ちしきの金曜日 2012年1月27日
 

さまざまなチャーシューの立場

!
ラーメンにおける具の一つ。今まで僕はチャーシューをなんとなくそんな風に考えていた。

しかよく見ると、チャーシューにもいろいろあって、ラーメンじゃないところに使われていることも多い。
1982年、栃木県生まれの指圧師です。自分で企画した「下北沢ふしぎ指圧」で施術しています。何をしているときでも「みんなが自分の治療院に来てくれるといいな〜」って思っているのですが、ノイローゼでしょうか。
> 個人サイト 下北沢ふしぎ指圧

チャーシューの「にぎり」

「マリオン」というラーメン屋に行ってから、チャーシューについて考えるようになった。ここに少し変わったメニューがある。
「マリオン」京浜東北線王子駅より徒歩5分。夜しかやってない
「マリオン」京浜東北線王子駅より徒歩5分。夜しかやってない
オーソドックスな東京ラーメンと「にぎり」
オーソドックスな東京ラーメンと「にぎり」
ここで珍しいのは「チャーシューのにぎり」。

ラーメン屋にはラーメンだけじゃ足りない人のためにちょっとしたご飯メニュー(半チャーハンとか)が置いてある。

それがここでは「にぎり」なのだ。
こんなにも整然としたたたずまいのチャーシューがかつてあっただろうか
こんなにも整然としたたたずまいのチャーシューがかつてあっただろうか
最近ではラーメン屋さんも目を引くように、いろいろな変わったメニューを出している。このにぎりもそんな話題作りのためのサイドメニューかな…と思って食べたら、想像以上にうまかった。
シャリ部分にはもち米を使ったチャーシューの炊き込みご飯を使用している
シャリ部分にはもち米を使ったチャーシューの炊き込みご飯を使用している
ネタがチャーシュー、というだけじゃなくて、にぎり全体からチャーシューの味がする。チャーシューってこんな風に使ってもおいしいんだ…。
この「スープに浸されたチャーシューを」どのタイミングで食べるのの一番良いのか…ということについ てはずっと考えてはいたのだが
この「スープに浸されたチャーシューを」どのタイミングで食べるのの一番良いのか…ということについ てはずっと考えてはいたのだが
新しい発見にハッとする一方で、ふと思う。チャーシュー的には、どちらの境遇が好ましいのだろうか?

ラーメンに入っているチャーシューは、具の中でも一番華やかな存在だ。チャーシュー界においても殿堂入りのポジションと言えるだろう。言ってみれば、でかい会社の社長である。
僕自身はせいぜい青いネギのポジションであると思う
僕自身はせいぜい青いネギのポジションであると思う
では、にぎりはどうか。こちらはチャーシューが目立ってはいるが、その下で支えているのは米だ。チャーシューより米の方が食べ物としての地位は明らかに高い。僕は、こういう大人の密談を想像してしまう。
これがお寿司の構造です
これがお寿司の構造です
チャーシューの立場か…と考えていたのだが結論が出ないうちに、また違う形のチャーシューに出会った。今度はうどん屋だ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ