チャレンジの日曜日 2011年12月18日
 

「カップヌードルごはん」以外の「○○ごはん」作り

カップヌードル以外のごはんを色々作ります。
カップヌードル以外のごはんを色々作ります。
「カップヌードルごはん」というインスタント食品があります。日清食品から発売されているカップヌードル味のご飯です。人気の品で、食べたことのある方も多いと思います。

ラーメンのスープの味は麺だけでなくごはんにもよく合う味です。様々なカップ麺やスープが市販されていますが、他の物でもごはんに合いそうな味の物は多くあります。

今回は各種カップ麺やインスタントスープで、「○○ごはん」を作ってみました。
1972年生まれ。体力系、料理系の記事を多く書いています。ライター以外に日本酒と発酵食品をメインにした飲み屋も経営しています。利き酒師で、元機械設計屋で元プロボクサー。ウルトラマラソン走ります。米の飯と日本酒が有れば大体なんとかなります。
> 個人サイト 酒と醸し料理 BY 個人ページ「走れば大体大丈夫!」

食べた事のない方の為にちょっと説明

カップヌードルごはんをまだ食べた事のない方の為に、カップヌードルごはんがどんな物か簡単に説明しておきます。
麺の替わりに米が入っている以外はカップヌードルと大体同じ中身。
麺の替わりに米が入っている以外はカップヌードルと大体同じ中身。
最初の写真のパッケージを開けると、米、粉末スープとかやく、香味油などの袋が入っています。麺は無く、米のみです。カップヌードルの中にごはんが入るのではなく、カップヌードル味のごはんとなります。
我が家の電子レンジはまだ下の台が回るタイプです。しかも、チーン!と鳴ります。 
我が家の電子レンジはまだ下の台が回るタイプです。しかも、チーン!と鳴ります。 
容器内の線のところまで水を入れて、香味油以外の米や粉末スープ、かやくを入れたらかき混ぜて電子レンジへ入れます。500Wなら5分程度。加熱が終了したらフタを開け、香味油を入れてかき混ぜたら出来上がりです。
皿に盛ると普通にチャーハンに見える。
皿に盛ると普通にチャーハンに見える。
出来上がったカップヌードルごはんは、正にカップヌードル味のごはん。汁気はなく、パラパラとしたチャーハンのような状態です。住宅街にひょっこりある中華料理屋で食べるようなチャーハンの味。どこか懐かしく、時々食べたくなるような味です。

たったの5分でこれだけの物が食べられるなんて便利な世の中ですね。

新たな「○○ごはん」を作ろう。

それでは続いてカップヌードルごはん以外の○○ごはんを作っていきます。最初はこちら。
1978年から販売されているロングセラー商品。
1978年から販売されているロングセラー商品。
東洋水産のマルちゃんシリーズ「赤いきつね」です。言わずとしれた和風カップ麺の代表格。これに付属する粉末スープを使って「赤いきつねごはん」を作ります。作り方は至って簡単。
赤いキツネ1個に対して米を2合。
赤いキツネ1個に対して米を2合。
まず研いだ米を用意します。
赤いきつねに必要なお湯の量は410ml。
赤いきつねに必要なお湯の量は410ml。
必要量より少し少なめの400ml水を入れる。
必要量より少し少なめの400ml水を入れる。
続いて炊飯器の釜に米を入れ水を注ぎます。水は通常赤いきつねを作るのに必要な量よりもほんの少し少な目。2合の米の場合、我が家の炊飯器だと「かため」のラインあたりまでの量となりました。
炊飯器は米を炊く以外にも、煮物やパンまで焼ける魔法の調理器ですよね。
炊飯器は米を炊く以外にも、煮物やパンまで焼ける魔法の調理器ですよね。
あとは炊飯器に入れて炊飯スイッチを押すだけ。一応、炊き込みご飯モードなるものがあったのでそれを選択しましたが、多分普通の炊飯モードで十分だと思います。

そして、炊き上がったものがこちら。
見た目は油揚げ入り炊き込みご飯。
見た目は油揚げ入り炊き込みご飯。
炊いている最中も炊飯器から赤いきつねの香りがしていましたが、開けて立ち上がる湯気の香りも赤いきつね。美味しそうという気持ちと、釜の中央に乗る油揚げにすこし違和感を覚えながら丼に盛ってみました。
元がうどんなので小ネギを散らしてみました。
元がうどんなので小ネギを散らしてみました。
では、食べてみましょう。
これ、凄いうまい!
これ、凄いうまい!
 赤いきつねごはん、驚くほどうまいです。醤油やダシの味のバランスがとれた炊き込みご飯といった感じです。また、揚げが味をよく吸っていて実にうまくなっています。このまま炊き込みご飯の素として売ったらいいのではと思う程のうまさです。

 そのままでもうまいですが、やはり小ネギを少し足した方が味にメリハリがついてよりうまくなります。パッケージについてきた七味を入れてもいいでしょう。かやくの卵やカマボコは炊飯器で加熱している影響でかなりフニャフニャです。しかし、それを隠しても余り過ぎる程のうまさが有ります。

これはオススメ!
!

他にも色々「○○ごはん」を作ります

さて、「赤いきつねごはん」に続いて、同じように別のカップ麺やインスタントスープを使って色々な「○○ごはん」作ってみました。以下がそのラインアップ。あなたはどの「○○ごはん」が気になりますか?最初から。お好きな所からそれぞれどうぞ。
濃厚スープが決め手「ラ王ごはん」
濃厚スープが決め手「ラ王ごはん」
今も変わらぬこの形。「ペヤングごはん」
今も変わらぬこの形。「ペヤングごはん」
とろとろクリーミー。「ポタージュごはん」
とろとろクリーミー。「ポタージュごはん」
わかめタップリ。「わかめスープごはん」
わかめタップリ。「わかめスープごはん」
ふんわりたまご。「たまごスープごはん」
ふんわりたまご。「たまごスープごはん」

大体の「○○ごはん」は美味しくできる

各種カップ麺やインスタントスープを使っての「○○ごはん」作り。多くの物が元々ごはんに合う味なので、出来上がりも美味しい物が多かったです。他にも非常に美味しく「○○ごはん」が出来るカップ麺やインスタントスープがあるでしょう。

作り方は、大体どれも米と水と付属の調味料を全部まとめて炊飯器に入れて炊くだけです。炊飯器に香りが残って、しばらくそのカップ麺の香りのするご飯を食べることになるかもしれませんが、興味のある方はチャレンジしてみてください。

ちなみに、インスタントスープはいいのですが、カップ麺は中身の麺が残ります。鍋のシメに使うなど、工夫して消費しましょう。
ある程度保存が出来るからいいですが、いくつも麺だけあってもね。
ある程度保存が出来るからいいですが、いくつも麺だけあってもね。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓