はっけんの水曜日 2012年1月18日
 

「胃」紙風船で、胃を軽やかにしたい

僕の・私の理想の胃が、空を舞う!
僕の・私の理想の胃が、空を舞う!
忘年会・新年会続きで、いろいろと飲み食いした。そのツケで最近胃が重い。

さっと胃薬飲むのもいいが、目に見えて、見るからに、胃を軽くしたい。もう、気持ちから心から、全身で「胃が軽いなあ!」というスッキリ感を味わいたい。

そんなときは、胃を紙風船にすればよいのだ。
1970年群馬県生まれ。工作をしがちなため、各種素材や工具や作品で家が手狭になってきた。一生手狭なんだろう。出したものを片付けないからでもある。性格も雑だ。もう一生こうなんだろう。
> 個人サイト オツハタ万博

フォーエバー、胃

食べるのも飲むのも昔から大好きだ。若い頃は、ちょっと食べ過ぎたなあと思っても、次の日まで響いたりすることはほとんどなかった。一晩中でも物を食べていられた、あの頃。
過去の写真から引っ張り出してきた宴会写真。いかにも胃を使ってますという感じの絵。
過去の写真から引っ張り出してきた宴会写真。いかにも胃を使ってますという感じの絵。
これは友人宅でのご馳走。こういうときのために、こういう写真のフォルダを作っておこうと思う。
これは友人宅でのご馳走。こういうときのために、こういう写真のフォルダを作っておこうと思う。
心はあの頃のまま、体だけ中年期を迎えた少女は、自分の内臓が昔とは違っていることをやがて知るようになる。
さしこみが・・・
さしこみが・・・
今までの感覚のまま食べていてはいけないのだ。確実に臓器への負担が増している。ああ、たくさん食べる行為よ、さようなら。

まあ食事習慣は改善していくとして、今後も胃を軽やかに保っていければと思う。例えば胃薬のCMでふわふわと浮いている、あの胃。実に軽やかで楽しそうだ。あんな胃を手にしてみたいものだ。

そんなわけで、常に「軽き胃」を心に留めておくために、紙風船を作ってみよう。とても自然な流れだ。

メイキング 胃

まずは胃の見本を探してみよう。うちにこんなフィギュアがあった。
いつか使う日が来ると思って買っといた。
いつか使う日が来ると思って買っといた。
人体模型フィギュアだ。これを解体すると、胃のモデルも現れるのだ。
カシューナッツみたいな、これが胃だ。
カシューナッツみたいな、これが胃だ。
うーん、なんだか想像とちょっと違う。こんなにリアルでなくていい。それにあまり複雑だと紙風船にしづらい。CMでよく見かけるあの胃だ。あの胃を求めて画像検索だ。

検索結果を平均して、理想の胃を決める。が、これがけっこう難しい。単純なものほど難しい。
なんか違う、なんか違うを繰り返し。
なんか違う、なんか違うを繰り返し。
スタイロフォームで原型を作る。
スタイロフォームで原型を作る。
なぜか原型から作る。この原型にまずは新聞紙を貼っていき、それを切り開いて型紙とすることにした。

ペーパークラフトを作るソフトで型紙を作ればいいようにも思うが、薄い紙を貼り合わせる紙風船作り、土台が必要なのではと思ったのだ。それに、胃、いっぺん作ってみたいじゃないすか。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓