ひらめきの月曜日 2011年12月26日
 

挟まれると痛いエレベーターしらべ

!
「エレベーター」という単語から連想される動詞を5つ挙げよ、と言われたら何をあげるだろうか。
「乗る」「降りる」「開く」「閉じる」、4つまではスラスラ回答できるだろう。さあ、あとひとつ。何?

一瞬考えたあと、あなたはこう答えるはずだ。
エレベーターに、「挟まれる」。
インターネットユーザー。電子工作でオリジナルの処刑器具を作ったり、辺境の国の変な音楽を集めたりしています。「技術力の低い人限定ロボコン(通称:ヘボコン)」主催者。1980年岐阜県生まれ。

前の記事:「携帯見ながら歩くと危ないよ」
人気記事:「京都のディープスポット・ネコと飲める店「ネコ穴」」

> 個人サイト nomoonwalk

どうせなら痛くないのに挟まれたい

とかく人間というものはエレベーターに挟まれがちなのだ。正確に言うと、エレベーターのドアに。
大勢で乗り込むとき、誰かが「開」を押してくれるだろう…と思って乗り込むと意外に誰も押してなくて挟まれたりする。ひとりでもタイミングを読み誤って挟まれることがあるし、時には閉まりかけたエレベーターを止めるためにわざと挟まることだって辞さない。

誰もが経験している挟まれ事例だが、あれって、エレベーターによって痛かったり痛くなかったりする。どうせ挟まるならできれば痛くないのがいい。そこで、あらかじめ調べておこうというわけだ。

調査方法


まずサンプルとして、うちの会社のエレベーターで試してみる。
ちなみにこのエレベーター、僕は場所柄よく挟まれるのだが、かなり痛い部類である。
まず呼ぶ。ドアが開いたら少し待つ
まず呼ぶ。ドアが開いたら少し待つ
そろそろ閉じるかな…というところで、乗り込む!
アガッ
アガッ
挟まれる瞬間に自分撮りで顔写真を撮ることにした。まず第一に、この写真のブレ具合と表情から、挟まれたときの衝撃、そして痛みを感じてほしい。

そしてもう一つ、
調査はこの装備で挑む
調査はこの装備で挑む
丸で囲ってあるのは、みなさまおなじみのお菓子、うまい棒である。
これを装着した状態でエレベーターに挟まれることによって…
見るも無惨な姿に
見るも無惨な姿に
このうまい棒の崩れぐあいが、挟まれたときの破壊力のバロメーターである。

以上が今回の調査方法だ。

全11ベーター

今回はお台場周辺を中心に全11箇所のエレベーターを調査した。お台場にした理由は、以前エレベーターの床下しらべで回ったとき、いろんなエレベーターがあっておもしろかったからだ。さあ、お台場でいちばんはさまれると痛いエレベーターはどれなのか!?

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓