土曜ワイド工場 2011年12月24日
 

チクワをシュノーケルとして活用する

チクワがシュノーケルになる明るい未来のために!
チクワがシュノーケルになる明るい未来のために!
シュノーケルというものがある。
海に行った時などに役立つ道具で、これを使えば息継ぎを必要とせず、ずっと海中を観察することができる。

古くはシュノーケルの代わりに、竹筒を使い忍者は水中に身をひそめた。水遁の術というやつだ。では、それらの代わりにチクワはどうだろうか。
1985年福岡生まれ。思い立ったが吉日で行動しています。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。

前の記事:「フレンチカステラの時代が来る」
人気記事:「249種類ものお茶漬けを出すイタリア料理屋」

> 個人サイト Web独り者 彼女がいる風の地主恵亮

冬の海は隠れる場所がない

誰かに追われているとする。その場合、僕らはきっと隠れるという行動を取るだろう。街中ならば物陰に隠れてもいいし、行きかう多くの人に紛れてもいいかもしれない。とにかく街中には多くの隠れる場所が存在している。
街中だったら物陰に隠れることができる
街中だったら物陰に隠れることができる
これが浜辺ならどうだろう。浜辺で追われているのだ。隠れようと思っても浜辺には物陰というものが存在しない。夏の賑わう浜辺なら話は別だけれど、冬の海となると、物陰ひとつ存在しないのだ。
夏の海は隠れることができそうだけれど、
夏の海は隠れることができそうだけれど、
冬の海は隠れる場所が皆無
冬の海は隠れる場所が皆無
そんな時に僕らはどうすればいいのか。走って逃げても浜辺は走り難くすぐに捕まってしまうだろう。相手はプロだ。隠れるしか手はない。しかし、隠れる場所はない。唯一あるとすれば、それは海の中だ。
こんな状況で追われたら、もう海の中にしか隠れる場所はない
こんな状況で追われたら、もう海の中にしか隠れる場所はない
ただ普通に海の中に潜っても息は続かずせいぜい1分。ブハ〜と海から息をするために顔を出した時点でバレて捕まってしまう。忍者はこれを回避するために竹筒を使った。水遁の術というもので、竹筒をくわえ潜り先端を水面に出すのだ。これで呼吸ができる。
現代ではシュノーケルという道具が竹筒に当たると思う
現代ではシュノーケルという道具が竹筒に当たると思う
しかし、僕らの人生を振り返ってみると竹筒を持って外出していたことがいったい何回あるだろうか。僕はおそらく一度もない。もちろんシュノーケルでもいい。しかし、夏場ならともかく、日常生活に於いて冬場にシュノーケルを持って外出することがあるだろうか。おそらくない。
もう捕まるしか方法はないのか!
もう捕まるしか方法はないのか!
シュノーケルもない。竹筒もない。でも、隠れなければ捕まる。そんな時に役立つのが「チクワ」だ。竹筒やシュノーケルと比べるとチクワは格段に持って歩いている可能性が高い。買い物帰りならほぼ確実に持っていると思う。鍋の具にもなる。
買い物に行ったらチクワって絶対に買っちゃうよね
買い物に行ったらチクワって絶対に買っちゃうよね
チクワを竹筒やシュノーケルの代わりとして使うのである。漢字で書くと竹輪と竹筒は似ている。それにどれも筒という共通点があるので、チクワはもうほぼシュノーケルや竹筒と言って問題ないと思う。
こんな感じで使います(水から先端が出ているので呼吸できる)
こんな感じで使います(水から先端が出ているので呼吸できる)
またチクワはかさばらないし、食べてもいいので、もしシュノーケルの代わりになるのならば、いつ誰に追われてもいいように浜辺に行く際は常備しておいてもいいかもしれない。これで追っ手に捕まらないのならば安いものだ。
というこで、チクワがシュノーケルになるか実験します(長い前フリでした)
というこで、チクワがシュノーケルになるか実験します(長い前フリでした)

普通のチクワ

この日の海は波が高くサーファーには嬉しい一日だった。ただ水温は驚く程に低く、この水温の海に潜るくらいなら追っ手に捕まってもいい気がした。しかしチクワがシュノーケルになるという明るい未来のために潜る。
まずは普通のちくわ
まずは普通のちくわ
冬の海に入る心の準備に約1時間を要した。その1時間にカラスにチクワを一部食べられるという事件も発生した。カラスからチクワも守れない僕が追ってから逃げられるのかという疑問も生じたけれど、今はチクワの可能性だけを追求することにした。
チクワをくわえて海に潜る
チクワをくわえて海に潜る
さらに潜ります
さらに潜ります
ムリ!
ムリ!
前日の脳内ではチクワはシュノーケルの代わりになる、という結論が出ていた。ただ実際にやってみるとこのチクワが短いからなのか、潜ってチクワを吸うと、空気というまじりっけがない100%の海水が口の中にやって来た。

愛情100%の何かは嬉しい気がするけれど、海水100%はシャッターを押したら、SDカードの要領がいっぱいだった、というような不幸しか感じない。
死ぬかと思ったので急いで陸に戻る
死ぬかと思ったので急いで陸に戻る

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓