ひらめきの月曜日 2011年12月26日
 

インド料理店で食べる「カレーうどん」

新鮮なような気がする響き
新鮮なような気がする響き
子供にも人気のあるメニューの代表格、カレー。私も大好きで、大人になってからはインド料理の店にもよく行くようになった。 カレーと一緒に食べる主食は、そのときによってナンやサフランライスを選ぶというのが一般的な食べ方だと思う。それは私も同様だ。

しかし、ごく稀に他の選択肢が目に入る場合がある。それは、うどんだ。
1973年東京生まれ。今は埼玉県暮らし。写真は勝手にキャベツ太郎になったときのもので、こういう髪型というわけではなく、脳がむき出しになってるわけでもありません。→「俺がキャベツ太郎だ!」

前の記事:「コーヒー+なじみのないアルファたち」
人気記事:「あんまり聞いたことない食べ放題めぐり」

> 個人サイト テーマパーク4096 小さく息切れ

食器内で一体化するインドと日本

カレーを食べに入ったインド料理店で目にする「カレーうどん」の文字。店員さんもインド人、テレビに映っているのもインド映画という中で、カレーうどん。虚を突かれたような気持ちになる。
よく見かけるこうした店頭の様子
よく見かけるこうした店頭の様子
様々なインド系メニュー
様々なインド系メニュー
インドカレーを食べにきて、ナンかライスかを迷うことはあるが、そこにうどんはなかなか入ってこない。それゆえに、気になりながらも選んだことはないインドカレーうどん。

しかし、食事をして店を後にした際も心に残るのは「カレーうどん、あったな…」というモヤモヤ。今回はそれを解消すべく、始めからカレーうどん狙いでインド料理屋を訪れよう。

まずやってきたのは、東京・新宿区にある「スバ・ラクシュミ」という店だ。地下にある店だが、地上の入り口付近にはたくさんのメニューが紹介されている。ここ10年くらいでずいぶん増えたインド料理店の店先で、こうした感じのディスプレイをしばしば見かける。
そこにあるのはやんわりとした違和感
そこにあるのはやんわりとした違和感
ただこの店の場合、微妙な異彩を放つメニューが押し出されているのだ。「インドカレーうどん」という響きが、そこはかとなく新しい。
地下の飲食店という感じの店内
地下の飲食店という感じの店内
基本的にメニューはオーソドックス
基本的にメニューはオーソドックス
店内はインド風のタペストリーが飾ってあったり、テレビでインドの映画が流れていたりと、よくあるインド料理店の雰囲気。店員さんも現地の方のようだ。

昼時に訪れたのでランチメニューをまずは見てみよう。一般的なセットメニューが並んでおり、そこにうどんの入り込む余地はなさそうに見える。しかし、別の紙にしっかりとそれはあった。
独立してるカレーうどんメニュー
独立してるカレーうどんメニュー
カレーうどん専用のメニューが一枚用意されていたのだ。ラインナップもベジタブル・チキン・シーフード・プラウン(エビ)・マトンと豊富。左上に「当店おすすめ」とも書いてあり、カレーうどんを推す店の姿勢がよく伝わってくる。
今回はベジタブルをチョイス
今回はベジタブルをチョイス
同行者のスペシャルセットがうまそう
同行者のスペシャルセットがうまそう
これだけ選択肢があるのは意外だったが、とりあえず一番値段の安かったベジタブルカレーうどんを注文してみよう。

しばらくすると、同行者が頼んだカレー・ナン・ライスなどがセットになったランチメニューがやってきた。ステンレスの器に盛られてくるのがインド料理店らしく、実においしそう。そしてあとから私の注文品がやってきた。
違和感登場
違和感登場
これがベジタブルカレーうどん。メニューにある写真と同じようなものがちゃんと出てきた。

そば屋のそれとは違う、はっきりとスパイシーな香り。そこにチラチラ見え隠れする白いうどんがまだ見慣れない。
竜「なんかおかしくね?」
竜「なんかおかしくね?」
そして箸は和風
そして箸は和風
違和感の正体は食器にもあると思う。うどん的な器ではなく、ラーメン丼なのだ。メニューの写真でもこうなっていて気になっていたが、ちゃんとそのまま出てきた。

インド(カレー)+日本(うどん)+中国(ラーメン丼)という国際的な構成。頭を軽く混乱させる。
持ち上げてみてもうどん
持ち上げてみてもうどん
うはは、うまいね
うはは、うまいね
味の方は、まずカレーがガッチリとインドカレーでうまい。そしてうどんは「それが何か?」と言わんばかりに、当たり前のようになじんでいる。

そば屋のカレーうどんのように、和風のダシやつゆの甘みはそこにないカレーうどん。だけれどもしっかりおいしい。カレーの浸食力と、うどんの適応力の幅広さが、食べる前の違和感を覆すようにマッチしている。

店員さんに、インドにもカレーうどんはあるのか聞いてみたところ、「アリマス!」との答え。本当なのだろうか。
チキンチリの右上がソーセージ炒め
チキンチリの右上がソーセージ炒め
そして焼きバージョンも
そして焼きバージョンも
メニューには純粋なインド料理にとらわれないものがあるのも楽しいお店。さらには焼きうどんまであって、どんだけうどん推しなんだと思わされる勢いだ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓