのが多い気がしてきたぞ。
ここは富里。一気に遠くに来たものだ。スイカの名産地で、毎年スイカロードレースが行われている。
駅はないので電柱を撮った
駅はないので電柱を撮った
神社はある
神社はある
七栄交差点には豚骨ラーメンの「ばんから」があって羨ましい。もう羨ましいものは正直に言っていく
七栄交差点には豚骨ラーメンの「ばんから」があって羨ましい。もう羨ましいものは正直に言っていく

【8】八街(八街市)

これはご存知の人も多い地名だと思う。落花生でおなじみの八街です。
八街は?
八街は?

住所が「いろは」

「は」。これが住所なのだ。電柱がいきなり何を話し始めるのかと思ったじゃないか。「八街い」「八街は」「八街ろ」と続くのだ。ちょっと住んでみたいと思ったけど、人に住所を伝える時は毎回説明が必要だろう。
どこもかしこも落花生押し
どこもかしこも落花生押し
そのネーミングは安易すぎでは
そのネーミングは安易すぎでは
13地のなかで唯一JRの駅がある
13地のなかで唯一JRの駅がある
あれはなに
あれはなに
はっ
はっ
…なまめかしい
…なまめかしい
そんなこんなで、もちろん落花生屋さんがたくさんある
そんなこんなで、もちろん落花生屋さんがたくさんある
スバルにまで落花生ののぼりが!
スバルにまで落花生ののぼりが!
覗いてみると、ほぼピーナッツ屋さんではないか
覗いてみると、ほぼピーナッツ屋さんではないか
でも車も売っている…
でも車も売っている…

車と落花生が一度に買えます

八街の底力を見た気がする。落花生がなければ八街ではない。八街全体が自信を持って落花生を世に送り出している姿勢が伝わってきた。
…あやうく八街の記事になってしまうところだった。次、9行きます!

<もどる▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓