ロマンの木曜日 2011年12月15日
 

夜、信号が点滅に切り替わる瞬間を見届けたい

写真では分からないけど両方点滅しているのだ
写真では分からないけど両方点滅しているのだ
深夜、赤や黄色が点滅しているだけの信号を見かける。

昼間は3色のふつうの信号だけど、交通量が少ない夜から明け方までは点滅だけの閉店モード。あの、3色から1色点滅になる瞬間、そしてまた元の3色に戻る瞬間はどうなっているのか。

気になったので、見に行ってきた。
1974年東京生まれ。最近、史上初と思う「ダムライター」を名乗りはじめましたが特になにも変化はありません。著書に写真集「ダム」「車両基地」など。 個人サイト:ダムサイト

前の記事:「未来がきてるトンネルめぐり」
人気記事:「残り300m、アラシロ先頭!〜自転車ロードレース初観戦」


どこにあるのか

見かける、とは言っても具体的にどこの信号、という心当たりはなかった。なんだかよくある気がするから、探せば見つかるだろう、と簡単に考えていた。

しかし、これがちっとも見つからないのだ。

日付けが変わったころから車に乗って1〜2時間、交通量の少ない道ばかり走って探したのだけど、どんな小さな交差点の信号も、シンと静まり返った暗闇の中、3色の光を動かして、けなげに働いていた。
誰もいないのに律儀にシークエンスをこなす
誰もいないのに律儀にシークエンスをこなす
ひとりエア交通整理中
ひとりエア交通整理中
諦めかけたころにようやく黄色点滅の信号を見つけたけど、翌日に来てみたら昼間も点滅のまま、ということもあった。

最終的には、自分の住んでいる町の名前+点滅信号、なんてキーワードで検索して、ようやく1カ所見つけることができた。そういえばここはそうだった。何気なく見ていた情報が必要なときに取り出せない頭は本当に困る。そしてあの何気ない情報をネットに上げてくれた人には心から感謝したい。
ようやく見つけた夜間点滅式信号
ようやく見つけた夜間点滅式信号
この看板に偽りないことを祈る
この看板に偽りないことを祈る
もちろん、昼間は3色が切り替わる普通の信号だ。確認の意味も込めて、昼間の仕事ぶりを見てみよう。
この信号で、夜間に点滅モードに入る瞬間と、朝に点滅からふつうの状態に戻る瞬間を見てみたい。

しかしここでもうひとつ問題が発生した。それぞれ何時に切り替わるか分からないのだ。

何時に切り替わるのか

信号機のあたりを見回しても、何時から何時までが点滅なのか書いてある情報はなかった。とりあえずその日、仕事が終わって夜10時前に行ってみた。こういうところ、だいたい22時から6時が相場だろう。
すでに赤と黄色が点滅していた
すでに赤と黄色が点滅していた
誇らしげなところが少し憎たらしくもある
誇らしげなところが少し憎たらしくもある
信号機はそれぞれ赤と黄色が点滅していた。ということは、9時か8時か、ひょっとして7時からこの信号機は営業を終了して点滅を始めてしまうのか。なんというローカルさ!
歩行者用信号は明かりすら消えている
歩行者用信号は明かりすら消えている
関係ないけどこの押ボタンが塀をくり抜いてあってかわいい
関係ないけどこの押ボタンが塀をくり抜いてあってかわいい
仕方がないのでひとまず帰宅。明け方、普通の信号に戻るところを見に行くことにした。

信号が営業開始の瞬間!

というわけで、おはようございます。いまは朝の5時少し前。

さっきの信号にまたやって来た。こんなに執念燃やしている男がいると知ってか知らずか、相変わらず信号は赤と黄色の点滅を続けている。

ここで5時過ぎまで見守って、信号が動き出すかを確認したい。それでダメなら6時前にもう一度来るのだ。
果たして朝の5時に信号は開店するか
果たして朝の5時に信号は開店するか
それでは5時を過ぎる決定的瞬間を、一緒に動画で見守っていただきたい。
…皆さんの貴重な1分を無駄にしてしまったこと、お詫びします。
5時には開店しなかった
5時には開店しなかった
電波時計とともに5時を過ぎてみたけど、信号は変化なし。となると急に、この「真っ暗な師走の寒空の中で三脚立てて時計と信号見てる自分は何をやっているんだ感」に襲われて、急いで荷物を畳んでその場を離れた。

1時間後、覚えてろよ!
月だけがものすごく明るかった
月だけがものすごく明るかった
というわけで時刻は5時56分。東の空がぼんやり明るくなってきた頃、また同じ信号の前に来た。飽きもせず赤と黄色が点滅を繰り返していて、安心すると同時に腹立たしくなる。それにしても、1日も経たないうちに同じ場所に3回も来るなんて、周りの家の人に見られていたら完全に不審者である。
これでダメだったらここにテント張るか
これでダメだったらここにテント張るか
最初の予想でも朝は6時からじゃないかと思っていた。5時は保険だったのだ。と自分に言い聞かせて、冷たい風に折れそうになる心を何とか支える。

ではふたたび、時報前後の1分を一緒に過ごしてください。
見た!?いまの見た!?

予想通り信号の営業開始は6時だった。でもそれより驚くべきは、通常モードに復帰する瞬間、黄色点滅していた左側の信号が、一瞬、赤と青同時に光ったのだ!

その瞬間をスーパースローで見てみよう。
1秒にも満たない、ほんの一瞬の出来事だけど、数日前に見た皆既月食より興奮した。もうこれだけで早起きして寒い中待った甲斐があった。たぶん24時間周期で見られるけど。
決定的瞬間
決定的瞬間
点滅から切り替わった信号の下で、消えていた歩行者用信号に光が灯るのも見逃せないポイントだ。こちらも動画を撮っていた。
短いながら、これも興奮する光景である。

消えていた信号が赤くボッと灯って、その数秒後に下の塀をくり抜いた押ボタンのところのランプが小さく灯る感じがいい。数秒かけて信号機全体に電気が染みわたっていくイメージだ。

というわけで、夜間点滅信号は6時に目を覚まし、通常モードに戻った。
今日も1日よろしくお願いします
今日も1日よろしくお願いします

信号が店仕舞いの瞬間!

最後に残った課題は、通常モードから点滅モードに移行する瞬間。

前日来たときは10時前で既に点滅していたので、おそらく8時か9時だろう。でも保険に保険をかけて、7時前からスタンバった。どんだけ熱狂的なファンだ。

しかし、さすがに7時は何も起こらず。うん、確かにいくらなんでも7時は早い。というわけでさらに1時間後、8時数分前にもう一度スタンバイ。撮影用の時計を忘れたので携帯で時報を鳴らし、動画を回して待ち構えた。
8時の時報が過ぎても何も起こらず、やっぱり9時か、と思って動画を停止。カメラを片付けようとしたその時、目の前の信号が点滅をはじめた…!
ま、マジかよ!
ま、マジかよ!
信号に組み込まれている時計が時報より十数秒遅れていたのだ。そんなことって!

思わずもう一度動画を回したものの、いちど点滅をはじめてしまった信号は元に戻らず。思わず目眩がするほどの、痛恨の録画失敗である。
自分でも覚えていなかったけど、そのときの録画にはびっくりするくらい落胆したつぶやきが収録されていた。

しかし嘆いても仕方がない。

翌日、再トライして録画してきた。
すべて分かっているのでまったく燃えない
すべて分かっているのでまったく燃えない
宅急便のトラックが横切った瞬間に点滅をはじめたらどうしよう、とドキドキしつつ、およそ午後8時00分30秒くらいに、3日間でのべ5回通い詰めた信号が点滅に変わる瞬間を撮影することに成功した。

ひとつ発見だったのは、点滅モードに変わる前、押ボタン式の歩行者用信号が自動で青になること。急に点滅をはじめると危険だから、間に歩行者用を挟むことで、一旦全ての車を止めるのが狙いなのかも知れない。

ともかく、なかなか貴重なシーンが撮れたと思う。
ようやくゴールにたどり着いた
ようやくゴールにたどり着いた

これほど手こずるとは

ものすごく軽い気持ちで思いついたこの企画、1日がんばれば撮影終わると思っていたのに、まる3日かかってしまった。3日間ほとんど信号のことしか考えられず、生活時間もめちゃくちゃになったけど、点滅に変わる瞬間と戻る瞬間の動画はなんだかいいもの撮った、という気持ちになったので満足です。
長時間露光したら信号が乗っ取られたみたいになった
長時間露光したら信号が乗っ取られたみたいになった
 ▽デイリーポータルZトップへ  
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓